ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》国内線持込荷物のサイズ制限を周知する活動が開始=サイズオーバーは別料金に

《ブラジル》国内線持込荷物のサイズ制限を周知する活動が開始=サイズオーバーは別料金に

 ブラジル航空会社協会(Abear)は10日から、国内各地の空港で、国内線の乗客に機内持ち込み荷物のサイズ、重量制限に関する規則の周知活動を始めた。
 ブラジルの国内線では空港カウンターで預かるスーツケースなどには全て追加料金がかかる。
 無料で機内に持ち込める荷物の基準は、縦55センチ、横35センチ、奥行き25センチで、重量10キロまでの手荷物と、重量制限はないが、外寸は45センチ×35センチ×20センチまでの個人所有バッグ一つまたは空港内で買った品物入りの袋一つまでだ。
 周知活動開始から2週間までは啓発活動の範囲に止まるが、それ以降は、基準をオーバーする手荷物、個人所有バッグはカウンターで預けなければならなくなり、超過料金の対象となる。
 Abearによると、荷物の大きさのチェックは各航空会社の職員が行うという。
 「周知活動の目的は、空港内の乗客の動きをスムーズにし、出発遅れなど、他の多くの乗客にも迷惑となる事態を避けること。制限を超える手荷物は各航空会社のカウンターで預け入れ手続きを行わねばならず、その場合は超過料金がかかる」と説明している。
 なお、10日から周知活動を行い、25日からは超過料金徴収となるのは、ブラジリアのジュセリーノ・クビチェキ空港、クリチーバのアフォンソ・ペーナ空港、カンピーナスのヴィラコッポス空港、ナタールのアルイジオ・アウヴェス空港で、17日から周知活動開始、5月2日から徴収開始となるのはベロ・オリゾンテのコンフィンス空港、フォルタレーザのピント・マルチンス空港、レシーフェのグアララペス・ジウベルト・フレイレ空港、サルヴァドールのルイス・エドゥアルド・マガリャンエス空港、べレンのジュリオ・セーザル・リベイロ空港だ。
 24日から周知開始、5月9日から徴収開始となるのは、ゴイアニアのサンタ・ジェノヴェーヴァ空港、ポルト・アレグレのサウガード・フィーリョ空港、サンパウロのコンゴーニャス空港、グアルーリョスのサンパウロ国際空港、リオのガレオン空港とサントス・ドゥモン空港だ。(10日付G1サイト、同フォーリャ紙より)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》航空会社アヴィアンカ運航休止で価格上昇=人気路線では1・4倍も2019年5月3日 《ブラジル》航空会社アヴィアンカ運航休止で価格上昇=人気路線では1・4倍も  【既報関連】機体ローンなどの債務不履行による航空機差し押さえにより、アヴィアンカ(A)社の国内便に欠航が相次いでいることで、需要と供給のバランスが崩れ、一部の人気路線では航空券価格がほぼ2・4倍に跳ね上がる現象が発生していると、2日付現地紙が報じた。  航空券価格比較サイト […]
  • 《ブラジル》約100市で2度目の教育デモ=主張の強さは変わらず=教育相はデモ扇動の教師批判2019年6月1日 《ブラジル》約100市で2度目の教育デモ=主張の強さは変わらず=教育相はデモ扇動の教師批判  5月30日、5月15日同様、「連邦大学への支出3割削減」など、教育省の支出削減方針に反対するデモが行われた。1回目のデモより人は少なかったが、全国の100市近くで主張を強めて行った。5月31日付現地紙が報じている。  今回のデモは2回目ということもあり、その規模は、 […]
  • 《ブラジル》ルーラ元大統領の禁固から1年経過=国内各地で右派と左派がデモを行う2019年4月9日 《ブラジル》ルーラ元大統領の禁固から1年経過=国内各地で右派と左派がデモを行う  【既報関連】ルーラ元大統領(労働者党・PT)が、収賄及び資金洗浄容疑で禁固12年1カ月の実刑を受け、服役を開始してからちょうど1年が経過した7日、ルーラ支持の左派と、反ルーラの右派が国内各地でデモを行った。サンパウロ市のパウリスタ大通りでは暴力行為も発生したと、8日付 […]
  • 55年、ブラジル初入信=一般市民が祝詞上げる時代に2019年6月5日 55年、ブラジル初入信=一般市民が祝詞上げる時代に  1955年9月15日、ブラジル初となるおひかり拝受式がミナスジェライス州ベロオリゾンテ市で行われた。拝受したのは馬場乙雄(ばばおつお)さん(長崎県大村市)と妻の松さん。その1カ月後には、9人兄弟全員が入信した。そのうちの一人で同市在住の馬場貞夫さん(さだお、88、二世 […]
  • 奇跡によって救われた人生=ブラジル全国に広まるみ教え2019年6月5日 奇跡によって救われた人生=ブラジル全国に広まるみ教え  「今日はものすごく感動した。神への感謝が心にあふれています。今までしてきた自分の献身が報われたと実感しています」。サンパウロ市から南西に400キロも離れたパラナ州クリチーバから駆け付けたマリア・クリスチナ・バルボーザ・ミレオさん(69)は式典に参列して玉串奉奠した感想 […]