ホーム | ブラジル国内ニュース | リオ市80発乱射事件=救助を試みた男性も死亡=被害者家族を助けて11日後

リオ市80発乱射事件=救助を試みた男性も死亡=被害者家族を助けて11日後

 7日午後、リオ市で起きた、陸軍兵の誤認による80発のマシンガン乱射事件で、犠牲者らを救おうとして被弾した27歳の男性が、18日に入院先の病院で亡くなったと同日付現地紙サイトが報じた。
 資源回収業を営んでいたルシアノ・マセドさんは7日、リオ北部グアダルーペで、音楽家エヴァウド・ドス・サントス・ローザさんたちの乗る車が陸軍兵により約80発の銃の乱射を受けた際、車から逃げ出そうとするエヴァウドさんの家族と銃弾を受けたエヴァウドさんを助けようとして、自分自身も被弾してしまった。
 ルシアノさんは重体で、現地の病院に入院していたが、病院側が18日午前6時に、同氏の家族に死亡を通達。この事件を扱っている弁護士も、その直後に連絡を受けたという。
 この事件ではエヴァウドさんが即死。同氏の義父のセルジオ・ギマリャンエス・デ・アラウージョさんは臀部に銃弾を受けたが、14日に退院した。エヴァウドさんの妻と7歳の息子、友人の女性は無傷だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》若者のネット事情調査=2/3が「いじめ増える」と回答=ネット中毒に警鐘の声も2019年9月18日 《ブラジル》若者のネット事情調査=2/3が「いじめ増える」と回答=ネット中毒に警鐘の声も  ブラジルの非営利団体レッジ・コニェシメント・ソシアルが行ったアンケート調査「青少年とつながり」第三版によると、15~29歳の青少年の3人に2人は、インターネットの存在がいじめを増やし、孤独感を増幅させると考えており、57%がインターネットは不安感を掻き立てると回答したと、17 […]
  • 《サンパウロ市》来年末までに10の新公園=目玉となるのはアウグスタ2019年9月17日 《サンパウロ市》来年末までに10の新公園=目玉となるのはアウグスタ  2020年末までに、サンパウロ市役所は市内に10カ所の公園を開園する予定だと、14日付現地紙が報じている。  これは市が今年4月に公表した「プラノ・デ・メッタス」と呼ばれる計画の一環で、2020年末、つまりブルーノ・コーヴァス市長の任期終了までに、10の公園を作るというもの […]
  • ■ロベルト・レアル死去■ポルトガル出身の異色歌手2019年9月17日 ■ロベルト・レアル死去■ポルトガル出身の異色歌手  ポルトガル出身の異色の歌手として人気だったロベルト・レアルが15日、皮膚がんの一種のメラノーマのために亡くなった。67歳だった。  ロベルトは1951年にポルトガル北部のマセド・デ・カヴァレイロスで生まれたが、11歳のときに、両親や9人の兄弟と共にサンパウロに越してきた。 […]
  • 《ブラジル》積立退職金の支払い措置で銀行の営業時間延長=景気刺激策で最大500レアル2019年9月14日 《ブラジル》積立退職金の支払い措置で銀行の営業時間延長=景気刺激策で最大500レアル  【既報関連】13日から始まった勤続期間保障基金(FGTS)の支払いのため、FGTS取り扱い銀行の連邦貯蓄銀行(Caixa)は、営業時間を延長して対応していると、12、13日付地元ニュースサイトが報じた。  ブラジル政府は、景気刺激策として、FGTS口座からの引き出しを1口座 […]
  • ボウソナロが映画検閲か?=軍政時代のゲリラ描いた映画が公開無期延期に2019年9月14日 ボウソナロが映画検閲か?=軍政時代のゲリラ描いた映画が公開無期延期に  「ボウソナロ政権が映画の検閲を開始か?」―。そうした憶測はすでに数カ月前から起こっていたが、「それが現実になるか」と思われる出来事が起こった。  12日、映画配給会社のO2フィルムズは、同社が11月20日から公開する予定だった映画「マリゲーラ」の公開が無期延期になったと発表 […]