ホーム | 連載 | 2019年 | 立つ鳥あとを濁さず=移民の「終活」座談会 | 立つ鳥あとを濁さず=移民の「終活」座談会=(4)=子供がいない一世夫婦は?

立つ鳥あとを濁さず=移民の「終活」座談会=(4)=子供がいない一世夫婦は?

お墓参りの様子(あかりさん撮影〈写真AC〉)

お墓参りの様子(あかりさん撮影〈写真AC〉)

【上野】子供がやるやらないは別にして、言っておくことは大切ですよ。私の知人で若くして亡くなられた方がいた。その人の家族は皆キリスト教。でもその人は小さいときから日本語を習ってて、日本の魂があったんでしょうね、『自分が死んだときには仏教でやってくれ』って言うとったんですって。若いのに。
 その後のミサとかは奥さんがキリスト教式でやってましたが、最初の葬式はちゃんと意志を尊重してやってましたよ。
【中川】先般、私の友人が亡くなられ、四十九日法要に行きましたら、キリスト教式の進行で、ポルトガル語で行われていたんですね。
 私はポルトガル語がわからないものですから、皆の動きに合わせて振舞っていたんですが、自分の葬式や四十九日は日本語でやって欲しいなと感じましたね。
【深沢】あとは銀行口座にあるお金とか。本人が亡くなってブラジルに身寄りが無い人だと政府に没収されると言いますね。不動産を持っていて本人が何も言わないで死んだら政府が没収みたいなことになる。
 自分が死んだら援協に寄付してくれとか、前もって指示できるならしたいですよね。
【上野】うちはもう財産はほとんど子ども達の名前にしているからね。お金は子供2人の名前にしてますよ。
 私が一番心配しとったのはね、会の会計を担当しているときにいつ何処で事故を起すかわからないということ。若いときから色んな団体の世話をしてきましたが、そこがいつも心配だった。
 だから家にパスタ(書類入れ)を作って子ども達に、「これはどこの、これはどこの」って説明して、そこにお金と会計簿をちゃんと入れてやってましたよ。あるところでは会計していた人が急に亡くなって、会のお金が動かせなくなってしまったことがあった。
【深沢】その辺も生きている内に、口座名義を連名にしておくとか、他の人でも動かせるように手続きしておかないといけないですよね。
【中川】お金もだけど、ピニェイロスで長い間会長さんをしてくださった後藤さんをご存知ですか?
【深沢】静岡県人会の会長もされた?
【中川】そう。色んな会を助けてくれてた方なんだけど、生前にそういう関係者の連絡先をご家族に伝えていなかったみたいで、後藤さんが亡くなった際に、誰もお葬式に行けなかったということがあって…。お世話になって御礼を伝えたい人もたくさんいたんだけど、とても残念でした。家族には、いざという時の報せを伝えて欲しい人をちゃんと伝えておくことも大切だなと思いましたね。
【深沢】あとは、家族が居る場合はいいんですけど、独り者で火葬して欲しい人は、前もって書類を作っておく必要があるんですよね。
 また、独り者の方もそうですが、子供がいない一世の夫婦だと、誰も墓参りしてくれる人がいないから、お墓を買うことにちょっと疑問が生まれる。どこかのお寺に遺骨を納めて、永代供養してもらうのが一番いいんだろうか、とか考えますよね。
 サントス港に持っていって散骨できないか、とか、色々と思うんですが、法律的にどうなのか、いくらぐらいかかるのかと、良く分からないんですよね。
(つづく)


古藤弁護士のアドバイス=(2)=独身者の火葬に必要なものは?=海に散骨してもいいの?

古藤弁護士

古藤弁護士

 独身者が亡くなった場合、行政によって共同墓地に土葬されます。火葬を望む場合は、事前にお世話になる予定の火葬場に出向いて『火葬希望申請書(Declaracao de Vontade de Cremacao)』を取得、提出しましょう。申請書には執行責任者の署名も必要で、死後にはその人に火葬の手配をしてもらうことになります。

『火葬希望申請書(Declaracao de Vontade de Cremacao)』

『火葬希望申請書(Declaracao de Vontade de Cremacao)』

 海への散骨については、法の規制はありません。しかし、一度してしまったら取り返しがつきませんので、よく考えた上で実行することをオススメします。
     ◎
 古藤弁護士は、無料の法律相談をサンパウロ日伯援護協会リベルダーデ診療所で、毎週金曜日の午後2時から4時まで先着順で行っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 立つ鳥あとを濁さず=移民の「終活」座談会=(5)2019年5月21日 立つ鳥あとを濁さず=移民の「終活」座談会=(5) 子供に願うことはポ語で遺す 【長谷川】家族が居ても自分の葬式については話しておいたほうが良いですよ。私の母が亡くなった時には父がお葬式をあげたので普通にできました。  ですが、父が亡くなったときには、急だったこともあって兄弟が葬式のやり方で揉めてしまって、それが […]
  • 立つ鳥あとを濁さず=移民の「終活」座談会=(2)2019年5月16日 立つ鳥あとを濁さず=移民の「終活」座談会=(2) 独身者が亡くなったら? 【深沢】大部総領事のエピソードに加え、なぜいま終活の座談会を企画したのかというと、ニッケイ新聞に長年勤めた名物記者の石塚大陸さんが昨年10月に突然亡くなったことがあります。  彼は生涯独身で、パウリスタ新聞の元記者Mさんと80年代から30 […]
  • 【日本移民の日2019】日本移民111周年記念日に寄せて=サンパウロ日伯援護協会会長 与儀 昭雄2019年6月27日 【日本移民の日2019】日本移民111周年記念日に寄せて=サンパウロ日伯援護協会会長 与儀 昭雄  今を遡ること111年前の1908年(明治41年)6月18日、笠戸丸に乗った最初の日本移民781人がサントス港に上陸して111年の歳月が流れました。  そして今や、ブラジル日系社会は190万人を擁する大きなコミュニティーに発展いたしました。先達の皆様方の幾多のご労苦と […]
  • 日本移民の日=先人の遺徳を顕彰、追悼=今年もしめやかに祈り捧げる=客席ガラガラ、寂しい文協法要2019年6月20日 日本移民の日=先人の遺徳を顕彰、追悼=今年もしめやかに祈り捧げる=客席ガラガラ、寂しい文協法要  最初の移民船「笠戸丸」がサントスに着港してから111年――6月18日の「移民の日」、今年も午前中にサンゴンサロ教会で追悼ミサとイビラプエラ公園の「開拓先没者追悼慰霊法要」、午後からは文協大講堂で同法要がしめやかに行われた。文協大講堂では1千人が参列した昨年とは異なり、 […]
  • 大戦期の米国忠誠心調査はブラジルの“踏絵”2019年5月14日 大戦期の米国忠誠心調査はブラジルの“踏絵”  ロスの全米日系人博物館で「大戦期、強制収容所に入れられた一世の7割が忠誠心調査でNoNoだった」というガイドの話を聞き、これは「アメリカ版の踏絵だ」と痛感した。  1943年初頭にアメリカ政府の戦時転居当局が実施した、17歳以上の強制収容者に対するアメリカへの忠誠心 […]