ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 就任してやっと半年が終わろうかというこのタイミングにおいて、騒動続出のボルソナロ政権。「良い」「悪い」「普通」の評価が3分されていることは本頁の記事で述べたが、別の項目を見ると、「大統領の手腕」に関しては48%、「大統領への信用」に関しては51%が否定的な回答をしており、いずれも肯定派を上回っている。ただし、メルコスルとEUの自由貿易協定が28日に締結(詳細は次号)されたし、30日には親派の擁護デモ。週明け早々には、下院特別委員会で社会保障制度改革案が承認される見込みなど、巻き返しの目は出ている。果たして、大統領がその好機をつかめるか。
     ◎
 17年のデータを基に保健省がまとめた資料によると、同年のサンパウロ州の妊婦死亡率(妊娠中から出産後42日までの死亡率)は妊婦10万人あたり60・6人で、20数年の調査で過去最高を記録した。妊婦死亡率は通常、北部や北東部などの貧しい地域ほど高く、都会では低い。サンパウロ州でも03年は、10万人あたり34・2人に落ちていた。今回調査でのサンパウロ州は「26州と連邦直轄区」の中で見ても15番目の高さで、こちらも今ひとつ。一体、何が原因か。
     ◎
 サッカーのコパ・アメリカで、最初の2試合に先発出場していたリシャルリソンが、パラグアイ戦で戦列を離脱したが、その理由が何と、「おたふく風邪」。あまり聞かなくなった意外な病気に罹患したため、他の選手も急遽、予防接種を受けたとか。今大会で飛躍が期待された選手だけに残念だが、彼を元気付けるためにも、セレソンに優勝してもらいたい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!2020年3月17日 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!  先週を境に、ブラジルはそれ以前とだいぶ変わった。しばらくは「冬の時代」に入りそうだ。「コロナ危機」により、先週1週間でブラジルは数十年に一度の激変期を迎えた。それは、景気の分水嶺でもあった可能性が高い。  今週から1カ月、2カ月の間、特にサンパウロ州、リオ州では新型 […]
  • 東西南北2019年4月16日 東西南北  15日付現地紙によると、スピード違反などの交通違反を判定するためのレーダーのある高速道では、設置された前と後とで交通事故の死者が21・7%減少していたことが判明したという。さらに、レーダーのついた高速道の72・8%で、死者が減っていることも明らかになっている。ボルソナロ大統領 […]
  • 《ブラジル》サッカー代表がコパ・アメリカ開催を批判=ボイコットの声明は行わず2021年6月10日 《ブラジル》サッカー代表がコパ・アメリカ開催を批判=ボイコットの声明は行わず  サッカーのブラジル代表(セレソン)は8日夜、政治的な判断でコパ・アメリカのブラジル開催などを決めた南米サッカー連盟(CONMEBOL)への抗議声明を発表した。だが、コパ・アメリカへの出場ボイコットは行わなかった。9日付現地紙、サイトが報じている。  声明の発表は8日 […]
  • 《ブラジル》南米予選のサッカー代表メンバー発表=1週後にはコパ・アメリカも2021年5月15日 《ブラジル》南米予選のサッカー代表メンバー発表=1週後にはコパ・アメリカも  ブラジル・サッカー協会は14日、6月のW杯南米予選第5、6節に出場する代表選手24人を発表した。14日付現地サイトが報じている。  今回の代表選手は以下のとおりとなった。  《キーパー》アリソン(リバプール)、エデルソン(マンチェスター・シティ)、ウェヴェルトン( […]
  • 東西南北2020年12月17日 東西南北  サンパウロ州選挙地域裁は15日、大サンパウロ市圏エンブー・ダス・アルテスの市長選で再選したネイ・サントス氏(共和者・RP)と副候補のウゴ・プラード氏(民主運動・MDB)のシャッパの当選を無効にした。これは、労働者党(PT)などをはじめとする左派政党が起こした訴えを裁判所が認め […]