ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ市市警は3日、セントロのボン・レチロにあるカラオケ・バーを兼ねた売春宿で強制労働させられていた中国人の売春婦14人を解放した。また、同売春宿を経営していた男性とその妻、もう1人の女性の3人を逮捕した。売春婦、経営関係者はいずれも中国人だった。調べによると、売春婦たちは中国で生活していたときに雇用を約束されてサンパウロ市に来たが、売春婦として働かされ、劣悪な住宅環境に押し込められるように生活していたという。この事態が発覚した理由は、その中の一人が顧客の携帯電話を借りて北京にいる親戚に電話をかけ、現状を伝えたためだ。これに限らず、一斉摘発されてほしい事件だ。
     ◎
 3日、ブラジル内の一部を含む各国で、ワッツアップ、フェイスブック、ツイッターといった、SNSを代表する通信機能が一時的に使えなくなる状態が生じた。ブラジルでのワッツアップに関していえば、サイト「ダウン・ディテクター」に苦情を申し入れた人の54%が、「メッセージを受け取れなくなった」という。混乱の時間はそこまで長いものではなかったようだが、今や世論や選挙にまで影響をもたらす通信手段ゆえ、少しでも不便だとパニックになりやすいか。
     ◎
 4日、サッカーのコパ・アメリカの準決勝が行われ、ペルーがチリを3―0で下し、7日に行われる決勝でのブラジル代表(セレソン)の対戦相手となった。グループリーグで両者が対戦した際はセレソンが5―0と圧勝したが、勝負ごとは状況が変わればわからなくなるもの。セレソンには、地に足をつけて最後の一戦に臨んでもらいたい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • 東西南北2020年10月22日 東西南北  20日、サンパウロ市では前日に続いて午後に激しい雨が降り、各地で被害が報告された。大サンパウロ都市圏にまで広げてみた場合、消防には洪水で44回、倒木で44回、土砂崩れで4回の通報があったという。サンパウロ市内では前日に続いて北部での被害が大きく、豪雨で押し流された車が次々と路 […]
  • 【特別企画】「でも、ブラジルは良い国です!!!」=サンパウロ難民移民座談会=大浦智子=<第1回>2020年8月4日 【特別企画】「でも、ブラジルは良い国です!!!」=サンパウロ難民移民座談会=大浦智子=<第1回>  コロナウイルスによる外出自粛の影響で、日常生活に最も弊害の出た社会集団の一つが、近年ブラジルに移住して来た世界各国からの難民と移民だ。今回は特別企画として、サンパウロの難民と移民にフォーカスを当て、パンデミックの間に引き起こされた彼らの生活問題や、難民にまつわる様々な […]
  • 《南米サッカー》リベルタドーレス杯9月再開=他大会が同時並行の強行日程2020年7月22日 《南米サッカー》リベルタドーレス杯9月再開=他大会が同時並行の強行日程  サッカーの南米一を決めるリベルタドーレス杯が9月15日から再開されることが20日、正式発表された。21日付現地サイトが報じている。  今年のリベルタドーレス杯は、3月のグループ・リーグ中に新型コロナウイルスの感染爆発が起きて、各チームが第2節を終えた3月12日を最後 […]
  • 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!2020年3月17日 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!  先週を境に、ブラジルはそれ以前とだいぶ変わった。しばらくは「冬の時代」に入りそうだ。「コロナ危機」により、先週1週間でブラジルは数十年に一度の激変期を迎えた。それは、景気の分水嶺でもあった可能性が高い。  今週から1カ月、2カ月の間、特にサンパウロ州、リオ州では新型 […]