ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ州海岸部=イタリア人の親子を逮捕=母国のマフィアの調整役

サンパウロ州海岸部=イタリア人の親子を逮捕=母国のマフィアの調整役

連警に連行されるニコラ・アシジ容疑者(9日付R7サイトの記事の一部)

 サンパウロ州海岸部プライア・グランデで8日、連警がイタリア人のニコラ・アシジ(61)、パトリック・アシジ(36)親子を、母国のマフィア、ヌドランゲタの南米調整役との容疑で逮捕したと9日付現地紙が報じた。
 同親子は世界有数の麻薬密売者で、南米と欧州南部を結ぶ麻薬密売網の最大の調整役だ。前記組織は、世界中のコカインの4割を扱っているとされ、この親子がサントス港からの積み出しを直接コントロールしていたようだ。
 親子の逮捕は、エジソン・ファキン最高裁判事が許可しており、母国への強制送還の指示も出ている。国際警察パラナ州支部のルシアノ・フローレス警部によると、アシジ親子は30年前に有罪判決を受け、ポルトガルで逮捕されたが逃亡し、各国を渡り歩いていた。ブラジルにたどり着いたのはかなり前と見られ、隠れ家からは偽の身分証明書なども押収された。
 連警は、偽の書類と共に、77万レアルと2万4432米ドル、6165ユーロの現金、コカイン3・973キロ、火器3丁、銃弾、携帯電話14個、ノートブック3台も押収した。隠れ家の壁はこれらのものを隠せるよう、偽装工作がなされていたという。
 セルジオ・モロ法相はツイッターで、アシジ親子逮捕を喜ぶメッセージを流している。
 なお、ヌドランゲタはサンパウロ州を拠点とする麻薬組織、州都第一コマンドとも提携し、年間1トンものコカインを欧州に流していたと見られている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年9月4日 東西南北  ネット調査団体「GPSイデオロジコ」の調査によると、1年前は極右よりだったツイッター上の政治に関するインフルエンサー(意見が影響力を持つ人)が、中道寄りにシフトしてきているという。その現象は、ジョイセ・ハッセルマン下議やウィルソン・ヴィッツェル・リオ州知事といった、ボルソナロ […]
  • 《サンパウロ》反ファシズムデモで大混乱=過激化した大統領親派が乱入=「まるで台頭期のヒトラー」2020年6月2日 《サンパウロ》反ファシズムデモで大混乱=過激化した大統領親派が乱入=「まるで台頭期のヒトラー」  5月31日、サンパウロ市パウリスタ大通りで反ファシズムを訴える平和的なデモ行進が行われたが、ボルソナロ大統領支持派の乱入により、大混乱が生じた。このところ、ボルソナロ大統領やフェイクニュース(FN)捜査の対象となった人物による、ファシズム、ナチス的な挑発的行為が相次い […]
  • 《ブラジル》連警がハッカー4人を逮捕=モロ法相巡る暴露サイトのネタ元?=サンパウロ州3市で逮捕令状執行=下議や経済相も被害の疑い2019年7月25日 《ブラジル》連警がハッカー4人を逮捕=モロ法相巡る暴露サイトのネタ元?=サンパウロ州3市で逮捕令状執行=下議や経済相も被害の疑い  【既報関連】連邦警察は23日、セルジオ・モロ法相とラヴァ・ジャット(LJ)作戦担当検事のデルタン・ダラグノル氏らのスマートフォンに不正にアクセスし、通信内容を暴露した容疑で、4人を逮捕した。24日付ブラジル各紙が報じた。  逮捕されたのは、サンパウロ市在住のグスタヴ […]
  • 東西南北2019年6月15日 東西南北  14日のゼネストでは、サンパウロ市でも、とりわけ午前中に通勤、通学の足に支障をきたした人が少なくなかった。民営化されていてストに不参加だった地下鉄4号線、5号線の利用者は、1~3号線の部分運行されていた区間との接続が良く、ほとんど通常と変わりなく利用できたという。ただし、部分 […]
  • 東西南北2018年11月13日 東西南北  11日、SBT局が毎年主催する恒例のチャリティ番組「テレトン」の中で、ブラジルを代表する名司会者で同局社主でもあるシルヴィオ・サントスが、ジャイール・ボルソナロ次期大統領に電話をかけ、「これからの8年はあなたに、その次の8年を(次期法相の)セルジオ・モロ氏に大統領をつとめても […]