ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ州海岸部=イタリア人の親子を逮捕=母国のマフィアの調整役

サンパウロ州海岸部=イタリア人の親子を逮捕=母国のマフィアの調整役

連警に連行されるニコラ・アシジ容疑者(9日付R7サイトの記事の一部)

 サンパウロ州海岸部プライア・グランデで8日、連警がイタリア人のニコラ・アシジ(61)、パトリック・アシジ(36)親子を、母国のマフィア、ヌドランゲタの南米調整役との容疑で逮捕したと9日付現地紙が報じた。
 同親子は世界有数の麻薬密売者で、南米と欧州南部を結ぶ麻薬密売網の最大の調整役だ。前記組織は、世界中のコカインの4割を扱っているとされ、この親子がサントス港からの積み出しを直接コントロールしていたようだ。
 親子の逮捕は、エジソン・ファキン最高裁判事が許可しており、母国への強制送還の指示も出ている。国際警察パラナ州支部のルシアノ・フローレス警部によると、アシジ親子は30年前に有罪判決を受け、ポルトガルで逮捕されたが逃亡し、各国を渡り歩いていた。ブラジルにたどり着いたのはかなり前と見られ、隠れ家からは偽の身分証明書なども押収された。
 連警は、偽の書類と共に、77万レアルと2万4432米ドル、6165ユーロの現金、コカイン3・973キロ、火器3丁、銃弾、携帯電話14個、ノートブック3台も押収した。隠れ家の壁はこれらのものを隠せるよう、偽装工作がなされていたという。
 セルジオ・モロ法相はツイッターで、アシジ親子逮捕を喜ぶメッセージを流している。
 なお、ヌドランゲタはサンパウロ州を拠点とする麻薬組織、州都第一コマンドとも提携し、年間1トンものコカインを欧州に流していたと見られている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年6月15日 東西南北  14日のゼネストでは、サンパウロ市でも、とりわけ午前中に通勤、通学の足に支障をきたした人が少なくなかった。民営化されていてストに不参加だった地下鉄4号線、5号線の利用者は、1~3号線の部分運行されていた区間との接続が良く、ほとんど通常と変わりなく利用できたという。ただし、部分 […]
  • 《ブラジル》カーニバル、今年の“顔”は?=「TVはネタの宝庫」とお面職人2019年2月12日 《ブラジル》カーニバル、今年の“顔”は?=「TVはネタの宝庫」とお面職人  暦の上では、今年のカーニバルは3月5日。サンパウロ市では3月1日からサンバチームのスペシャルグループのパレードが始まる。中小規模のブロッコが街を練り歩く、道のカーニバルはすでに盛り上がり始める中、恒例の有名人、話題の人物のお面が売られ、好評を博している様子や、主要エス […]
  • 《ブラジル》ルーラ元大統領の禁固から1年経過=国内各地で右派と左派がデモを行う2019年4月9日 《ブラジル》ルーラ元大統領の禁固から1年経過=国内各地で右派と左派がデモを行う  【既報関連】ルーラ元大統領(労働者党・PT)が、収賄及び資金洗浄容疑で禁固12年1カ月の実刑を受け、服役を開始してからちょうど1年が経過した7日、ルーラ支持の左派と、反ルーラの右派が国内各地でデモを行った。サンパウロ市のパウリスタ大通りでは暴力行為も発生したと、8日付 […]
  • 《ブラジル》バロス判事「判例変えれば最高裁の危機」 2審有罪後の刑執行判断で 10日に最高裁で再審理か2019年4月3日 《ブラジル》バロス判事「判例変えれば最高裁の危機」 2審有罪後の刑執行判断で 10日に最高裁で再審理か  最高裁のルイス・ロベルト・バローゾ判事は1日、「“2審判決後に刑執行”との判断を崩したら、最高裁は機能(正当性)を失ってしまう」との発言を行った。最高裁では10日に、この件について、再審理を行う。2日付現地紙が報じている。  この発言は、1日に開催された、エスタード […]
  • 《ブラジル》銃携行認める大統領令の行方は=知事らが手紙、収集家の犯行も2019年5月22日 《ブラジル》銃携行認める大統領令の行方は=知事らが手紙、収集家の犯行も  【既報関連】ボウソナロ大統領が7日に出した銃の購入や携行に関する規制を緩和する大統領令を巡り、同令見直しを迫る動きが続いていると21日付現地紙、サイトが報じている。  大統領令では、CACで表現される猟師やスポーツ射撃の選手、収集家の他、任期中の議員、弁護士、軍や警 […]