ホーム | 日系社会ニュース | 日伯サッカーのスター集結=「日本、50年までにW杯優勝を」=JHでトークショー

日伯サッカーのスター集結=「日本、50年までにW杯優勝を」=JHでトークショー

登壇した元選手ら

 コパ・アメリカの真っ最中、在サンパウロ日本国総領事館(野口泰総領事)はトークショー「元サッカー選手、監督が語る日伯サッカーの魅力」を6月26日、サンパウロ市のジャパン・ハウス(JH)で開催した。元ブラジル代表で元Jリーガーのワシントン・ステカネロ・セルケイラ氏、セレッソ大阪元監督のレヴィ―・クルピ氏、元日本代表の三浦泰年氏など日伯サッカー界の雄が集まった。

 トークショーにはサッカーファンや報道関係者ら約120人が出席。歴代のスター達は時折冗談を織り交ぜながら、現役時代や監督経験の貴重な話を披露し、出席者は終始聞きいった。
 進行をセザール・サンパイオ氏が務め、ワシントン氏、レヴィ―氏、アントニオ・デ・オリベイラ・フィーリョ氏、ビスマルク・バレット・ファリア氏、三浦氏の6氏が登壇。
 レヴィー氏は監督の視点から、日伯のプレースタイルについて、「日本人は試合で練習通りに動くが、自分のしたいプレーを我慢しているように思う。ブラジル人は遊びのように楽しんで、好き勝手にプレーし、心からサッカーが好きなのだと感じる。ただ双方に良さがあるので、上手に融合できれば良いと思う」と分析。
 また「日本人は試合に負けた時に自分を責めるが、ミスは必ず起こるし、試合を完全に予想するのは不可能。むしろそれが面白さだ」と日本人選手の精神面についても述べた。ワシントン氏も「日本は試合を優位に進めていても、1失点で調子を崩してしまう。世界での経験不足からくる欠点だと思う」と指摘。
 三浦氏も関連して「以前より前に出るようになったが、中盤、後方にずるさ、何でもやるという強さが足りない。ブラジルのメディアが日本を褒めていることに不信感が湧く」と厳しい態度を示した。
 コパ・アメリカに関しても「一方で試合中の責任感が低い。国内リーグでも、チームに優秀な外国人選手がいれば任せてしまう。エクアドル戦でも引くべきではないのに、点を取りにいく様子があまり見受けられなかった」と直近の試合を振り返った。
 セザール氏も「日本の選手は自分を低く見ている。準備もして技術ももっているが、迅速な意思決定をする人がいない。エクアドル戦も他人任せで好機を逃していた」と同調した。
 試合の過密スケジュールについても触れ、レヴィー氏は「過密スケジュールは財力のあるテレビの影響が大きい。正直重要でない試合もあり、怪我も増え、技術低下を招いている」と苦言を呈した。
 ワシントン氏も続けて「現役の頃は監督に怒られるくらい自主練習をした。自主練習は各々の課題に向き合える大事な時間。だが今の選手は過密スケジュールのせいで自主練習が難しい。今は学術的には進んでいるだろうが、以前の方が結果を出せていたのではないか」と述べた。
 三浦氏から日本サッカー界の将来について、「直近では来年の五輪で優勝、将来的には50年までにW杯で優勝することが目標。そのために、今は欧州でプレーするのは良い経験につながっているはず」と展望をのべた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • W杯セネガル戦=JHで200人超が日本応援=岩手、蕎麦すすって気合=決勝T進出に王手だ!2018年6月27日 W杯セネガル戦=JHで200人超が日本応援=岩手、蕎麦すすって気合=決勝T進出に王手だ!  W杯日本代表がロシアで熱い戦いを繰り広げていたとき、遠くサンパウロでも選手たちに熱い声援が送られていた。対セネガル戦の観戦会が24日、サンパウロ市のジャパン・ハウス(JH)や岩手県人会館など数カ所で開催された。特にJHには200人以上が応援に駆けつけ、試合終了後、引き […]
  • 離任報告に訪れた佐野首席領事2015年6月19日 「日系社会との絆大切にしたい」=佐野首席領事がブラジルに別れ  在聖総領事館の佐野浩明首席領事が離任するにあたり10日、あいさつのため来社した。小林雅彦・現ベレン領事事務所長の後を継ぎ、2012年10月から就任。2年8カ月の任期を振り返り、「日系社会に助けられたことも多かった」と感謝を示した。 印象に残った事柄には安倍晋三首相夫妻の来 […]
  • 東西南北2020年11月18日 東西南北  15日の統一地方選でボルソナロ大統領が惨敗したことは昨日付本面でも触れたが、大統領前夫人のロジェリア氏も、リオ市議選でわずか2034票しか集められず落選。また「アサイ販売人のボルソナロ氏の幽霊職員」として話題を呼んだヴァル・ド・アサイ氏もアングラ・ド・レイス市の市議選に出馬し […]
  • 東西南北2020年11月17日 東西南北  15日に行われた統一地方選。コロナ禍ということで、感染爆発を恐れて投票拒否を行う人が出ることは事前に予想されたが、この日の不投票率は23%を記録したという。これは過去20年間の選挙ではワースト記録だ。選挙期間中は、それまで順調に下がっていたコロナの感染者や死者が再び上昇に転じ […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]