ホーム | ブラジル国内ニュース | リオ―サンパウロ便に新会社参入=リオ西部の小規模空港にセスナ機で就航

リオ―サンパウロ便に新会社参入=リオ西部の小規模空港にセスナ機で就航

新会社参入を伝えるブラジルのニュースサイト

 ブラジルの小規模航空会社Twoflex社が、リオ―サンパウロのドル箱路線に、新たな形で参入することが決まった。
 リオには、北部の国際空港ガレオン(トム・ジョビン)空港と、南部の国内線のサントス・ドゥモン空港があるが、Twoflex社の便が就航するのは、西部のバーラ・ダ・チジュッカ地区にある、ジャカレパグアー空港だ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ