ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ州保健局が2日、州内で新たに4人、サランポ(麻疹、はしか)による死者が確認されたと発表した。死者が出たのはサンパウロ市、イタニャエン市、オザスコ市、フランシスコ・モラト市だ。サンパウロ市での死者は生後11カ月の女児で予防接種を受けていなかった。同市では8月に、1997年以来約22年ぶりとなる麻疹による死者が確認されたが、わずか2カ月で5人に増えた。サンパウロ州での死者も、総計9人となった。これらの死者は年齢や性別、発生地域も際立った共通点がなく、市民としては怖い。なお、7~25日は生後半年から5歳の子供を対象に予防接種キャンペーンが行われ、19日は保健所も開業。対象の子供を持つ親としては気が気でないか。
     ◎
 サンパウロ市東部シダーデ・リーデルで、工事がとまったままの場所が交通の妨げになり、問題化している。ハダジ市長の時代に、14年のサッカーW杯までの完成を目指してはじまったバス専用道の工事だが、完成せず。その後も工事は続いたが、18年になって会計検査院が「工事の入札手続きに問題があった」として工事を差し止めた。ただ、これによって、工事中にあった柵が撤去され、歩行者には極めて不便になったという。
     ◎
 2日、サッカーのリベルタドーレス杯準決勝でのブラジル勢同士の対戦(グレミオ対フラメンゴ)が、ポルト・アレグレで行われた。試合はフラメンゴがやや押し気味だったが、グレミオが守りきり、1―1の引き分けに終わった。第2戦は3週間後の23日、リオのマラカナン・スタジアムで行われるが、勝利の女神はどちらに微笑む?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》サッカー代表がコパ・アメリカ開催を批判=ボイコットの声明は行わず2021年6月10日 《ブラジル》サッカー代表がコパ・アメリカ開催を批判=ボイコットの声明は行わず  サッカーのブラジル代表(セレソン)は8日夜、政治的な判断でコパ・アメリカのブラジル開催などを決めた南米サッカー連盟(CONMEBOL)への抗議声明を発表した。だが、コパ・アメリカへの出場ボイコットは行わなかった。9日付現地紙、サイトが報じている。  声明の発表は8日 […]
  • 東西南北2021年6月5日 東西南北  今週後半から来週にかけてはサッカーのW杯南米予選の期間だが、その間も全国選手権は休まず続けられる。今日はサンパウロが敵地でアトレチコ・ゴイアニエンセと、サントスが本拠地でセアラーと対戦。明日はコリンチャンスが敵地でアメリカMGと、パルメイラスが本拠地でシェペコエンセと戦う。全 […]
  • 《ブラジル》鍋叩きの中、大統領がテレビ演説=「年内に全員接種」約束=外出規制批判は変わらず=GDPの4%超えも宣言2021年6月4日 《ブラジル》鍋叩きの中、大統領がテレビ演説=「年内に全員接種」約束=外出規制批判は変わらず=GDPの4%超えも宣言  ボルソナロ大統領は2日午後8時30分に、テレビとラジオを通じて演説放送を行った。国民からの強い反発が沸き起こる中、大統領は全国民へのコロナワクチンの接種を約束したが、同時にコロナ対策での社会的隔離をこれまで通りに批判した。また、2021年の国内総生産(GDP)があがる […]
  • 東西南北2021年6月3日 東西南北  ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事は1日昼、同州ではコパ・アメリカでのスタジアム使用を認めないと発表した。同知事はブラジルで同杯開催と発表された5月31日には、「他の選手権同様に」として開催容認の発言を行っていた。だが、側近たちがすぐに考えを改めるように促した、との報道が行わ […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカに会場提供拒否する州も=レナン上議「死の選手権」と批判2021年6月2日 《ブラジル》コパ・アメリカに会場提供拒否する州も=レナン上議「死の選手権」と批判  5月31日に急きょ、ブラジルで開催とアナウンスされたサッカーのコパ・アメリカに対し、一部の州が「自分たちの州では開催させない」と強く反発している。5月31日、6月1日付現地紙、サイトが報じている。  コパ・アメリカは通常、国内のいくつかの都市にまたがって開催されるが […]