ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ボルソナロ一家とPSLとの泥沼の対立がマスコミの話題をさらっている間に、最高裁では17日から、注目の「2審有罪で刑執行か否か」の審理がはじまった。この審理を巡っても早くも緊張感が高まっており、ボルソナロ大統領が大統領官邸に刑執行反対派の判事を招いた他、元陸軍司令官のヴィラス・ボアス氏が、昨年のルーラ元大統領への人身保護令適用か否かの審理前日に行ったのと同様、判事に刑執行の判断を強要するかのような威嚇的ツイートを行うなど、物議をかもす行動が見られている。この件の是非は現在、国を2分しているが、こうした判事の判断の自由を奪うような行為だけはあってほしくない。
     ◎
 サンパウロ市地下鉄4号線を運営するヴィア・クアトロ社が16日、発表したばかりの同線警備員の新ユニフォームの採用を見送ると発表した。新しいユニフォームは、全身を黒ずくめの大型の防弾着で覆ったもので、「軍警の特別部隊のよう」と利用客から不評だった。このユニフォームは頭部もニットの覆面で覆われており、顔の半分に開いた穴から目と鼻だけが見えるもので、犯罪集団「ブラック・ブロックス」も彷彿させていた。
     ◎
 16日のサッカーの全国選手権。8月以降負けしらずの首位フラメンゴはこの日も勝ち、これで負けなし記録を連続13試合に更新。その一方、追うサンパウロ市勢は、サンパウロが敗れ、コリンチャンスは引き分け。唯一、2位のパルメイラスが勝利して面目を躍如したが、同チームでさえ、フラメンゴとの差は8点差。なんとか独走を止めたいところだが。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月6日 東西南北  ブラジルでも、トランプ大統領のコロナウイルス感染問題がニュースを独占している。しかも、ボルソナロ大統領が感染した時と違って症状がかなり重く、大統領選期間中のホワイトハウスでクラスター感染が起きたことに関して「無責任」と言われても仕方がない状況だ。トランプ氏自身も焦りがあるから […]
  • 東西南北2020年9月18日 東西南北  投票日まで2カ月を切り、そろそろ、サンパウロ市市長選のことが気になりはじめる頃だ。フォーリャ紙によると、現職のブルーノ・コーヴァス市長は、最大のライバルになると目されているセウソ・ルッソマノ氏に関して、ボルソナロ大統領に支持してもらった方がむしろ助かると考えているという。それ […]
  • 東西南北2020年9月4日 東西南北  ネット調査団体「GPSイデオロジコ」の調査によると、1年前は極右よりだったツイッター上の政治に関するインフルエンサー(意見が影響力を持つ人)が、中道寄りにシフトしてきているという。その現象は、ジョイセ・ハッセルマン下議やウィルソン・ヴィッツェル・リオ州知事といった、ボルソナロ […]
  • 東西南北2020年8月26日 東西南北  25日午前、ツイッター上では「マジュ・メンチローザ」のハッシュタグが大量に上がった。それは、グローボ局の昼ニュース「ジョルナル・オージ」で「ブラジルで11万7千人が亡くなっているときにボルソナロ大統領は『コロナに勝ったブラジル』というイベントに参加していた」と報じたことをボル […]
  • 東西南北2020年8月15日 東西南北  ダッタフォーリャの最新の世論調査が発表され、ボルソナロ政権への支持率が37%に上がり、不支持率が46%から34%に下がった。前回の調査は6月20日だったが、その間に何があったかと言えば、大統領自身のコロナウイルス感染による隔離が2週間ほどあったこと。それに加えて、罷免を恐れて […]