ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ボウソナロ一家とPSLとの泥沼の対立がマスコミの話題をさらっている間に、最高裁では17日から、注目の「2審有罪で刑執行か否か」の審理がはじまった。この審理を巡っても早くも緊張感が高まっており、ボウソナロ大統領が大統領官邸に刑執行反対派の判事を招いた他、元陸軍司令官のヴィラス・ボアス氏が、昨年のルーラ元大統領への人身保護令適用か否かの審理前日に行ったのと同様、判事に刑執行の判断を強要するかのような威嚇的ツイートを行うなど、物議をかもす行動が見られている。この件の是非は現在、国を2分しているが、こうした判事の判断の自由を奪うような行為だけはあってほしくない。
     ◎
 サンパウロ市地下鉄4号線を運営するヴィア・クアトロ社が16日、発表したばかりの同線警備員の新ユニフォームの採用を見送ると発表した。新しいユニフォームは、全身を黒ずくめの大型の防弾着で覆ったもので、「軍警の特別部隊のよう」と利用客から不評だった。このユニフォームは頭部もニットの覆面で覆われており、顔の半分に開いた穴から目と鼻だけが見えるもので、犯罪集団「ブラック・ブロックス」も彷彿させていた。
     ◎
 16日のサッカーの全国選手権。8月以降負けしらずの首位フラメンゴはこの日も勝ち、これで負けなし記録を連続13試合に更新。その一方、追うサンパウロ市勢は、サンパウロが敗れ、コリンチャンスは引き分け。唯一、2位のパルメイラスが勝利して面目を躍如したが、同チームでさえ、フラメンゴとの差は8点差。なんとか独走を止めたいところだが。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年10月16日 東西南北  15日のPSL党首ルシアノ・ビヴァール氏への連警による家宅捜査は、同氏とボウソナロ大統領の仲を決定的に引き裂く原因になりかねない。一部情報によると、大統領長男のフラヴィオ上議、三男のエドゥアルド下議がボウソナロ氏のPSL残留に向けて工作をはじめているなどの報道もあった矢先。政 […]
  • 東西南北2019年9月4日 東西南北  2日、パルメイラスがフェリポン監督を電撃解任し、ブラジル・サッカー界を驚かせた。2002年のW杯優勝監督でもある同氏は、昨年、自身の古巣でもあるパルメイラスを全国選手権で優勝させていた。だが、リベルタドーレス杯の準々決勝で敗退した上に、1日に行われた全国選手権でも首位のフラメ […]
  • 東西南北2019年5月28日 東西南北  26日に行われた親派デモはそれなりに形となり、なんとか面目は保たれたボウソナロ大統領。だが、26日付のフォーリャ紙によると、デモの結果がどうであれ、もう既に、連邦議会でのボウソナロ氏の評価は、「議会との関係を悪化させ、国の統治はできない」と散々で、「大統領権限を小さくさせる」 […]
  • 東西南北2019年4月2日 東西南北  この週末は、3月31日を巡る議論でブラジルの世論が二分された。一方では、ブラジルを代表するベストセラー作家のパウロ・コエーリョが、これまでほとんど公に語って来なかった、軍政下で拷問を受けた過去を告白するなど、軍政時代の新たな証言がメディアに上った。だが、その一方で、そういった […]
  • 東西南北2019年3月26日 東西南北  サンパウロ州保安局の最新データによると、乗り物を利用していた際の性犯罪が急増しているという。2018年と2017年では共に241件と動きはなかったが、2008年の66件と比べると、約3・6倍となっている。昨年の場合、最も多かったのが「痴漢」の132件で、51件が強姦行為、38 […]