ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 昨日付で報じたチリでの反政府デモはまだ収束に向かわずに継続。22日現在の死者は15人に増えている。この状況に関し、日本滞在中のボルソナロ大統領は、「チリがこのような状況になった背景には、ピノチェト軍事政権が終わったことがある」と発言し、問題となっている。かねてから同国の独裁者として知られたピノチェト氏礼賛で知られているボルソナロ氏だが、9月には同国前大統領のミチェレ・バチェレ氏の父親が同政権に処刑されたことを揶揄したため、チリ国民のみならず、仲の良いはずのピニェラ大統領まで憤慨させたばかり。大統領就任直後にチリを訪問した際には抗議運動も起こされたボルソナロ氏。印象は悪くなるばかりか。
     ◎
 21日午後3時30分頃、サンパウロ市のCPTM8号線のインペラトリス・レオポルジーナ駅とプレジデンテ・アルチーノ駅の途中で、電車が立ち往生する事態が発生した。理由は電気系統のシステムに故障が発生したためだが、これにより、ジュリオ・プレステス駅~プレジデンテ・アルチーノ駅の6駅間で支障が生じ、乗客が電車を降りて、線路を歩いて目的地まで行くはめとなった。復旧作業は午後5時20分までかかったという。
     ◎
 21日、サッカーの栄誉ある賞「バロンドール」の候補30人が発表され、ブラジルからはフィルミーノとアリソン(共にリバプール)とマルキーニョス(PSG)の3人がノミネートされた。過去に2度、最終選考の3人に残ったネイマールは、故障の多かったシーズンということもあり、選外となった。結果は12月2日に発表される。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!2020年3月17日 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!  先週を境に、ブラジルはそれ以前とだいぶ変わった。しばらくは「冬の時代」に入りそうだ。「コロナ危機」により、先週1週間でブラジルは数十年に一度の激変期を迎えた。それは、景気の分水嶺でもあった可能性が高い。  今週から1カ月、2カ月の間、特にサンパウロ州、リオ州では新型 […]
  • 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!2020年1月2日 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!  2020年の夏季五輪は56年ぶりの東京開催となる。様々な競技への興味がつきないが、ブラジルとしてはやはりサッカーを欠かすわけにはいかない。そこで、本紙きってのサッカーファン、井戸規光生記者と沢田太陽記者が今回もサッカー対談を行い、前回リオ大会で待望の金メダルを獲得した […]
  • 《ブラジル》2019年10大ニュース=ボルソナロ大統領一色の1年=大統領の息子たちもしばし話題に=南米そのものが荒れ模様2019年12月27日 《ブラジル》2019年10大ニュース=ボルソナロ大統領一色の1年=大統領の息子たちもしばし話題に=南米そのものが荒れ模様  2019年も「激動のブラジル」の印象は変わらず、多くのニュースで賑わったが、それらの中で本紙が独自に順位をつけた10項目を紹介し、振り返ってみる。  第1位は、「ボルソナロ大統領、世界で有名人に」。就任前から「南米のトランプ」として注目され続けていた大統領は、その数 […]
  • 東西南北2019年10月25日 東西南北  23日夜、サッカーのリベルタドーレス杯準決勝第2試合、ブラジル勢同士の対決となったフラメンゴ対グレミオは、フラメンゴが怒涛の攻撃で5―0(2試合合計6―1)とし、同杯3年連続ベスト4入りの強豪グレミオを粉砕。地元マラカナンの応援団を沸かせた。この試合、前半は緊迫していたが、前 […]
  • 東西南北2019年10月15日 東西南北  13日に行われたイルマン・ドゥウセの列聖式は、彼女が生前から有名人で国民にもなじみのあったことや、「ブラジル人最初の女性聖人」「歴史上、世界で3番目に早い聖人化」など話題性も大きかったことから大きく報じられた。ただ、宗教の宗派が違うと扱い方も異なるもので、福音派のウニベルサル […]