ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》障害者用の車の販売が急増=割引制度採用で3倍以上に

《ブラジル》障害者用の車の販売が急増=割引制度採用で3倍以上に

 障害または運動制限がある人(PCD)向けの特別仕様の車や、そのような人の世話をする家族や責任者が使うための車の販売数が増えている。
 ブラジル支援技術産業、商業及びサービス協会(Abridef)によると、2018年のPCDやその家族に対する新車の販売数は26万4300台で、2014年の8万4千台と比べて215%増えた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ