fbpx
ホーム | ブラジル国内ニュース | ■ヘンリー・ソベル氏死去■ブラジルの軍政と戦ったユダヤ人宣教師

■ヘンリー・ソベル氏死去■ブラジルの軍政と戦ったユダヤ人宣教師

ヘンリー・ソベル氏

 軍政時代に「反抗のユダヤ人宣教師」として知られたヘンリー・ソベル氏(75)が22日、癌で闘病中だった米国のマイアミで亡くなった。22日付ブラジル国内サイトが報じている。
 ソベル氏はポルトガル生まれのユダヤ人で、子供時代をニューヨークで育った。1970年にラビ(ユダヤ教の宗教的指導者)の資格をとると、同年から、パウリスタ・イスラエル人教会(CIP)に招かれ、宣教師として活動しはじめた。
 そんなソベル氏が一躍注目されたのは、1975年10月、サンパウロ市における対軍政の反抗の闘士、ジャーナリストのヴラジミール・エルゾーギ氏が亡くなったときだ。「陸軍秘密警察で自殺を遂げた」との軍の主張を疑ったソベル氏は、ユダヤ教の自殺者用の霊園に彼の遺体を納めることを拒否した。
 さらに、ソベル氏はカトリック教会のパウロ・エヴァリスト・アルン大司教ら、他の宗教の指導者と合同で、エルゾーギ氏の送別会を行った。ソベル氏はその後も、エルゾーギ氏の死に関する真相究明運動などにも貢献している。
 「ブラジルの多様性を好んだ」と言われたソベル氏は、40年以上にわたってブラジルに住んだが、癌の治療のため、米国に戻った。CIPでの活動は2007年に正式に退いたが、名誉教師としてかかわり続けた。
 2010年と2014年の2度、サンパウロ州政府からの顕彰も受けている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》盗み働いた路上生活者殺害=車に縛り付け、市中引き摺り回す2020年10月30日 《ブラジル》盗み働いた路上生活者殺害=車に縛り付け、市中引き摺り回す  ブラジル北東部マラニョン州で27日、路上生活者を車に縛り付けて引き摺り回し、死体を放棄した事件の容疑者2人が逮捕された。  同州州都サンルイス市プライア・グランデ区にある統合ターミナル前で男性の遺体が発見されたのは5月17日。その後の調査で、死亡したのは路上生活者の […]
  • 《ブラジル》国民皆保険制度を大統領令で民営化?=国民の不満爆発で撤回「コロナの最中に」「憲法違反」2020年10月30日 《ブラジル》国民皆保険制度を大統領令で民営化?=国民の不満爆発で撤回「コロナの最中に」「憲法違反」  ボルソナロ大統領は28日、国民や医療団体からの猛烈な反対を受け、前日発表した統一医療保健システム(SUS、国民皆保険制度)を民営化するための大統領令を撤回した。28、29日付現地紙、サイトが報じている。  大統領は27日、パウロ・ゲデス経済相が、保健所(UBS)を公 […]
  • 《ブラジル》Anvisaがワクチンの原材料の輸入を許可=コロナバック4千万回分=ドリアは1億回分購入示唆2020年10月30日 《ブラジル》Anvisaがワクチンの原材料の輸入を許可=コロナバック4千万回分=ドリアは1億回分購入示唆  【既報関連】国家衛生監督庁(Anvisa)が28日、新型コロナに対する中国製のワクチン「コロナバック」4千万回分を生産するための原材料の輸入を認めたと28、29日付現地紙、サイトが報じた。  原材料輸入はサンパウロ市のブタンタン研究所が9月に「例外的措置」として申請 […]
  • 東西南北2020年10月30日 東西南北  28日、サンパウロ市と近郊地区を行き来するEMTUのバスに、抗コロナ対策車両12台がお目見えした。12台のバスはヴィアソン・オザスコ社が所有するもので、オザスコ〜サンパウロ市間で使われる。これらのバスは、シートなどに抗菌性の布のカバ―がかけられている。これらの措置には1台につ […]
  • 2年前の熱狂どこへ? 市長選苦戦のPSL2020年10月30日 2年前の熱狂どこへ? 市長選苦戦のPSL  あと2週間と少し経てば、いよいよ全国市長選だ。サンパウロ市はもちろん気になるが、2年後の大統領選、連邦議員選挙を占う意味で、全国的な動きがコラム子的には気になるところ。  そこで「少なくとも各州都くらいは」と思い、グローボのニュースで報じられている情報をもとに傾向を […]