ホーム | 特集 | 【2020年新年号】 | 【2020年新年号】謹んで新年のお慶び申し上げます=ブラジル日本文化福祉協会会長 石川レナト

【2020年新年号】謹んで新年のお慶び申し上げます=ブラジル日本文化福祉協会会長 石川レナト

石川会長

 ニッケイ新聞購読者の皆様、2020年の年頭に当たり、謹んで新年のお慶びを申し上げます。
 昨年10月22日に東京で行われた、日本国天皇陛下の御即位を公に宣言する「即位礼正殿の儀」において、ブラジルからはボルソナロ大統領が参列し、ブラジル日系社会の代表者らも御招待を賜り、歴史的瞬間に立ち会えましたことは身に余る光栄でございました。
 その厳かな儀式は、古代から途絶えることのない歴史の圧倒的な重みを感じさせられたばかりでなく、各国から尊敬の念をもって注目されつつ今後益々繁栄してゆく日本の将来が約束された瞬間でもありました。
 それと同時に、ブラジル日系人として、これを契機に日伯友好の絆が更に強固となることを心から願うものであります。
 我々日系主要5団体は、5月1日の天皇陛下の御即位および即位礼正殿の儀に合わせて、ここブラジルにおいても奉祝晩餐会をそれぞれ主催致しました。
 このように、日本以外の国の中でどこよりも早い開催となったであろうブラジル日系社会における奉祝式典に、天皇陛下御即位には200人が、即位礼正殿の儀には全伯より800人が一堂に集いました。このようにブラジル日系社会が心一つに奉祝できましたことを大変誇りに思っております。
 さて、本年は日本が新時代を迎えたのに合わせるかのように、十二支も最初の干支「子年」を迎えました。ねずみは「繁殖」「生む」という意味をもつ「孳」という字が元になっており、新しい生命が種子の中に芽吹き始める状態を表し、新しい物事や運気の循環が始まる年だと聞いています。
 ここブラジルでも昨年発足したボルソナロ政権が、国民の本来の期待を取り戻すと共に、経済も上向きとなることを心から願っております。
 また何より、文協は本年12月で創立65周年を迎えます。ここまで存続出来ましたのは、皆様方のご協力の賜物であると、この場をお借り致しまして心より感謝申し上げます。そして文協も子年にちなみ、創立65周年を新たな出発の年とし、次の7項目、(1)ブラジル社会への貢献を強化。(2)日系団体の一体化を促進。(3)社会福祉活動の強化。(4)新たなる日本文化の普及促進。(5)日伯交流窓口としての任務遂行。(6)青年達のリーダーシップ強化による持続可能性を達成。(7)日本政府が提唱する第五期科学技術基本計画を促進―を今後10年間で文協が達成するべく目標として掲げ、邁進する所存でございます。
 最後になりましたが、ニッケイ新聞読者のみなさまのご健勝と益々のご発展を心よりお祈りし、新年のご挨拶とさせて頂きます。本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 特別寄稿=もうじき1日の死者1千人台か=どっちへ行くのか、我らのブラジル=サンパウロ市在住  駒形 秀雄2020年5月14日 特別寄稿=もうじき1日の死者1千人台か=どっちへ行くのか、我らのブラジル=サンパウロ市在住  駒形 秀雄  毎日青い空が見えて気温も快適、例年ならば「良い陽気になりましたね」と挨拶するところですが、今年はいけません。コロナウイルスのお蔭で一般庶民は「家庭内蟄居」です。  ニッケイ新聞も配送が始まり、これでQUARENTENA自粛も終わりかと思っていたら、何が何が、商店閉鎖 […]
  • 生き残りを模索するニッケイ新聞2019年6月25日 生き残りを模索するニッケイ新聞  日本移民の日の特集号に掲載した「サンパウロ新聞廃刊の経緯」には、日本側を含め、各方面からたくさんの反響が寄せられた。それだけあの廃刊は大きな衝撃を与えたのだと痛感した。  と同時に、「ニッケイ新聞はどう生き残るつもりなのか。戦略を説明しても良いのは」という意見も頂戴 […]
  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 飯星下議=マリリアと泉佐野市が姉妹都市に=最後の訪日、四世ビザ緩和訴え2018年12月4日 飯星下議=マリリアと泉佐野市が姉妹都市に=最後の訪日、四世ビザ緩和訴え  年度末で任期満了を迎える飯星ワルテル連邦下院議員(PSD)は先月13~18日の間、日本への最後の公式訪問を行った。マリリア市と大阪府泉佐野市との姉妹都市協定調印式に出席したほか、麻生太郎副総理や河村建夫衆議と会談し、四世ビザの要件緩和を訴えた。そのほか、日系ブラジル人 […]