ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ市の高架橋下にスポーツ・ジムなどができて、話題を呼び始めている。そのひとつはセントロのジュリオ・メスキッタ・フィーリョ高架橋で、この下に4700平米の大きなジムが建設されている。ここには、420人まで観戦出来るリングまである。ここではムエタイ、柔術、テコンドーの無料教室も開かれており、昨年10月の開講以来、既に200人近い受講者がいるという。スポーツ・ジムは「石を投げれば○○」という表現に見合うほど数が多いが、高い会費で頭を悩ませる人が多いのもまた事実。この高架下の施設のようなタイプのものが増えれば、市民にとってもうれしいのでは。

     ◎

 サンパウロ市保健局の15日の発表によると、昨年の同市ではデング熱患者が前年より2769%も増えていたことがわかった。2018年は586人が罹患し、死亡者は0だったが、19年は1万6815人が罹患し、3人が亡くなったという。同市保健局によると、デング熱は2年周期で流行を繰り返す傾向があり、昨年の流行は2017年と18年の患者が少なかった反動だという。ブラジル保健省も、今年は11州で流行の可能性があるとし、警戒を呼びかけている。

     ◎

 15日付本紙でも報じた、今年の法定最低賃金(最低給与)の件は、「1045レアル」に引き上げと決まった。当初噂されていた額の内、最も高いところに収まったことになる。国民にとってはうれしい限りだが、1レアル引き上げると必要になる経費が3億レアル違ってくるというから、6レアルの引き上げは政府としてもヒヤヒヤといったところか。

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年3月17日 東西南北  ブラジルサッカー連盟(CBF)は15日、16日からCBF主催の大会や試合の無期限中断を発表した。声明には「現在実施中のCBF主催の全国規模の大会(ブラジル杯、女子全国選手権1部、2部、17歳以下ブラジル選手権、20歳以下ブラジル杯)の試合は再開予定日時を決めずに中断する」と書 […]
  • 東西南北2020年3月3日 東西南北  サンパウロ市のカーニバルは期間中ずっと曇り空や雨が続き、例年になく寒い天気が続いていたが、2月29日~3月1日の土日に、公式カレンダー最後となるイベントが行われた。結局、最後の最後まで天気が回復することはなく、肌寒い中でのブロッコ行進だったが、人出には影響がなく、大勢の人数で […]
  • 東西南北2020年1月23日 東西南北  18日からコロンビアで男子サッカーのU23南米選手権(東京五輪予選)が開催されており、決勝リーグに進めば、U23代表選手は2月9日まで拘束される。だが、サッカーサンパウロ州選手権は22日に開幕しており、コリンチャンスはペドリーニョとアラオス(チリ)、サンパウロはアントニーとイ […]
  • 特別寄稿=新型コロナ騒動とアマゾン移民史=往時のマラリア禍の心情を今に懐う=パラー州ベレン市在住 堤剛太2020年5月13日 特別寄稿=新型コロナ騒動とアマゾン移民史=往時のマラリア禍の心情を今に懐う=パラー州ベレン市在住 堤剛太  現在、パラー州では外出自粛処置が取られすでに3カか月目に入っている。私の住むベレン市では、病院施設がすでにパンク状態と発表され、4月下旬からはマスク無しでの外出は禁止になりまた。4月27日からは罰金を伴う営業活動の停止処置も取られ、5月7日からはベレン市を含めた10市 […]
  • コロナ災禍拡大=感染者1万2千人、死者550人超=サンパウロ州は外出自粛令を延長=最速で感染ピークはセアラー=ファヴェーラに広がる危険2020年4月7日 コロナ災禍拡大=感染者1万2千人、死者550人超=サンパウロ州は外出自粛令を延長=最速で感染ピークはセアラー=ファヴェーラに広がる危険  【既報関連】ブラジル国内の新型コロナウイルス感染症(COVIDー19)の感染拡大は止まらず、6日午後4時半過ぎの保健省の発表では、感染者は、1万2056人、死者の数は553人となった。各州の取り組みも含め、6日付現地各サイトが報じている。  ブラジル北東部9州の連合 […]