ホーム | ブラジル国内ニュース | コリンチャンスがユダヤ系国民にオマージュ 文化局長のナチス発言を受け

コリンチャンスがユダヤ系国民にオマージュ 文化局長のナチス発言を受け

 17日、サンパウロの名門サッカー・クラブ、コリンチャンスが、16日の夜にナチス・ドイツの宣伝相ヨーゼフ・ゲッベルスの言動を模倣し、物議をかもした文化局長ロベルト・アルヴィム氏の発言を受け、ブラジルのユダヤ系国民に捧げる声明を発表した。

 アルヴィム氏は16日に投稿した動画で、ナチスの音楽の象徴でもあったワーグナーのオペラの中の曲をバックに、ゲッベルス氏が実際に行った発言に沿うようにして、芸術は国家や国民に奉仕すべきであるかの発言を行い、ブラジル全土に衝撃を与えた。

 ゲッベルス氏は反ユダヤ主義で知られた人物であったため、ユダヤ人協会も抗議声明を出した。一方、サッカー・クラブのコリンチャンスもアルヴィム氏の発言に不快感を示すと同時に、ユダヤ人に敬意を払うコメントを行った。

 コリンチャンスは公式ツイッター・サイトに「すべてのユダヤ人の兄弟姉妹が平和な安息日を過ごすことができますように」と書き記し、続けて「ナチズモ・ヌンカ・マイス(ナチズムを2度と許すな)」のハッシュタグを据えた。

 コリンチャンスは軍事政権下の80年代も、ソクラテスらを中心として、軍政終焉を叫び、国民による大統領の直接選挙復活を呼びかけた「ジレッタス・ジャー」運動に積極的に参加しており、民主主義を強く訴えるクラブとして知られている。(17日付レヴィスタ・フォールムより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年11月20日 東西南北  サンパウロ州では17日から18日にかけて強い雨が降り、各地で被害が報告されている。ブロッタス市では18日夕方、塀が崩れて女性2人が巻き込まれ、1人が死亡した。インダイアトゥーバ市では、17日夜から18日朝にかけての暴風雨で、ガソリンスタンドの屋根が支柱ごと倒れる事故が起きた。 […]
  • 東西南北2020年11月14日 東西南北  明日15日はいよいよ統一地方選の投票日だ。投票所に人が群がることでコロナウイルスの感染を気にする人も少なくはないだろう。だが、選挙高裁はすでに「コロナ禍を恐れることは、国民の投票義務回避の理由にはならない」との見解を示している。選挙当日、発熱その他のコロナの兆候を示すものがあ […]
  • 東西南北2020年11月4日 東西南北  10月31日からの3連休中は雨模様だったサンパウロ州。月末に降った雨でカンタレイラ、グアラピランガの両水系の10月の降水量はなんとか70ミリ台まで上がったが、「前半のあの猛暑がなければもう少しは」といったところか。ただ、この3連休は冷え込んだおかげで、海岸部が海水浴客で溢れる […]
  • 東西南北2020年10月31日 東西南北  サンパウロ市地下鉄モノレール15号線の拡張工事が先週から再開された。この線は、モノレール車両をかなり高いところで支える線路と支柱の大きさでかなり目立っていたものの、なかなか工事が進まないため、巨像のような扱いを市民からはされていた。コロナ禍もやや落ち着きはじめたことで、工事が […]
  • 東西南北2020年10月30日 東西南北  28日、サンパウロ市と近郊地区を行き来するEMTUのバスに、抗コロナ対策車両12台がお目見えした。12台のバスはヴィアソン・オザスコ社が所有するもので、オザスコ〜サンパウロ市間で使われる。これらのバスは、シートなどに抗菌性の布のカバ―がかけられている。これらの措置には1台につ […]