ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 18日からコロンビアで男子サッカーのU23南米選手権(東京五輪予選)が開催されており、決勝リーグに進めば、U23代表選手は2月9日まで拘束される。だが、サッカーサンパウロ州選手権は22日に開幕しており、コリンチャンスはペドリーニョとアラオス(チリ)、サンパウロはアントニーとイーゴル・ゴメス、サントスはソテルド(ベネズエラ)をしばらく欠いての戦いとなる。各チームとも五輪出場権は是非とも勝ち取って欲しいと思っているだろうが、主力選手抜きで戦って負けたら、「誰が給料払っていると思ってるんだ」とサッカー連盟(CBF)に恨み言の一つも言いたくなるのでは。

     ◎

 17日にナチス情報相ヨーゼフ・ゲッベルス氏を模倣した発言で文化局長を追われたロベルト・アルヴィム氏に対し、連邦検察庁傘下の市民人権部が20日、問題となった発言を収めた動画について、説明を行うよう求めた。これは、アレッシャンドレ・パジーリャ下議(労働者党・PT)が起こした訴えを検察庁が受け入れたものだ。また、アルヴィム氏が「国に寄与した芸術」に与えようとした賞の存在がどうなるかなど、まだ不明な点も少なくない。

     ◎

 ブラジルでは昨年、デング熱が流行し、今年も流行が懸念されている州があるが、お隣パラグアイでも大流行中。22日にはベニテス大統領もデング熱との診断を受けた。この日、公務五つをこなそうとしていた同大統領は、一つ目を終えた時点で気分が悪くなり、首都アスンシオンに戻って診察を受けたところ、流行中の4型ウイルスへの感染が確認されたという。

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!2020年1月2日 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!  2020年の夏季五輪は56年ぶりの東京開催となる。様々な競技への興味がつきないが、ブラジルとしてはやはりサッカーを欠かすわけにはいかない。そこで、本紙きってのサッカーファン、井戸規光生記者と沢田太陽記者が今回もサッカー対談を行い、前回リオ大会で待望の金メダルを獲得した […]
  • 東西南北2018年8月28日 東西南北  サンパウロ市中央部リベルダーデ区にあるアフリトス聖堂が、崩壊の危機にさらされているという。同聖堂は、市内にはじめてできた霊園内に1775年に建てられ、市内でも有数の歴史を持つものだ。だが、ここ数年はメンテナンスがうまく行われておらず、壁にはひび割れが増え、さらに近隣の建物が改 […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • 東西南北2020年8月22日 東西南北  サンパウロ州でも19日頃から急に冷え込みが厳しくなった。南極から寒気団が北上しているためで、すでにブラジル南部では降雪を記録したところが何カ所もある。サンパウロ州でも今週末の冷え込みは厳しく、予報だと22日には最高気温が14度以上にあがらず、最低気温も8度前後になるとか。標高 […]
  • 《五輪サッカー》U23ブラジル代表がウルグアイに圧勝=決勝リーグ進出に大きく前進2020年1月24日 《五輪サッカー》U23ブラジル代表がウルグアイに圧勝=決勝リーグ進出に大きく前進  コロンビアで開催されている東京五輪男子サッカーの南米地区予選で22日、U23ブラジル代表がウルグアイに3―1で圧勝し、決勝リーグ進出へ大きく前進した。  ウルグアイは序盤、エース、ディエゴ・ロッシ(ロサンゼルスFC)が攻め込み、シュートを狙うシーンを見せたが、前半1 […]