ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 日毎叢書企画出版の『楽書倶楽部』第512号が2月に刊行された。沼田信一著『信ちゃんの昔話』の転載が始まった。「ファゼンダ・コチアー」とタイトルにあるので、産業組合の話かと思ったら、北パラナのカフェ耕地の名前。平日はカフェの仕事をし、日曜日は自分の畑を作るという、休みのない開拓初期の生活風景が描かれている。「挑戦」(森田幸子)には「ベンデドール募集」の看板を偶然見て、飛び込みで申し込み、ポルトガル語が「話せない、読めない、書けない」にも関わらず、「日本人の信用」を盾にトップの成績を上げるまでになった驚きの実話。「読書の虫」(酒本恵三)もすごい。「お笑い芸人で芥川賞を受賞した又吉直樹は、その名誉ある賞をとるまでに小説を2千冊ぐらい読んだと自慢している。ざっと計算すると一週間に平均2冊だ。これぐらいのペースなら驚くにたらず、私でも若い頃は読んでいた」とも。関心のある人は同出版(11・3341・2113)まで。
     ◎
 在サンパウロ日本国総領事館の安全情報によれば、週末のサンパウロ市のカーニバルイベントで発砲事件が発生した。2月16日(日)午後5時半頃、シダージ・モンソエス地区及びブルックリン地区で行われたカーニバルで、集団強盗グループ(arrastao)が非番の警察官のネックレスを盗もうとし、警察官は犯人に向けて発砲した。男性3人、女性2人が被弾した。男性3人は犯行グループの一味だが、女性2人はただの参加者のよう。この週末だけでサンパウロ市内で400人以上が逮捕された。参加する人はカードすり替え詐欺、携帯強盗などに注意を。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 人文研=川添博さんがZOOM講演=長崎の被爆の歴史を深堀り=参加者と『長崎の鐘』歌合唱2020年9月16日 人文研=川添博さんがZOOM講演=長崎の被爆の歴史を深堀り=参加者と『長崎の鐘』歌合唱  サンパウロ人文科学研究所(モラレス松原礼子理事長)は、ブラジル長崎県人会(森繁親会長)、ブラジル日本語センター(日下野良武理事長)と共催し、9月26日19時30分より長崎被爆75周年オンライン講演会「75年・長崎・カーニバル・ブラジルから平和の歌を」をZOOMで行う事 […]
  • 《ブラジル》リオの年越しイベント客無しで?=カーニバルは5、7月説も2020年7月28日 《ブラジル》リオの年越しイベント客無しで?=カーニバルは5、7月説も  新型コロナウイルスの影響により、年越しイベント(レヴェイオン)やカーニバルのようなサンパウロ市やリオ市に代表される大型イベントの開催が、続々と中止や延期になっている。25~27日付現地サイトが報じている。  年越しイベント「レヴェイオン」に関しては、サンパウロ市のパ […]
  • 東西南北2020年7月23日 東西南北  サンパウロ市カーニバルのデスフィーレ(パレード)に出場するエスコーラ・デ・サンバ(サンバチーム)が「来年のカーニバルは5月に開催してほしい」と、主催者である市に希望していることがわかった。通常は2~3月。20日にスペシャル・グループに属するチームの連合会「LIGASP」の会合 […]
  • 《サンパウロ市》大晦日大型イベントの中止決断=危ぶまれる来年のカーニバル2020年7月18日 《サンパウロ市》大晦日大型イベントの中止決断=危ぶまれる来年のカーニバル  ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長は17日、大晦日毎年恒例の大型イベント「レヴェイオン」を、コロナ禍のために中止にすることを発表した。同日付現地サイトが報じている。  レヴェイオンは毎年大晦日の真夜中に、市内最大の繁華街パウリスタ大通りで行われているサンパウロ市主催のコ […]
  • 《ブラジル》元保健相「コロナで20対1の大敗」=感染者200万人越え=サンパウロのカーニバルにも暗雲2020年7月17日 《ブラジル》元保健相「コロナで20対1の大敗」=感染者200万人越え=サンパウロのカーニバルにも暗雲  保健省による16日晩発表で、新型コロナウイルスの感染者数が200万人を超えた。1日の感染者数は4万5403人(計201万2151人)、死亡者数は1322人(計7万6688人)となり、依然として米国についで世界2位だ。現在に至るまでの2カ月間、正式な保健大臣は任命されず […]