ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 全世界で感染が拡大し、多くの人の間でパニックを引き起こしているコロナウイルス。それは、正式な感染者はまだ出ていないブラジルでも同様だ。中でも、国内で非常に大きなダメージを受けているのがクルーズ船業界だという。業界大手MSC社によると、現在、約50人の予約客がアジア行きのクルーズ参加へのキャンセルを求めているという。クルーズは高額の上、キャンセル料も価格の60%と高いのだが、恐怖がそれを上回る結果となっている。同社は航路を変えるなどの対策を行っているが、効果はあるか。クルーズ船は昨年、サランポ(はしか)の流行源ともなっただけに、怖がられるのも無理はないか。
     ◎
 16日午前6時頃、サンパウロ市東部ジャルジン・エレーナで、偽の制服を着て軍警に成りすまそうとした19歳の青年が現行犯で捕まり、警察に連行される事件が起きた。これは、青年が銃ホルダーなどのついたベルトを着用していなかったために軍警が不審に思い、パトカーに乗せて「警察学校にはいつ通ったか」などと質問をしている内に、本人が偽者だと白状したという。青年は軍警の格好をした理由を、「バスに無料で乗りたかったから」と話している。
     ◎
 サッカーのサンパウロ州選手権第7節は明日からはじまるが、今節は、水、木曜だけでなく、通常なら次節になるはずの土、日の試合まで含む長いものとなる。今日は午後9時30分より、パルメイラスが本拠地アリアンツ・パルケでグアラニーを迎えて戦う。グアラニーは現在D組1位と好調なだけに、決して油断はできない相手だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年3月12日 東西南北  コロナウイルスや原油価格下落による株暴落が世間の話題を独占する中、ボウソナロ大統領が行った発言が、ロイターなどを通じて世界中に打電されている。同大統領は10日、マイアミでの講演会で「コロナウイルスは報じられているほどのものではない」「マスコミが大騒ぎしているだけで、原油価格急 […]
  • 東西南北2019年10月16日 東西南北  15日のPSL党首ルシアノ・ビヴァール氏への連警による家宅捜査は、同氏とボウソナロ大統領の仲を決定的に引き裂く原因になりかねない。一部情報によると、大統領長男のフラヴィオ上議、三男のエドゥアルド下議がボウソナロ氏のPSL残留に向けて工作をはじめているなどの報道もあった矢先。政 […]
  • 東西南北2020年3月4日 東西南北  ルーラ元大統領は2日、パリでの式典に参加し、「名誉市民」の称号を受けた。同市は、ルーラ氏が収賄罪などによる実刑を受け、服役中のときから同氏の無罪を訴え、その業績を称えてきたところだ。ルーラ氏はそこで、1審で実刑判決を下したセルジオ・モロ法相を「犯罪者」と罵り、自身を有罪にした […]
  • 東西南北2019年10月18日 東西南北  ボウソナロ一家とPSLとの泥沼の対立がマスコミの話題をさらっている間に、最高裁では17日から、注目の「2審有罪で刑執行か否か」の審理がはじまった。この審理を巡っても早くも緊張感が高まっており、ボウソナロ大統領が大統領官邸に刑執行反対派の判事を招いた他、元陸軍司令官のヴィラス・ […]
  • 東西南北2019年9月4日 東西南北  2日、パルメイラスがフェリポン監督を電撃解任し、ブラジル・サッカー界を驚かせた。2002年のW杯優勝監督でもある同氏は、昨年、自身の古巣でもあるパルメイラスを全国選手権で優勝させていた。だが、リベルタドーレス杯の準々決勝で敗退した上に、1日に行われた全国選手権でも首位のフラメ […]