ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》大型強奪事件の影に共通人物=指紋やDNAで関連性が判明

《ブラジル》大型強奪事件の影に共通人物=指紋やDNAで関連性が判明

 科学調査の進歩や犯罪者のデータバンク充実により、近年の大型強奪事件の容疑者が、他の同様の事件にも関与していた事が判明と20日付エスタード紙が報じた。
 19年は、3月にサンタカタリーナ州ブルメナウのケロ・ケロ空港での強奪事件(被害額980万レ)をはじめ、7月はサンパウロ州グアルーリョスのクンビッカ空港で1億1730万レアル相当の金塊強奪、10月にサンパウロ州カンピーナスのヴィラコッポス空港で強奪事件(被害額未発表)と、立て続けに類似事件が起きた。
 これら3件は、重火器で武装して空港に侵入、飛行機に積み込む予定の金塊などを強奪した点をはじめ、警察車両を模した車を使用、逃走に救急車やゴミ収集車を利用といった共通点がある。
 犯人達は覆面を使用して身元特定を困難にしているが、現場や逃走に利用した車などに残された指紋や覆面などに残っていた毛髪などから得たDNA情報などを掛け合わせた結果、同一人物が複数の事件に関与している事が判明している。
 ブルメナウの事件で逃亡中のダヴィ・M・ドス・サントス容疑者と、ヴィラコッポスの事件で死亡したダニエル・M・ドス・サントス容疑者は兄弟だ。ダヴィ容疑者は14年に収監中の刑務所から救出された人物で、法務省が先日発表した主要犯罪者リストにも掲載済みだ。17年にパラグアイのデル・エステ市で起きた、現金輸送や警備担当のプロセグル社襲撃事件にも関与したとされている。また、この兄弟はペルナンブコ州やバイア州で起きた銀行や宝くじ販売所襲撃事件などにも関与しており、11年の摘発作戦で起訴、翌12年に断罪されていた。
 また、ブルメナウの事件で逮捕されたアンデルソン・ドス・サントス容疑者とクンビッカの事件で逮捕されたマルセロ・フェラス・ダ・シウヴァ容疑者は、17年に起きたサンパウロ州タモイオス道での現金輸送車襲撃事件に関与していたとされる。
 昨年行われた家宅捜索で得たDNA情報は、アンデルソン容疑者が16年にサンパウロ州サントスで起きたプロセグル社襲撃事件に関与していた事も示唆している。
 サンパウロ州市警組織犯罪捜査課のペドロ・イヴォ・コレア警部は、近年の大型犯罪は、唯一の首領が統率する犯罪組織による犯罪から、互いに連絡を取り合い、作戦を立案、役割を分担しあうという形に変化しているという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ゲイパレードも延期=コロナ封鎖目前のサンパウロで2020年3月21日 ゲイパレードも延期=コロナ封鎖目前のサンパウロで  新型コロナウイルスの流行で、大きなイベントが続々と、中止や延期となっているが、「南米最大規模」のゲイパレードも11月への延期を発表した。  サンパウロのパウリスタ大通りで毎年6月に開催されているゲイパレードは、南米では最大規模と言われ、毎年、入場者数の記録を更新していたが、 […]
  • サンパウロ州も非常事態宣言=公園やポウパテンポが閉鎖2020年3月21日 サンパウロ州も非常事態宣言=公園やポウパテンポが閉鎖  サンパウロ州のジョアン・ドリア知事は20日、同州の非常事態宣言を行い、今日21日から正式に有効にするとした。20日付現地サイトが報じている。  ドリア知事は20日、バンデイランテス宮で記者会見を行い、今回の宣言は州民にパニックを起こさせるためのものではなく、州や州内645の […]
  • 《ブラジル》コロナショックで調査に影響=訪問調査、現場調査を中断2020年3月21日 《ブラジル》コロナショックで調査に影響=訪問調査、現場調査を中断  【既報関連】ブラジルでは、コロナウイルスによる災禍拡大で、人ごみや外出を避けるようにと推奨されているため、ブラジル地理統計院(IBGE)は、労働市場調査、全国家庭サンプル調査(Pnad)の訪問調査と、広範囲消費者物価指数(IPCA)算出のための価格の現場調査を一時停止した。2 […]
  • 大統領三男がまた問題発言=コロナは中国の陰謀論語る2020年3月20日 大統領三男がまた問題発言=コロナは中国の陰謀論語る  大統領三男のエドゥアルド・ボウソナロ下議がコロナウイルスに関して行ったツイートが中国大使館を怒らせ、外交問題を懸念させるものになっていると、19日付ブラジル国内紙、サイトが報じている。  エドァウルド氏は18日、コロナウイルスの感染拡大に関して、1986年のソ連(当時)での […]
  • 《サンパウロ市》血液不足で血液センターが危険な状態に=コロナウイルス感染恐れ、外出避けた影響で2020年3月20日 《サンパウロ市》血液不足で血液センターが危険な状態に=コロナウイルス感染恐れ、外出避けた影響で  新型コロナウイルスの拡散を防ぐため、ブラジル国内でも外出を避け、自宅にとどまることが推奨されている中、サンパウロ病院とIBCC腫瘍学センターでは、輸血用の血液のストック量が減り、18日には「危険な状態」とされるレベルに達した。医療機関によると、外出を避けるように周知されている […]