ホーム | 日系社会ニュース | 会議所昼食会=「中国経済悪化で世界流動化」=田中直毅氏が世界経済語る=「華僑が投資引き上げた」

会議所昼食会=「中国経済悪化で世界流動化」=田中直毅氏が世界経済語る=「華僑が投資引き上げた」

「武漢で秩序破壊行為が起きる可能性がある」と警告を発する田中直毅氏

 「中国経済の不安定化により、世界の流動性が高まっている」。ブラジル日本商工会議所(村田俊典(としふみ)会頭)の2月定例懇親昼食会が21日、サンパウロ市のマクソウドプラザ・ホテルで開催され、政治評論家で国際公共政策研究センター(CIPPS)理事長の田中直毅氏が「ブラジルをとりまく世界経済の今後」をテーマに講演し、そう警告した。

 田中氏の同研究センターはブラジル『写真機』プロジェクトとして、12年から会議所会員企業からアンケート返答を毎月もらって独自に解析して、CIPPSブラジルインデックスを割り出しており、理事長からは世界経済情勢を含めた結果報告を定期的に受けている。
 田中氏は「世界各地での気候変動が激化し、2050年までに二酸化炭素の排出を実質ゼロにする取り組みが始まり、エネルギー依存の方向性が変わり、石油から液化天然ガス(LNG)になった」との話から始めた。
 火力発電に使われる石油、石炭、LNGの中で、二酸化炭素排出量が少ないクリーンなエネルギーとしてLNGが注目を集めている。排出量は石油に比べて25%、石炭の40%と化石燃料の中では環境に優しい。
 そのため世界的に石油需要が減っており、主要産出国の中には危機感が広がっている。元々ブラジルの石油産業は岩塩層下油田中心で高コスト、価格が高くないと利益が出ない構造がある。つまりペトロブラスには不利な風向きだ。
 「中国経済の成長率は6%とか言っているが、私の計算ではせいぜい2%。対中投資の6割を占めるのは、実は在外中国人(華僑)だと見ている。私はこの5年間、世界華僑大会に毎年出席している唯一の日本人」と関係の深さを語った。
 世界華僑大会に出席し始めた発端が、彼の「中国経済停滞論」だったという。「私に華僑大会での講演を依頼してきた人は、『ぜひ停滞論を皆の前で話してほしい。華僑の間で状況を正確に把握しておくべきだ』と頼んできた。『自分たちで話したらいいじゃないか』と返すと、『本国の手前、自分たちはそんなことは言えない。でも日本人が言う分には許される』と説得してきた」という。
 「華僑は昨年来ほとほと困り果てている」とし、昨年の香港の民主化運動、今年の台湾総統選で蔡英文氏が圧勝したこと、そしてコロナウイルスだ。香港一の大金持ちとして知られる華僑の代表格・李嘉誠(リカシン)氏の資産は今では、中国国内には5%程度しか残していないのではと見ている。
 「中国南部で失業率が高まっている。危険な状況だ。武漢ではコロナウイルスによる都市閉鎖がキッカケで、秩序破壊行為が起きる可能性がある」と指摘した。
 中国経済の不安定化により、世界の流動性が高まり、最も安全な投資先である国債への投資が世界中で増えている。「マイナス金利であっても、国が保証している国債は失う危険性がないから、今のように流動性が高い時には逃げ場になる」と見ている。
 田中氏は「ブラジルと中国のCIPPSインデックスは、驚くほど一致していることが分かってきた。調査の母数が多いほど正確な結果が出る。ぜひ加盟社の皆さん、もっとアンケート協力を」と呼びかけた。
 当日は新会員のJSPムービングサービス社の橋本春樹氏から会社案内が行われた。
 また国税庁から国際郵便の取扱い変更についての説明もあった(別記事で詳述)。サンタクルス病院の辻マルセロ病院長、長谷川レナト医局長という新人事も報告され、「日本語によるサービス、人間ドックに力を入れている」と二宮正人第2副理事長が説明した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 新型肺炎で続々とイベント中止=日系社会でも悪影響が甚大に=県連故郷巡り延期、蘭展中止2020年3月14日 新型肺炎で続々とイベント中止=日系社会でも悪影響が甚大に=県連故郷巡り延期、蘭展中止  中国を発生源とする新型コロナウイルス(COVID―19)のブラジル国内の感染者1人目が2月26日に発見された。それから2週間あまりの13日午前10時半現在で151人を数えるまでに急増し、今後さらに爆発的に増えると予測する専門家も出てきた。これを受け、コロニアでも近日開 […]
  • コロナ災禍=若き日系弁護士スズキさん死亡=サンタクルス病院で懸命に治療=健康で将来嘱望、両親も入院2020年3月31日 コロナ災禍=若き日系弁護士スズキさん死亡=サンタクルス病院で懸命に治療=健康で将来嘱望、両親も入院  基礎疾患がなく健康で、26歳になったばかりだった前途有望な弁護士、マウリシオ・カズヒロ・スズキさんが28日(土)、コロナウイルス感染症が悪化してサンパウロ市のサンタクルス病院で亡くなった。フォーリャ紙29日電子版は「この病気には、高齢者隔離などの社会的距離政策は通じな […]
  • コロナ対策、ここに気をつけて!=日系専門医が高齢者向け指南=援協とサンタクルス病院に取材2020年3月26日 コロナ対策、ここに気をつけて!=日系専門医が高齢者向け指南=援協とサンタクルス病院に取材  新型コロナウイルス(COVID-19)の治療法が確立されていない現状、「罹患しないこと」と「感染を拡げないこと」が何よりも重要だ。特に重症化しやすく死亡率も高い高齢者は、家庭でどのような対処をすれば良いか。日伯援護協会で小児内科や巡回診察を行う荒堀幸子医師と、サンタク […]
  • 今のイタリアは、3週間後のサンパウロかも2020年3月24日 今のイタリアは、3週間後のサンパウロかも  「今のイタリアは、3週間後のサンパウロかもしれない」――まるで世紀末に向かって黙示録のページを一枚、一枚めくるように、ブラジルのコロナ危機は毎日悪化の途を歩んでいる。冒頭に掲げた予測はあまりに悲しいが、現実にならないようにするには、今現在、相当の決断が必要だ。  ど […]
  • 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!2020年3月17日 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!  先週を境に、ブラジルはそれ以前とだいぶ変わった。しばらくは「冬の時代」に入りそうだ。「コロナ危機」により、先週1週間でブラジルは数十年に一度の激変期を迎えた。それは、景気の分水嶺でもあった可能性が高い。  今週から1カ月、2カ月の間、特にサンパウロ州、リオ州では新型 […]