ホーム | ブラジル・グルメ(2020年) | ミナス気分で家族とゆったり=「クルトゥーラ・デ・ミナス」(Cultura de Minas Restaurante e Pizzaria)

ミナス気分で家族とゆったり=「クルトゥーラ・デ・ミナス」(Cultura de Minas Restaurante e Pizzaria)

レイトン・プルルッカ(写真は通常サイズ3人前)

 ミネイロによるこだわりの料理と団らんにぴったりな雰囲気のレストランはいかが? もちろんパーティーにも。そんな店がサンパウロ市地下鉄プラッサ・ダ・アルボレ駅から歩いてすぐの「CULTURA DE MINAS」だ。
 平日の昼から家族客がテーブルを埋め、和やかに食事を楽しんでおり、穏やかな時間が過ごせそうだ。
 薄黄色の壁に、青いギンガムチェックのテーブルクロスで統一された店内は、明るく洒落た雰囲気。19年5月開店にあわせ、ミナス風の内装に全面改装した。
 日本人もよく来るそう。中でも人気なのがフェイジョアーダ。寒い日は特に注文が多いという。暑い日にはフェイジョン・トロペイロ(52・20レアルから86・90レアル)が人気だという。

 その他の人気料理は、フェイジョン・トロペイロ、フィレ肉、ポレンタなどをまとめて味わえる『セナドール・フィルミーノ(SENADOR FIRMINO)』で1/2サイズが52レアル。通常サイズ(3人前)なら86・90レアル。子豚をじっくりとオーブンで焼いて表面をカリカリにした『レイトン・プルルッカ(LEITÃO À PURURUCA)』1/2サイズが58レアル。通常サイズ(3人前)なら97・90レアル。
 レイトン・プルルッカを実際に食べてみると、表面はカリカリ、中はジューシーで食べ応え十分。味は癖がなく塩味が効いている。添えられたライムを絞ると、風味と酸味が加わりさっぱりと食べられる。
 配達サービスもあり、5キロ圏内であれば自社バイクで配達。それより遠方の場合はifoodやuber eatsでの提供。1日40から50食の配達注文が入るとか。料理人はミナス出身者を揃え、酒類も直接仕入れている。席は180席。パーティーでの利用も受付けており、忘年会や結婚式にも良さそうだ。


 店舗情報
店名:「CULTURA DE MINAS」
住所:Rua Caramuru, 671, Saúde – São Paulo SP
電話番号:(11) 3895-4317 / 3895-4431 / 99158-5934
ホームページ:https://www.culturademinas.com.br/
定休日:月曜日
営業時間
火・水・木曜日
11時~23時

金・土・日曜日
11時~24時

image_print

こちらの記事もどうぞ