ホーム | Free | ジャパン・ハウス、30日間休館

ジャパン・ハウス、30日間休館

 サンパウロ市パウリスタ大通りにあるジャパン・ハウス(JH、マルセロ・アラウジョ館長)は、サンパウロ州政府の新型コロナウイルス(COVID―19)対策の呼びかけを受け、3月17日(火)から30日間休館とすることを決めた。
 サンパウロ市では同様に、美術館や博物館、州立移民史料館、SESCなども休館に入っている。
 JHの事務局は、「コロナウイルスに関連するニュースを考慮しつつ、今後も政府機関の方針に沿った対応を行う」とコメントしている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 白石テルマ=貧困者に無料弁当を配給支援=6千食終了、さらに1万2千食も2020年6月24日 白石テルマ=貧困者に無料弁当を配給支援=6千食終了、さらに1万2千食も  「炊き出しと聞いて住民の皆さんは『なんで?信じられない』といった様子でした」――ニッパキ紙の取材に対し、「Movimento Água no […]
  • ジャパンハウス=侘び寂びから箸の使い方まで=オンラインで日本文化発信2020年4月21日 ジャパンハウス=侘び寂びから箸の使い方まで=オンラインで日本文化発信  新型コロナウイルスの感染拡大に伴う自粛令下でも日本文化を紹介するべく、サンパウロ市のジャパン・ハウス(JH、エリック・アレシャンドレ・クルッグ館長)はオンライン上で様々な日本文化を紹介する「#JhspOnline」企画を進めている。  新たに発表された日程は以下の通 […]
  • 「メルコスルは最後の交渉相手」=外交専門家、渡邊頼純教授=ジュンケイラサンパウロ州農務局長も2020年3月25日 「メルコスルは最後の交渉相手」=外交専門家、渡邊頼純教授=ジュンケイラサンパウロ州農務局長も  「世界主要経済圏と経済協定を結んできた日本にとって、メルコスルは最後の重要な交渉相手」――在サンパウロ日本国総領事館(野口泰総領事)とブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)が主催する講演会「日本とラテンアメリカの経済協力関係」が11日夜、サンパウロ市のジャパン・ハ […]
  • 《サンパウロ市》大気汚染が51%減少=コロナでバスの本数減で2020年9月23日 《サンパウロ市》大気汚染が51%減少=コロナでバスの本数減で  エネルギー環境研究所(Iema)が22日、パンデミックのせいでバス運行本数が減ったため、サンパウロ市の二酸化炭素排出量が52%も減ったと発表したと同日付現地サイトが報じた。  国際ノーカーデーにちなんで発表されたのは、4月の平日の大気汚染の状態を、パンデミック前の2月の平日 […]
  • 東西南北2020年9月23日 東西南北  新型コロナウイルスの感染爆発の最中に評判が上がった企業のひとつに、家具や電子電気機器の小売業者マガジネ・ルイーザがある。これまでも、「外出自粛期間中の従業員解雇なし」「ネット販売の送料無料」「コロナ対策への巨額寄付」などが話題となっていたが、同社は現在、「黒人のみを対象とした […]