ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 24日の政見放送で不評を買ったボルソナロ大統領が、26日に出した暫定令(MP)で、外出自粛令(クアレンテーナ)の適用外となる「国民にとっての不可欠な行動」に「教会での集会」を加え、教会での活動継続を認めた。外出自粛令には企業家やペンテコステ系の福音派教会が強く反対しており、「祈りの力でコロナウイルスに打ち勝つ」と発言したシラス・マラファイア牧師のような人もいる。だが、「大勢の人が密集しやすい典型的な場所」として、閉鎖を望む声も強い。また、同MPではロテリアの営業も認めている。最近連発されるMPへの国民の反応を見るに、また反発を招きそうだが。 
     ◎  
 クアレンテーナに突入後、バスや電車の利用者が大幅に減っている。SPトランス社によると、サンパウロ市のバスの乗客数は70%も落ちたという。同社によると、日中の運行本数は減らさない方針だが、未明の運行本数を430本から211本に減らす意向だという。サンパウロ市地下鉄やCPTMも、乗客が65%減ったため、一部の駅で入口の数を減らしている。また、運行本数も35%減らしているという。運営側には厳しい数字だが、市民としては、運行してくれているだけでもありがたい。  
     ◎  
 サッカーの神様、ペレの弟、ゾカが25日、入院中のサントスの病院で亡くなった。77歳だった。時節柄、死因が気になるが、コロナではなく、前立腺がんだった。ゾカも偉大な兄の後を追い、サントスFCでサッカーの選手となったが、通算でわずか15試合に出場したのみ。引退後は兄の会社の運営などを担当していた。 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月6日 東西南北  ブラジルでも、トランプ大統領のコロナウイルス感染問題がニュースを独占している。しかも、ボルソナロ大統領が感染した時と違って症状がかなり重く、大統領選期間中のホワイトハウスでクラスター感染が起きたことに関して「無責任」と言われても仕方がない状況だ。トランプ氏自身も焦りがあるから […]
  • 東西南北2020年9月11日 東西南北  10日付現地紙によると、大サンパウロ都市圏に水を供給している水系の貯水量が、この1年間で21%落ちたという。昨年の9月9日現在の貯水量は1兆3464億4千万立法メートルだったが、今年の同日は1兆604億4千万立法メートルになったという。ただでさえ、乾季で雨量が減る上、今年はコ […]
  • 東西南北2020年8月26日 東西南北  25日午前、ツイッター上では「マジュ・メンチローザ」のハッシュタグが大量に上がった。それは、グローボ局の昼ニュース「ジョルナル・オージ」で「ブラジルで11万7千人が亡くなっているときにボルソナロ大統領は『コロナに勝ったブラジル』というイベントに参加していた」と報じたことをボル […]
  • 東西南北2020年8月15日 東西南北  ダッタフォーリャの最新の世論調査が発表され、ボルソナロ政権への支持率が37%に上がり、不支持率が46%から34%に下がった。前回の調査は6月20日だったが、その間に何があったかと言えば、大統領自身のコロナウイルス感染による隔離が2週間ほどあったこと。それに加えて、罷免を恐れて […]
  • 東西南北2020年3月12日 東西南北  コロナウイルスや原油価格下落による株暴落が世間の話題を独占する中、ボルソナロ大統領が行った発言が、ロイターなどを通じて世界中に打電されている。同大統領は10日、マイアミでの講演会で「コロナウイルスは報じられているほどのものではない」「マスコミが大騒ぎしているだけで、原油価格急 […]