ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 「ネット上の人気に支えられている」との印象の強いボウソナロ大統領だが、リオ連邦大学とサンパウロ社会政治財団が行った調査によると、ツイッター上で行なわれている大統領支持のコメントのうち、半分以上の55%が「ロボ」と呼ばれる自動拡散アカウントによるものだということが判明したという。大統領のネット上の支持に関しては、次男カルロス氏や三男エドァウルド氏が指示しているという疑惑が連邦議会でも問題にされており、このロボットの存在もかねてから疑われていた。様々な仕掛けの疑惑が報じられるようになってきているが、現在の大統領に対する実際の世間の声の状況をもっと知りたいところだ。 
      ◎
 ここのところツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどのSNSが、コロナウイルス関して適切でない言動を行ったとして、ボウソナロ大統領の投稿を強制削除して話題となったが、福音派の大物シラス・マラファイア牧師のツイートも、2日に全部で7つ削除されていたことがわかった。これはマラファイア氏が「リオの集中治療施設(UTI)に入院している人などいない」などの投稿を行ったためだ。こうしたことが続いてしまうと、人々の不信感は上がっていくだけでは。 
      ◎
 サンパウロ州でのクアレンテーナもはじまって2週間が経とうとしている。その間、これまでの生活パターンや商業活動が止まってしまうなど混乱も生じているが、国民の多くが世界保健機関や保健相、自治体の長の指示に忠実に動いていることが、せめてもの救いか。こうして努力を続けて、感染拡大ができるだけゆっくり進んで、医療崩壊しないことを祈りたいところだ。 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年4月17日 東西南北  新型コロナウイルス対策としての社会的隔離政策に関しては、11日にサンパウロ市でボウソナロ大統領支持派による反対デモも起こり、国際的に話題を呼んだが、ある調査によると、隔離に反対している人には「高所得者、企業家、年金生活者が目立つ」という。この調査はフォーラムという団体が行った […]
  • 東西南北2020年4月1日 東西南北  3月30日、ボウソナロ大統領は、世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長が記者会見で発言した一部の言葉のみを抜き出して、「健常者は働かなければならない」とツイッターで発言した。大統領は「ほら、WHOだって働かないといけないと言っているだろ」とし、同事務局長の「貧しい […]
  • 東西南北2020年4月3日 東西南北  労働者党(PT)と民主社会党(PSDB)は、ボウソナロ氏当選前まで、熾烈な政権争いを繰り返してきたライバル同士だが、今回のコロナ騒動で歩み寄る姿が話題になっている。それは、ドリア・サンパウロ州知事(PSDB)が軍警を工場に派遣して保健関係者のマスクを大量に獲得させた件に関し、 […]
  • 東西南北2020年3月17日 東西南北  ブラジルサッカー連盟(CBF)は15日、16日からCBF主催の大会や試合の無期限中断を発表した。声明には「現在実施中のCBF主催の全国規模の大会(ブラジル杯、女子全国選手権1部、2部、17歳以下ブラジル選手権、20歳以下ブラジル杯)の試合は再開予定日時を決めずに中断する」と書 […]
  • 東西南北2020年3月28日 東西南北  新型コロナウイルスで最も心配されているのは高齢者への感染だが、現在、ブラジルには一人暮らしをしている65歳以上の高齢者が430万人いるという。G1サイトによると、こうした高齢者は現在、家族や隣人、知人に買い物を頼むなどの工夫をし、極力、外出を避ける生活を送っているとか。取材を […]