fbpx
ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》低所得者層の電気代を免除=ネット、水道でも同様の動き

《ブラジル》低所得者層の電気代を免除=ネット、水道でも同様の動き

 【既報関連】新型コロナウイルス感染拡大による経済的打撃を和らげるため、ブラジル連邦政府は8日、低所得者層には4~6月の電気代を全額免除するという暫定令(MP)を出したと8日付現地サイトが報じた。
 連邦政府による電気代免除期間は4月1日から6月30日までで、免除対象は月々の電力消費量が220キロワット時(kWh)までの世帯だ。この措置は、8日の夜にボルソナロ大統領が行った政見放送で、既に発表されていた。
 MPは連邦官報に掲載されるとすぐに法的効力を持つが、正式な法律になるには120日以内の議会承認が必要だ。ただし、コロナ対策で即効性が求められるMPは、委員会審議を省き、16日以内に本会議で審議する。

 各電力会社への支払いは、9億レアルまでを政府が負担し、残りは動力開発勘定(CDE)から支出する。3月25日には国家動力庁(Aneel)が、国内の各電力会社に対して、電気代滞納者であっても、即時に電力供給を遮断することを禁止している。
 類似の措置は、インターネット接続や水道でも発生している。
 リオ・グランデ・ド・スル州地裁は3月31日、コロナショックで多くの国民が経済的苦境に陥っていることを考慮して、国内の主要通信会社に対し、サービス料の滞納があっても即刻の電話やネット接続サービスの打ち切りを禁止する予備判決を出した。
 サンパウロ州では知事令によって、低所得者世帯に対する水道料金徴収とサービスの供給停止が禁じられた。また、リオ州では、料金不払いによる水道、電気、ガスのサービス停止が禁じられている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]
  • 東西南北2020年10月14日 東西南北  12日の「子供の日」直前の10日、新型コロナの感染拡大で3月21日から営業を停止していたサンパウロ大都市圏の伝統的な遊園地シダーデ・ダス・クリアンサスが営業を再開した。サンパウロ大都市圏と他の5地区は外出規制が第5段階中の4番目の「緑」になり、文化施設などの営業再開が可能とな […]
  • 特別寄稿=激戦となったサンパウロ市議会選挙=55議席に候補者2千人=サンパウロ市在住  駒形 秀雄2020年10月14日 特別寄稿=激戦となったサンパウロ市議会選挙=55議席に候補者2千人=サンパウロ市在住  駒形 秀雄  11月15日投開票でブラジル各市町村の首長と議会(議員)の選挙が行われます。  4年に1度の今回の選挙は、新型コロナウィルスのパンデミック下での選挙なので、集会などの選挙運動は行われず、従来と相当異なった選挙結果が出ると思われます。  私共に身近なサンパウロ市議会 […]
  • サンパウロ市市長選=今後の鍵握る選挙放送開始=持ち時間豊富なコーヴァス=ルッソマノは逃げ切り狙い=ネットで巻き返すかボウロス2020年10月10日 サンパウロ市市長選=今後の鍵握る選挙放送開始=持ち時間豊富なコーヴァス=ルッソマノは逃げ切り狙い=ネットで巻き返すかボウロス  9日、全国で市長選の選挙放送が始まった。投票日の3日前まで毎日テレビとラジオで放送される、投票者への影響力が強い放送の開始で、選挙戦がどう変わっていくかが注目されている。9日付現地紙が報じている。  選挙放送は、9日から11月12日まで続けられる。放送が行われるのは […]
  • 《サンパウロ市市長選》テレビ討論会相次ぎ中止に=ルッソマノ候補に有利な展開に2020年10月8日 《サンパウロ市市長選》テレビ討論会相次ぎ中止に=ルッソマノ候補に有利な展開に  サンパウロ市市長選に伴う恒例のテレビ候補者討論会が続々にキャンセルされており、支持率1位のセルソ・ルッソマノ候補(共和者・RP)以外の候補者を苛立たせていると、7日付現地紙が報じている。  討論会のキャンセルは、9月28日にSBT局がコロナ禍を理由にキャンセルと発表 […]