ホーム | コラム | オーリャ! | □コロナ禍緊急日誌□

□コロナ禍緊急日誌□

 なぜか卵、フェイジョン、米などの一番基本的な食品や生鮮野菜の値段が、軒並み50~100%も値上がりしている。30個入の卵は通常10レアルで変えるが、先週、東洋街のエストラ(スーパー)で買ったら15レアルだった。ニュース番組でみたら20レアルで売っているスーパーも多いとか。にも関わらず、IPCAなどのインフレ物価指数の数値は異常に低いまま。次回のIPCA発表でもインフレ率が異常な上がり方を記録しないなら、「〃誰か〃が数字を操作している」という噂が広がりそうだ。報道によれば、値下がりを避けるために、多くの農家は出荷せずには畑で泣く泣く潰しているとの話も。日系農家は大損害を被っているに違いない。

     ◎
 22日(水)朝から、やたらと車が増えた感じだ。20日から「ドリアサンパウロ州知事が、5月11日から段階的に経済活動を解除することを決めた。近日中に正式発表する」とのニュースが流れ始めたせいもありそう。先週から大半のバールはシャッターを半分開けて、ヴィアージ(持ち帰り)を始めた。3月24日に開始された外出自粛令だが、1カ月にして先が見え始めた感じか。ただしサンパウロ州の感染増加ピークは4月末から5月と予測されており、本来なら、これからが感染抑え込みの本番のはず。本当に大丈夫?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • □コロナ禍緊急日誌□「生きているか。ブラジルは大丈夫か?」2020年5月23日 □コロナ禍緊急日誌□「生きているか。ブラジルは大丈夫か?」     ◎  最近、日本の家族、友人から「生きているか。ブラジルは大丈夫か?」というメールを連日受け取っている。感染者が世界第3位、死者は連日1千人超というニュースが日本語でも飛び交っているおかげだ。幸いなことに、編集部からは入院者も死者も出ていない。一昨年末にサンパウロ新聞 […]
  • □コロナ禍緊急日誌□臨時祝日2020年5月20日 □コロナ禍緊急日誌□臨時祝日  サンパウロ市と州の緊急コロナ対策で急きょ、20日(水)、21日(木)、25日(月)が臨時祝日になった。これらの日は編集部も休みになるので、翌日の新聞が休刊になる。臨時祝日の詳細は1面の3段記事にある通り。つまり21日(木)付、22日(金)付が休刊になる。だから次の新聞発行は2 […]
  • □コロナ禍緊急日誌□2020年4月30日 □コロナ禍緊急日誌□  昨日、日本からアマゾンの小包が届いてビックリした。中身は本が一冊。国際郵便は止まっているので、なんだろうと思ったらDHLだった。ドイツの国際輸送物流会社で「世界最大の国際輸送物流会社」とも言われる。こんなときでもちゃんと期日通りに配達するとは、さすが「世界最大」だけある。 […]
  • □コロナ禍緊急日誌□2020年4月25日 □コロナ禍緊急日誌□  23日、ブラジルでは1日のコロナ死者数が初めて400人を超えた。前日からいきなり2倍だ。普通は感染者数が2、3日で倍になれば「感染爆発」と判断されるから、死者が1日で倍なら「死者爆発」ともいえそうな恐ろしいレベルではないか。それを受けて、南米とくにブラジルが「新しい感染震央地 […]
  • 特別寄稿=コロナ拡散止まらぬブラジル=一筋縄で対処できない格差大国=サンパウロ市在住 駒形 秀雄2020年5月23日 特別寄稿=コロナ拡散止まらぬブラジル=一筋縄で対処できない格差大国=サンパウロ市在住 駒形 秀雄  日中は晴れるが朝晩寒い日が続きます。そして、世の中の動きまでこの気候に合わせた様にと言うか、あまりぱっとしない寒々の日々がつづきます。  その中で、ずっと後の方を走っていたブラジルがフランス、イギリスなどの先進国を次々に抜きさり、「アメリカ、ロシアの大国に次いで堂々 […]