ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 コロナウイルス対策のために、サンパウロ州では7日から外出時のマスク着用が義務になり、「こんなに規則を守る人々だったか?!」とおどろくほど街ゆく人々が徹底して着けている。そんな中、リベルダーデ区ガルボン・ブエノ街では、先週より道端でマスクを売っているカメロー(露天商)が増えた。マスク着用が義務となり、マスク需要が高まると踏み込んでの販売のよう。サンパウロ市ではけっこう手作り風マスクを着けている人も多い。一時期のように「マスク不足」と大騒ぎすることはなくなり、むしろ今ではダブつき気味かも。

    ◎
 ニッケイ新聞から郵送されている購読料請求のボレット・バンカーリョ(銀行振り込み証)について問い合わせがあった。以前の請求者名は「Editora Jornalistica Uniao Nikkei.Ltda.」だったが、次の事情により「NIKKEY NIPPAK COBRANÇAS EIRELI」に変わっている。加えて、購読料などの振込先口座名の名義もこれに変わっている。本紙が発行しているのは「ニッケイ新聞」だけではなく、ポルトガル語姉妹紙「Jornal Nippak」もあるため、2紙の名前を組み合わせたものに変えた。怪しい詐欺ボレットが送られてくることもある困ったご時世だが、「NIKKEY NIPPAK COBRANÇAS EIRELI」は大丈夫なのでご安心を。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • □コロナ禍緊急日誌□「生きているか。ブラジルは大丈夫か?」2020年5月23日 □コロナ禍緊急日誌□「生きているか。ブラジルは大丈夫か?」     ◎  最近、日本の家族、友人から「生きているか。ブラジルは大丈夫か?」というメールを連日受け取っている。感染者が世界第3位、死者は連日1千人超というニュースが日本語でも飛び交っているおかげだ。幸いなことに、編集部からは入院者も死者も出ていない。一昨年末にサンパウロ新聞 […]
  • 特別寄稿=新型コロナ騒動とアマゾン移民史=往時のマラリア禍の心情を今に懐う=パラー州ベレン市在住 堤剛太2020年5月13日 特別寄稿=新型コロナ騒動とアマゾン移民史=往時のマラリア禍の心情を今に懐う=パラー州ベレン市在住 堤剛太  現在、パラー州では外出自粛処置が取られすでに3カか月目に入っている。私の住むベレン市では、病院施設がすでにパンク状態と発表され、4月下旬からはマスク無しでの外出は禁止になりまた。4月27日からは罰金を伴う営業活動の停止処置も取られ、5月7日からはベレン市を含めた10市 […]
  • 特別寄稿=もうじき1日の死者1千人台か=どっちへ行くのか、我らのブラジル=サンパウロ市在住  駒形 秀雄2020年5月14日 特別寄稿=もうじき1日の死者1千人台か=どっちへ行くのか、我らのブラジル=サンパウロ市在住  駒形 秀雄  毎日青い空が見えて気温も快適、例年ならば「良い陽気になりましたね」と挨拶するところですが、今年はいけません。コロナウイルスのお蔭で一般庶民は「家庭内蟄居」です。  ニッケイ新聞も配送が始まり、これでQUARENTENA自粛も終わりかと思っていたら、何が何が、商店閉鎖 […]
  • □コロナ禍緊急日誌□2020年4月30日 □コロナ禍緊急日誌□  昨日、日本からアマゾンの小包が届いてビックリした。中身は本が一冊。国際郵便は止まっているので、なんだろうと思ったらDHLだった。ドイツの国際輸送物流会社で「世界最大の国際輸送物流会社」とも言われる。こんなときでもちゃんと期日通りに配達するとは、さすが「世界最大」だけある。 […]
  • ■訃報■オイスカ・ブラジル総局ゼネラルマネージャー 高木オズワルドさん2020年4月25日 ■訃報■オイスカ・ブラジル総局ゼネラルマネージャー 高木オズワルドさん  オイスカ・ブラジル総局のゼネラルマネージャー、高木大和オズワルドさんが23日深夜、サンパウロ市のサンタマジオリ病院で心臓麻痺により亡くなった。2年前に心臓発作を起こして以来、入退院を繰り返していた。享年72。ニッケイ新聞の高木ラウル社長の実弟。  24日午前、親族だ […]