ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市長「現状続くなら、都市封鎖は不可避」

サンパウロ市長「現状続くなら、都市封鎖は不可避」

 【既報関連】11日からサンパウロ市で始まった、ナンバープレートの末尾番号による乗り入れ規制(ロディージオ)が期待していたほどの効果を挙げていないと13日付現地紙、サイトが報じた。
 11日から始まったロディージオでは、ナンバープレートの末尾番号が奇数なら奇数の日、偶数なら偶数の日にしか乗り入れできない。しかも、市内全域で終日にわたって実施される。
 従来以上に厳しいロディージオは、隔離率を50%以上に改善し、コロナウイルスの感染拡大を抑制するために採られた方策だが、11日の隔離率は49%、火曜日は48・4%で、それに先立つ2週間の平日の隔離率よりは若干高い程度にとどまった。
 また、市民や専門家は新たなロディージオ開始で地下鉄やバスの利用者が増え、感染拡大の危険性がかえって高まったと感じている。

 ブルーノ・コーヴァス市長は12日、隔離率が改善しなければ、都市封鎖(ロックダウン)を行う事も辞さないとの意向を表明。この発言はグローボ局のインタビューに応えたものだ。同市長は、サンパウロ市は周辺の自治体から働きに来る人なども多いため、都市封鎖を実行する時は、周辺の市との連携が不可欠との考えも示している。
 サンパウロ市では、8~10日だけで1033人の感染が確認された。同市ではまだ、1人の感染者から感染する人の数が1を下回らず、感染拡大傾向が続いている。カンピーナス大学の研究によると、5月10日までの30日間の推移から行けば、サンパウロ市では6月末までに5万3500人が新たに感染する見込みだという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年2月18日 東西南北  2月上旬は2週連続で新型コロナの感染者数が減っていたサンパウロ州。ところが、内陸部のアララクアラ市は変異株の市中感染確認で、15日から同州初のロックダウンに入った上、サンパウロ市やカンピーナス市でも変異株や市中感染を確認し、苦しい事態になっている。アララクアラではロックダウン […]
  • 東西南北2021年1月30日 東西南北  今日30日午後5時から、リオ市マラカナンでサッカーのリベルタドーレス杯の決勝戦、パルメイラス対サントス戦が行われる。この2チームはオールド・ファンにはおなじみの老舗中の老舗チームだ。1960年代のサントスにはペレが在籍し、黄金時代を築いたが、その時代はパルメイラスの黄金期でも […]
  • 《ブラジル》ボルソナロ「本音では助成金欲しいんだろ」工場閉鎖のフォードにあてつけ=業界「ブラジル・コストが問題」と反発=無策ぶり批判する声も2021年1月15日 《ブラジル》ボルソナロ「本音では助成金欲しいんだろ」工場閉鎖のフォードにあてつけ=業界「ブラジル・コストが問題」と反発=無策ぶり批判する声も  ボルソナロ大統領は12日、米国の自動車大手フォードがブラジルで生産終了すると発表したことについて訊かれ、「彼らは隠しているが、本当は助成金が欲しかったんだ(Faltou a Ford dizer a verdade, né? Querem […]
  • 東西南北2020年12月22日 東西南北  グローボ局のノヴェーラで「おばあちゃん女優」として有名なニセッテ・ブルーノが20日、リオ市南部の病院の集中治療室でコロナウイルス感染症により亡くなった。87歳だった。1933年生まれのニセッテは20代だった50年代に夫と共に劇団を旗揚げし、テレビ草創期のノヴェーラでも活躍。グ […]
  • 《ブラジル》激しさ増すワクチン争奪戦=コロナバック込みで2月接種開始2020年12月18日 《ブラジル》激しさ増すワクチン争奪戦=コロナバック込みで2月接種開始  英国や米国、カナダが予防接種ワクチンの緊急使用を始め、富裕国がワクチンを買い占めたという報道も出る中、保健省は中国シノバック社とサンパウロ市ブタンタン研究所が共同生産するコロナバックも計画に取り込んだ。また、初期段階ではオズワルド・クルス財団(Fiocruz)とブタン […]