ホーム | 連載 | 2020年 | 新日系コミュニティ構築の鍵を歴史に探る=傑物・下元健吉=その志、気骨、創造心、度胸、闘志=ジャーナリスト 外山脩 | 新日系コミュニティ構築の“鍵”を歴史の中に探る=傑物・下元健吉(28)=その志、気骨、創造心、度胸、闘志…=外山 脩

新日系コミュニティ構築の“鍵”を歴史の中に探る=傑物・下元健吉(28)=その志、気骨、創造心、度胸、闘志…=外山 脩

1952年4月18日、州農務長官のテープカットで、組合創立25周年の記念式典と農産展が盛大に催された(『コチア産業組合中央会60年の歩み』より)

1952年4月18日、州農務長官のテープカットで、組合創立25周年の記念式典と農産展が盛大に催された(『コチア産業組合中央会60年の歩み』より)

波頭の上に…

 1955年のコチア青年の導入開始後、組合員の出荷総量は伸び続けた。下元の目論見は当たったのである。
 1957年4月、コチア産組は創立30周年を記念して――ジャグアレー区に入手した土地で――農業展覧会を開催した。農業関係の機械類、生産物、同加工品、写真、農村生活の模型品を展示した。
 生け花まであった。生け花は、コチアの組合員は土まみれになって働くだけでなく、こういう文化も家庭に取り入れています――という宣伝であった。
 絶好の秋日和の下、5日間で35万人の市民が入場した。農務大臣、第二軍司令官、州知事、州農務長官そして駐伯日本大使の姿もあった。下元健吉、一世一代の晴れ舞台だった。
 絶頂期の、その波頭の上に立っていた。
 郷里の高知県の山村で過ごした少年時代、胸に育んだ「身を立て名を上げ…」の夢を遂に実現したのである。神戸の港を船出してから43年が過ぎ、59歳になっていた。
 コチアの組合員は5千人台、所在地は4州(サンパウロ、リオ、パラナ、ミナス)に広がり、事業所は40数カ所、職員は1800人という数になっていた。
 事業は販売、購買、信用、利用の4部門によって推進されていた。
 販売部門はバタタ、鶏卵、トマトが主で、サンパウロ市場への総入荷量中、コチアの占めるシェアはバタタは25%、鶏卵30%、トマト25%という高率さであった。トマト以外の蔬菜、果実、雑穀なども扱っていた。
 その販売のため、サンパウロ以外にも各地に多数の出張所、販売ポストを所有していた。
 さらにバナナ、茶、ラミー、薄荷油を欧州、中南米に輸出中だった。
 購買部門は肥料、飼料、農薬など営農資材と生活用品を、組合員に供給していた。
 信用部門は組合員から各種預金を預かり、組合員に融資していた。
 利用部門というのは一寸判りにくいが、例えば医療部がそれである。この頃、診療所以外に、医師や看護婦が車で地方を巡回するサービスも実施中だった。ほかに輸送、修理、工務、木工鍛冶、品質検査、農事試験などの部門もあった。
 コチアの事業規模は、産組としては無論ブラジル一であり、ラ米一と観る説もあった。
 組合員の家族の総数は4万人を超していた。その総てではないが、大半がコチア人意識を持ち、日々の暮らしの多くを、組合の傘下で営んでいた。
 かつて下元が唱えた「産業、経済、教育、衛生、その他百般の事業を産組が統轄、経営…」とまでは未だ行っていなかったが、そのかなりの部分が実現し、「コチア」という名の新社会が存在した。
 ブラジルの農業界から荘園式ファゼンダは姿を消し、そのファゼンダで奴隷に近い生活をしていた移民が、ここまで来たのである。他の産組も、規模、事業内容は別として、コチアの後に続いていた。
 農業界の大改革、革命が実現しつつあった。下元健吉は、その先頭を走り続けていた。(つづく)

image_print

こちらの記事もどうぞ