ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》コロナ禍=「肺がやられて話せない!」=入院後、24時間未満で死亡

《ブラジル》コロナ禍=「肺がやられて話せない!」=入院後、24時間未満で死亡

在りし日のルイス氏(27日付G1サイトの記事の一部)

 新型コロナウイルスに感染しても無症状の人や軽症で済む人が多いが、コロナ感染症が急速に進み、入院から24時間経たずに死亡する例もある。
 サンパウロ州ソロカバ市に住んでいたルイス・リカルド・デウフィノ氏(27)は、15日未明に体調不調を訴え、兄弟の一人のカリーナ・アパレシーダ氏にワッツアップで連絡をとった。
 最初は、「父さんが電話をかけてきたが、話せなかった。父さんに、話せる状態ではなかったんだと伝えてくれ。入院する事になると思う」と書いており、「なんで入院する事になると思うの」との問いには、「肺が機能していない」という表現で呼吸困難を起こしている事を伝えた。
 カリーナ氏は同日午後5時過ぎに連絡をとり、(ソロカバ市の隣の)ポルト・フェリース市に転院できそうだと知らせたが、ルイス氏は夜9時過ぎに「アレルギー性の咳が出て、話が出来ない」「薬を飲んで、話せそうだったら電話する」と書き送った後、16日未明に亡くなった。
 カリーナ氏によると、ルイス氏は2年前結婚したが、子供はおらず、いつも、妻や両親、甥達に気を配っていたという。友人も多く、皆に好かれていたが、どのようにしてコロナウイルスに感染したかはわかっていないという。
 ルイス氏は飲料類を売り歩いていたが、外出時にはマスクを着用し、アルコールでの消毒も怠らなかったという。
 ただ、亡くなる1週間前に雨に打たれ、風邪をひいていた上、糖尿病、高血圧、肥満といった問題があったため、コロナウイルスに感染した後、急速に症状が進んだと見られている。

 カリーナ氏によると、15日は心筋梗塞を起こして亡くなった母親を埋葬せねばならなかったため、入院していたルイス氏とは午後にしか連絡が取れなかったという。
ルイス氏が体調不調を訴えて入院してから亡くなるまでは24時間経っておらず、余りにも急な夫の死にショックを受けた妻は病院に運ばれた。検査の結果、妻は感染していない事が確認された。彼女の容体は安定しているという。
 なお、ルイス氏の遺体は、ソロカバ市のサントアントニオ墓地に葬られたが、コロナ感染が確認されたため、通夜は行わずに埋葬された。(27日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月10日 東西南北  今度の月曜日の12日は、ブラジルの守護神「ノッサ・セニョーラ・ダ・アパレシーダ」の祝日となる。毎年、サンパウロ州アパレシーダの聖堂は女神像を拝みに行く人で溢れかえる。だが今年は、コロナ禍があるので行くのを控える人も少なくなさそう。だが、カトリック信者にとっては大事な日であり、 […]
  • 東西南北2020年9月9日 東西南北  5日から続いた3連休。予想されていたとはいえ、3日とも天候が良かったところが多かったことで、海岸は全国的に大勢の人でにぎわった。それだけでなく、バーやレストラン、公園でも、人が多く見られた。サンパウロ市などでは5月に、祝日前倒しの「フェリアドン」を導入し、「休みを生かして外に […]
  • 東西南北2020年8月13日 東西南北  ボルソナロ大統領の一族からはじめてコロナウイルスによる死者が出た。亡くなったのはミシェレ夫人の祖母マリア・アパレシーダ・フィルモ・ペレイラさん(80)。7月1日から連邦直轄区セイランジアの地域病院の集中治療室に入院していた。予断を許さない状況が続く中、2度ほど容態の好転も報じ […]
  • 《ブラジル》貿易収支=3週間で32億ドルの黒字=輸入減で品不足に悩む業界も2020年10月20日 《ブラジル》貿易収支=3週間で32億ドルの黒字=輸入減で品不足に悩む業界も  経済省が19日、10月第3週までの貿易収支は32・63億ドルの黒字だと発表した。  10月に入ってからの3週間の貿易額は、輸出が97・61億ドル、輸入64・99億ドルだ。経済省によると、第3週だけで6・82億ドルの黒字が出たという。  営業日1日あたりの貿易額は、 […]
  • 《ブラジル》コロナワクチン義務化めぐり意見対立=サンパウロ州知事牽制するボルソナロ2020年10月20日 《ブラジル》コロナワクチン義務化めぐり意見対立=サンパウロ州知事牽制するボルソナロ  新型コロナウイルスに対するワクチン接種をめぐり、ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事とボルソナロ大統領とが、「義務化するか否か」について、全く異なる主張をし合っていると、19日付現地サイトが報じている。  事の発端は16日、ドリア知事がコロナのワクチンに関して「医者に処方禁止 […]