ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》コロナ禍=「肺がやられて話せない!」=入院後、24時間未満で死亡

《ブラジル》コロナ禍=「肺がやられて話せない!」=入院後、24時間未満で死亡

在りし日のルイス氏(27日付G1サイトの記事の一部)

 新型コロナウイルスに感染しても無症状の人や軽症で済む人が多いが、コロナ感染症が急速に進み、入院から24時間経たずに死亡する例もある。
 サンパウロ州ソロカバ市に住んでいたルイス・リカルド・デウフィノ氏(27)は、15日未明に体調不調を訴え、兄弟の一人のカリーナ・アパレシーダ氏にワッツアップで連絡をとった。
 最初は、「父さんが電話をかけてきたが、話せなかった。父さんに、話せる状態ではなかったんだと伝えてくれ。入院する事になると思う」と書いており、「なんで入院する事になると思うの」との問いには、「肺が機能していない」という表現で呼吸困難を起こしている事を伝えた。
 カリーナ氏は同日午後5時過ぎに連絡をとり、(ソロカバ市の隣の)ポルト・フェリース市に転院できそうだと知らせたが、ルイス氏は夜9時過ぎに「アレルギー性の咳が出て、話が出来ない」「薬を飲んで、話せそうだったら電話する」と書き送った後、16日未明に亡くなった。
 カリーナ氏によると、ルイス氏は2年前結婚したが、子供はおらず、いつも、妻や両親、甥達に気を配っていたという。友人も多く、皆に好かれていたが、どのようにしてコロナウイルスに感染したかはわかっていないという。
 ルイス氏は飲料類を売り歩いていたが、外出時にはマスクを着用し、アルコールでの消毒も怠らなかったという。
 ただ、亡くなる1週間前に雨に打たれ、風邪をひいていた上、糖尿病、高血圧、肥満といった問題があったため、コロナウイルスに感染した後、急速に症状が進んだと見られている。

 カリーナ氏によると、15日は心筋梗塞を起こして亡くなった母親を埋葬せねばならなかったため、入院していたルイス氏とは午後にしか連絡が取れなかったという。
ルイス氏が体調不調を訴えて入院してから亡くなるまでは24時間経っておらず、余りにも急な夫の死にショックを受けた妻は病院に運ばれた。検査の結果、妻は感染していない事が確認された。彼女の容体は安定しているという。
 なお、ルイス氏の遺体は、ソロカバ市のサントアントニオ墓地に葬られたが、コロナ感染が確認されたため、通夜は行わずに埋葬された。(27日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》教師が子供用マスクを制作=子供達も楽しみ、率先して使用2020年6月9日 《ブラジル》教師が子供用マスクを制作=子供達も楽しみ、率先して使用  新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、全国でマスク着用の義務化が進んでいるが、ブラジリアのある連邦直轄区でもマスクが義務化された事を受け、公立校の教師が子供用に顔全体を覆うタイプのマスク(フェイスシールド)を作成したところ、好評で、子供達も率先して使用している。  親 […]
  • 《ブラジル》一足早いクリスマスプレゼント=消防士の日に路上生活者の夕食会2019年12月17日 《ブラジル》一足早いクリスマスプレゼント=消防士の日に路上生活者の夕食会  クリスマス(ナタール)が近づき、歳末商戦や恒例行事などの報道が続いているが、この時期ならでは暖かい心の触れ合いを報じるニュースも伝わってきている。  その一つは、サンパウロ州サンカルロス市の消防士達が、8歳のカウエ君の要望に応えた話だ。  カウエ君は小さい頃から消 […]
  • 《サンパウロ州》ドニゼッティ司祭が福者に 少年の足を手術をせずに直す奇跡起こす2019年4月10日 《サンパウロ州》ドニゼッティ司祭が福者に 少年の足を手術をせずに直す奇跡起こす  6日、ローマ法王は、サンパウロ州タンバウーの聖職者だったドニゼッティ・タヴァレス・デ・リマ司祭(1882年~1961年)を、福者に認定した。  この知らせは7日、タンバウーのノッサ・セニョーラ・アパレシーダ聖堂で行われたミサで公にされた。  ドニゼッティ司祭を福者 […]
  • 餅つき祭りで紅白餅2万袋配布=お雑煮3千杯に長蛇の列2020年1月4日 餅つき祭りで紅白餅2万袋配布=お雑煮3千杯に長蛇の列  「お雑煮が美味しかった。デカセギに行っていた頃のお正月を思い出したよ」―今年初めて餅つき祭りに来場したという目黒三男さん(80、二世)は、そう言いながら久々の日本の味に舌鼓をうった。  大晦日恒例、リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)主催の […]
  • 佛心寺創立・曹洞宗南米布教総監部開設60周年祝う!=日欧米州から大挙慶祝来伯2019年12月10日 佛心寺創立・曹洞宗南米布教総監部開設60周年祝う!=日欧米州から大挙慶祝来伯  曹洞宗両大本山南米別院佛心寺(采川道昭住職)は、同寺の創立及び南アメリカ国際布教総監部開設60周年を迎え、記念行事を11月22~24日、サンパウロ市リベルダーデ区の同寺で執り行った。日本、フランス、アルゼンチン、コロンビア、パラグアイなどから60人以上の僧侶が来伯し、 […]