fbpx
ホーム | コラム | 樹海 | 同一基準で動ける容易さと、違いを乗り越える努力

同一基準で動ける容易さと、違いを乗り越える努力

「民主主義と命を守るため」との横断幕を掲げたサンパウロ市でのデモ(7日、Guilherme Gandolfi)

「民主主義と命を守るため」との横断幕を掲げたサンパウロ市でのデモ(7日、Guilherme Gandolfi)

 コロナウイルスの感染拡大で在宅勤務が始まって以来、コンピューター(CPU)やソフトが違うと作業手順などが全然違うと実感している。
 ソフトの差による手順増は会社でもあったが、在宅だと各自のCPUで作業するため、手順の差が大きくなる。自分のCPU(ノートブック)で作った文書を在宅作業用に用意されたプログラムに載せ、会社のCPUで開くと、別のソフトで作成した文書としてしか開けないため、会社で仕事をする必要がある時はペンドライブを持ち歩く。
 通勤時間が不要だから能率が上がるという人もいるが、コラム子の場合は在宅の方が手間や時間がかかる。思いがけない出来事に情報を確認したくて、真夜中までCPUの前に座りっぱなしとなる時もある。だが、新聞を出すという目的があるから、違いによる手順増などは乗り越えられる。
 在宅中は、コロナ禍で苦しむ人達への基礎食料品セット配布や求人窓口開設という話にホッとする一方で、外出自粛を無視して繰り返されるデモなどで、違いを主張し、他者を攻撃する姿を見て、胸が痛む事も多い。

 軍政後にせっかく獲得した民主主義社会において、軍介入を求めて最高裁や議会の閉鎖を訴えたデモには特に驚いた。最近は民主主義擁護や反差別のデモが増えたが、表現の自由と暴言を混同しているかの発言に愕然とした時もあった。
 同じ視点、土台を持つ人だけなら話は簡単だ。同じオペレーションシステムで動いているコンピューターという機械でさえ、機種やソフトが変われば作業手順が変わる。まして、人間という不安定な感情の動物が動かしている民主主義社会では、同じ「民主主義」だと思っていても各自の考えは違って当然だし、違いがあるからこそ多様性が生まれる。
 より良い社会の建設には、互いの差を認め、乗り越える努力が不可欠だ。それが国や世界となればなおの事、リーダーの度量や責任が問われる。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》今年も7州に軍を派遣=選挙時の安全確保のため2020年10月29日 《ブラジル》今年も7州に軍を派遣=選挙時の安全確保のため  選挙高等裁判所(TSE)が27日、統一地方選のため、アマゾナス、パラー、マラニョン、マット・グロッソ・ド・スル、リオ・グランデ・ド・ノルテ、アクレ、トカンチンスの7州に軍を派遣する事を承認した。  軍派遣は、選挙地域裁判所(TRE)からの要請を受けて決まった。派遣先 […]
  • 《サンパウロ州》Republicanos党に疑惑発覚=市公職のウニベルサル独占許す=二つの市では犯罪組織と蜜月も=大統領の息子2人が所属2020年10月29日 《サンパウロ州》Republicanos党に疑惑発覚=市公職のウニベルサル独占許す=二つの市では犯罪組織と蜜月も=大統領の息子2人が所属  サンパウロ市市長選に出馬しているセルソ・ルッソマノ氏の所属政党・共和者(Republicanos、RP)のサンパウロ州支部が、ウニベルサル教会によるサンパウロ市公職の私物化を行った上、サンパウロ市近郊のアルジャー市、エンブー市では国内最大規模の犯罪集団、州都第一コマン […]
  • 《ブラジル》選挙に熱中しすぎてコロナ感染拡大?=キャンペーンを中止した市も2020年10月29日 《ブラジル》選挙に熱中しすぎてコロナ感染拡大?=キャンペーンを中止した市も  統一地方選投票日まで2週間余りとなり、候補達の動きも活発になっている。だがキャンペーンによる人混みで密集、密着が起きたのか、新型コロナウイルスの感染者や死者の増加が起きている州や市が増え、選挙キャンペーンの中止命令が出たりしている。  28日付G1サイトが報じたのは […]
  • 《ブラジル》あのアエシオ下議が久々に登場=コロナワクチン義務化の提案2020年10月29日 《ブラジル》あのアエシオ下議が久々に登場=コロナワクチン義務化の提案  アエシオ・ネーヴェス下院議員(民主社会党・PSDB)が、コロナワクチンの接種を拒む人に罰則を科す法案を準備していると、28日付現地紙が報じている。  「法案5040/2020」と題された法案は、選挙の投票日に投票できない(できなかった)理由を申告させるのと同じように、よほど […]
  • 新型コロナの抗体は長持ちしない?2020年10月29日 新型コロナの抗体は長持ちしない?  新型コロナのワクチン購入問題で政治的な対立も起きる中、英国の研究機関二つが新型コロナの抗体の継続期間に関する研究結果を発表した。  インペリアルカレッジが6~9月に36万5千人を対象に行った調査によると、抗体保有者の割合は6%から4・4%にと26・5%減少。他のコロ […]