ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サルバドール市長》来年のカーニバル中止も=「ワクチン未完なら」と示唆

《サルバドール市長》来年のカーニバル中止も=「ワクチン未完なら」と示唆

今年のサルバドールのカーニバルの様子(Foto: Eloi Correa/GOVBA) バイア州サルバドールのACMネット市長(民主党・DEM)は13日、新型コロナウイルスの影響により、「来年2月のカーニバルを見合わせる可能性がある」と言及した。13日付現地サイトが報じている。
 ACMネット市長は13日の午前に行われた、新高架道の開通記念の記者会見で、「もし11月までにコロナウイルスのワクチンが完成しない場合は、安全性を保証できないので、カーニバルを見合わせる可能性がある」と発言した。
 これまで、州知事や市長から来年のカーニバルに関して、中止を考慮に入れた具体的な発言は行われてこなかった。

 同市長によると「北東部の我々にとってみれば6月祭(フェスタ・ジュニーナ)を開催しないというのは大問題だったが、やらなかった。それはカーニバルに関しても同様だ」との見解を説明した。同市長は大晦日の記念行事(ヴィラーダ)に関しても同様の見方を示した。
 カーニバルの開催権限は、市に委ねられている。ACMネット氏は「サンパウロ市やリオ市の市長たちと話し合って開催について話し合うこともありえる」としている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日系代表団体の年頭あいさつ2008年1月1日 日系代表団体の年頭あいさつ ニッケイ新聞 2008年1月1日付け 日本祭りで交流をブラジル日本都道府県人会連合会会長 松尾治  謹んで新年のお慶び申し上げます。 旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 海外最大の日系人集団地であるブラジルの皆さんに、ニッケイ新聞を通じ年頭のご […]
  • 《ブラジル》殺人で指名手配中の男を逮捕=女装でパレード中、機械が判別2019年3月7日 《ブラジル》殺人で指名手配中の男を逮捕=女装でパレード中、機械が判別  バイア州サルバドール市で5日、女装してカーニバルのパレードに参加していた殺人容疑者が逮捕された。  逮捕されたマルコス・ヴィニシウス・デ・ジェズス・ネリ容疑者は、マルキラナスと呼ばれるトラヴェスチ(女装男性)のブロッコ(サンバ集団)に参加していたが、バラ・オンジナと […]
  • 《ブラジル》外出自粛の中で誕生日を祝う=子や孫がマスクを着けて電撃訪問2020年4月15日 《ブラジル》外出自粛の中で誕生日を祝う=子や孫がマスクを着けて電撃訪問  【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するために外出自粛令が出、家族や親戚、友人、知人と会う事もままならなくなっているが、何とかして相手への愛情を伝えようとしている人達がいる。  12日に80歳の誕生日を迎えたマリア・デ・ルルデスさんとその家族の話はその一例 […]
  • 《ブラジル》モラエス・モレイラ急死=伝説のバンド、ノーヴォス・バイアーノスのリーダー2020年4月14日 《ブラジル》モラエス・モレイラ急死=伝説のバンド、ノーヴォス・バイアーノスのリーダー  ブラジル音楽界を代表するミュージシャンの一人で、バンド、ノーヴォス・バイアーノスのリーダー、モラエス・モレイラが13日、心不全によって死去した。72歳だった。  モレイラが亡くなったのは13日の午前6時頃と考えられている。彼はリオ市ガヴェア地区にある自宅でひとり暮ら […]
  • 《ブラジル》レシフェ=クルーズ船でコロナ感染者?=新たな対応策が迫られる2020年3月14日 《ブラジル》レシフェ=クルーズ船でコロナ感染者?=新たな対応策が迫られる  ペルナンブコ州保健局が13日、12日にレシフェ港に着いたクルーズ船の乗客が新型コロナウイルス感染症らしき症状を呈したため、乗客乗員計609人が船ごと隔離状態に置かれたと発表したと13日付現地紙、サイトが報じた。  件の乗客は78歳のカナダ人男性で、心筋梗塞の可能性が […]