ホーム | 文芸 | 連載小説 | 中島宏著『クリスト・レイ』 | 中島宏著『クリスト・レイ』第15話

中島宏著『クリスト・レイ』第15話

 まだ、挫折というものを本格的に経験したことのないこの若者には、そのことがごく自然な形で信じられたのであろう。それだけに、彼は常に努力を怠らなかった。そこがアヤも言う、集中力のすごさに繋がるのかもしれなかったが、そうなるとこれは、持って生まれた才能とも呼ぶべきものなのであろう。
いずれにしても、このような状況になるとは、マルコス自身も考えていなかったし、彼を最初から教えてきたアヤも、まさかここまでこのブラジル人の青年が伸びるとは想像もしていなかった。教科書だけでは間に合わないという感じになってきたので、アヤは日本から持ってきていた様々な本をマルコスに貸し与えて、さらに勉強させた。
それまでの教科書に比べるとそれらはもっと範囲が広く、様々な話題が掲載されていて面白かったが、その分、内容も複雑になり、さらなる日本語力を強いられるということになっていった。難しさのレベルも上がって行ったが、マルコスにとってそれは、新たな挑戦でもあった。
それによって彼の日本語の学力も一段と伸びていく結果になったのだが、それは誰にでも出来るというものではなかった。そこに彼の能力の特殊性があったと言っていい。
もし、あのエンリッケが冗談半分にしろ、マルコスを誘っていなかったら、おそらく彼がその生涯において日本語を話すというようなことはなかったであろう。
人間の邂逅とか運命というものは、どこでどう繋がっていくのかまったく予期できないものである。自分で希望して、その目的に向かって自らが動いたのではなく、それは偶然のような形で向こうからやって来たようなものであった。
もっとも、彼が興味を示して勉強を始めてからは、そこに明快な意志と目標が生まれていったのは間違いないことではあったが。とにかく、ほんのちょっとした、言ってみれば、遊びのようなきっかけから、それまではまったくの未知であった世界にマルコスが入り込んでいったのは、あるいは偶然のいたずらということであったのかもしれない。
イタリア系のブラジル人の青年が、その存在すらよく知られていないような片田舎で、流暢な日本語を話すようになるなどということは、普通、常識ではあり得ないであろう。
それが実現したというところに、ブラジルという、移民で成り立った国の面白さがあり、得体の知れないような、不思議な可能性を秘めた国のユニークさがあるといえそうである。  日本で生まれたサクラの花が、ブラジルに来て、イッペーの花に転化されてしまうことも、こういう世界では起こり得ることなのである。 クリスト レイ 教会  日本語学校へ通いながらも、マルコスはそこに隣り合わせのようにして建ちつつある立派な教会のことを忘れることはなかった。ただ、日本語の方に自分でも思わぬほどに傾注していったために、しばらくはこの教会のことも忘れがちになっていた。
が、無視していたわけではない。無視するには、この教会はあまりにも目立ち過ぎた。
場所がこのように奥まった所に、隠れるようにして建っているから、この近辺のブラジル人たちは、ほとんど誰もその存在を知らないが、もしこれが、たとえばリンスのような中規模ほどの町の中心地に建ててあったとしたら、まず、大きな注目を浴びることは間違いない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 武本文学賞が最後の募集=「日系文学」59号刊行2018年8月14日 武本文学賞が最後の募集=「日系文学」59号刊行  『ブラジル日系文学』第59号(発行者=武本憲二、編集者=中田みちよ)が7月に発行された。今号巻頭記事はブラジル特報編集長の岸和田仁さんによるブラジル人映画監督ネルソン・ペレイラ・ドスサントスさんの追悼記事「日本酒をこよなく愛した「ブラジル映画の父」を偲ぶ」。  巻末 […]
  • 68歳女性18日に死亡=サントス港の火災が原因で2016年1月20日 68歳女性18日に死亡=サントス港の火災が原因で  【既報関連】サンパウロ州海岸部グアルジャー市で14日に起きた、サントス港の貨物集積所での薬品コンテナの火災事故で犠牲者が出たと19日付G1サイトが報じた。 亡くなったのは、グアルジャー市ヴィセンテ・デ・カルヴァーリョ地区住民のレイア・マガリャンエスさん(68)だ。レイアさんは […]
  • 西式健康相談、2日2017年3月31日 西式健康相談、2日  西式健康法ブラジル支部による「健康相談会」が、2日午前9時から同支部(Rua Martiniano de Carvalho, 959, Bela […]
  • コラム オーリャ!2006年7月11日 コラム オーリャ!  やっとワールドカップが終わった日曜日。イタリア系が多く集うサンパウロ市内のベシーガ区に足を運んでみた。 […]
  • ウバツーバ日伯協会=震災義捐金2万レを文協に=4月慈善昼食会の浄財2011年7月27日 ウバツーバ日伯協会=震災義捐金2万レを文協に=4月慈善昼食会の浄財 ニッケイ新聞 2011年7月27日付け  ウバツーバ日伯協会(浅井ネルソン会長)は、4月10日に同市で開催した慈善昼食会「連帯のアルモッソ」の売上金2万412・80レアルを20日、東日本大震災義捐金として文協に寄託した。 […]