ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 23日付アゴラ紙によると、新型コロナウイルスの影響はサンパウロ市のレストランの勢力地図にも影響を与えているという。それまで圧倒的に強かった、商業地区でのレストランの売上が激減しているという。たとえば西部の富裕地区でレストラン街としても知られるイタイン・ビビでは85%も売上が落ちた。これは単に「店が開いてなかった」ことだけを意味するものでなく、人々が出前を頼む際に近所の店を選ぶようになったためだという。対照的に60%も増えた東部ジャルジム・ペリペリ、39%増えた東部アルトゥール・アルヴィンのようなところもある。外出自粛規制の緩和で変わるだろうが、飲食業者は地元客をもっと大事にしたほうがよさそうだ。
     ◎
 22日に行われたサッカーのサンパウロ州選手権、「伝統の一戦」となったイタケロン・スタジアムでの対パルメイラス戦で、コリンチャンスはジルのあげた得点を守りきって1ー0でものにした。今回の選手権で不調のコリンチャンスは、この試合の勝利でもグループD3位と脱落の危機が続き、決勝トーナメント進出は1位ブラガンチーノ、2位グアラニーの今後の成績次第。26日のグループリーグ最終戦での逆転に期待したいところ。
     ◎
 22日、連邦貯蓄銀行の大型宝くじ「メガセナ」の当選者が発表され、1等の約2800万レアルをサンパウロ州アチバイアの人物が1人で引き当てた。アチバイアといえばルーラ元大統領の疑惑の別荘や、逃走中だったファブリシオ・ケイロス容疑者が身を隠していた場所として有名になったところ。「また不正発生か?」との冗談も飛び交っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年11月4日 東西南北  10月31日からの3連休中は雨模様だったサンパウロ州。月末に降った雨でカンタレイラ、グアラピランガの両水系の10月の降水量はなんとか70ミリ台まで上がったが、「前半のあの猛暑がなければもう少しは」といったところか。ただ、この3連休は冷え込んだおかげで、海岸部が海水浴客で溢れる […]
  • 東西南北2020年10月31日 東西南北  サンパウロ市地下鉄モノレール15号線の拡張工事が先週から再開された。この線は、モノレール車両をかなり高いところで支える線路と支柱の大きさでかなり目立っていたものの、なかなか工事が進まないため、巨像のような扱いを市民からはされていた。コロナ禍もやや落ち着きはじめたことで、工事が […]
  • 東西南北2020年9月1日 東西南北  「雪が降るのでは」とまで言われ、今年一番の冷え込みとなった先週末から一転、今度は最高気温が30度前後の真夏並の気温となったサンパウロ州。急に来たこの暑さに耐えられなくなったのか、8月30日は、サントスの海岸に海水浴をする人たちが殺到した。これと同じ現象は、お隣のリオ州の海岸部 […]
  • 東西南北2020年8月29日 東西南北  大サンパウロ市圏サンベルナルド・ド・カンポの遊園地「シダーデ・ダ・クリアンサ」が26日、閉園を発表した。1969年設立の同遊園地は、ブラジル内でも最古参の遊園地として有名で、州外からも観光客を集めていた。思い出のある人も少なくないだろうが、経営難に加え、コロナがダメ押しをして […]
  • 東西南北2020年11月28日 東西南北  29日は市長選の決選投票が行われる。サンパウロ市もコーヴァス氏が勝つか、追い上げるボウロス氏が逆転するかで、目が離せない展開となっている。だが、気になるのは投票場の状況だ。11月に入ってコロナの感染者や死者が再び増えているからだ。選挙高裁は、選挙人証の代わりとなり、投票圏外に […]