ホーム | 連載 | 日本移民と感染症との戦い=世界最大の日本人無医村で | 日本移民と感染症との戦い=世界最大の日本人無医村で(19・終り)=今こそ振り返る価値ある同仁会

日本移民と感染症との戦い=世界最大の日本人無医村で(19・終り)=今こそ振り返る価値ある同仁会

細江静男医師(『細江静男先生とその遺業』より)

細江静男医師(『細江静男先生とその遺業』より)

 細江静男著『ブラジルの農村病』には、十二指腸虫病の原因となる寄生虫の一種ネカトール・アメリカーノについて、次のような歴史的に興味深い記述もある。
 大航海時代に連れて来られた黒人奴隷と共に、アメリカ大陸に持ち込まれた病気の一つが、寄生虫の一種ネカトール・アメリカーノで、「アメリカ大陸人を殺す」という意味があるという。
 《この寄生虫の中にネカトール・アメリカーノという、アフリカから、黒人ドレイといっしょに輸入された虫がある。ネカトールということは、マタール、つまり殺すということであり、アメリカに住んでいる人間を殺すであろう。また南アフリカやブラジルもこの寄生虫によりほろびるであろう、というほど恐ろしい虫である。まったく、無力無抵抗の奴隷をコク使した仇討ちをやられているようなものだ》(『農村病』PDF版21ページ)
 言い方を変えれば、大航海時代の黒人奴隷の呪いが、ブラジル人一般はもとより、巡り巡ってブラジルに移民した日本人をも苦しませた。
 先述の浅海衛也さんに、細江さんから医師を志した動機を聞いたことがあるかと尋ねると、「細江さんが生まれた頃の下呂には医者がおらず、いわゆる無医村。そんな村の人を助けようと医者を志して慶応義塾医学部に入学したと聞きました。そこで宮嶋先生から『ブラジルには世界一の無医村があるから行ってみないか』と言われて決心したと、本人から聞きました」とのこと。
 同時に何人も医者がブラジルに派遣されたが、当地では医者の免許がないと医療行為はできず、免許をとるためには医学部に入りなおす必要があった。そこでUSP医学部に入りなおして見事卒業した。当時、二世でも入学が稀な難問中の難問だった。
 《日本病院の建設に関する医者としての業務、および奥地の巡回、サンパウロ市における夜間無料診療所の開設、これが私の仕事である。昼は学校に行かなければならぬので、奥地巡回は祭日か日曜、診療所は伯人を使って夜間の開業である。
 建築事務、奥地巡回、夜間診察、通学と、まさに三人前の仕事だ。朝は五時起床、六時半には家を出て通学、診療を終わって帰宅するのは午後十一時。これを六年間やり抜いた》(『偉業』26ページ)という超人的な生活を送った。
 そうやってブラジルで根を張った日本人医師が組織した同仁会には1930年時点の陣容は次のようなものだった。
 サンパウロ市を中心とした活動をした高岡仙太郎、河田明、サントスの武田義信、バウルーの斉藤等・和歌子夫妻、リンスの今田求、アラサツーバの菊地円平、ペレイラ・バレット(チエテ移住地)の八木勝郎、プレジデンテ・プルデンテの内田利藤次、バストスの細江静男、アマゾン地方の笹田正数。
 特に同仁会創立者の一人・高岡仙太郎医師は、日本医大第1回卒業生で、1911(大正元)年に渡伯して、ブラジル医師国家試験を受けて合格した人物であり、後に続く細江ら日本人医師にブラジルの熱帯病の指導をしたことで知られる。そのほか、戦後は木原暢医師、二世の氏原マサアキ医師らも参加した。
 そのような名だたる医師がいて「世界一の無医村」を交代で回るだけでなく、現在のサンタクルス病院、サンパウロ日伯援護協会の基を作ってくれた。その活躍は、今のようなパンデミックのときこそ振り返る価値がある活躍だ。
 第2回で紹介した山田さんの言葉《過去を振り返れば、日系社会はこの新型コロナウイルスの問題以上の多くの困難を乗り越え、今日に至っております》には、はやり説得力がある。
 グローバル化時代のパンデミックは避けられない。移民はみな、それと格闘してきた。先駆者の歴史を忘れずに、今回のコロナウイルスとも共生していくことが、先人への供養にもなるのだろう。(終わり、深沢正雪記者)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 足立援協事務局長が4月退職=8年間日本と援協つなぐ=「日系社会に心から感謝」2020年7月1日 足立援協事務局長が4月退職=8年間日本と援協つなぐ=「日系社会に心から感謝」  「コロナ禍により3月中旬から自宅待機の指示が出て、そのまま4月に定年退職という運びになり、ご挨拶が遅れてしまい申し訳ございません。在職中にお世話になった日系社会各種団体や個人の皆様にこの場を借りて心から御礼と感謝を申し上げたいと思います」――サンパウロ日伯援護協会の足 […]
  • 新型肺炎で続々とイベント中止=日系社会でも悪影響が甚大に=県連故郷巡り延期、蘭展中止2020年3月14日 新型肺炎で続々とイベント中止=日系社会でも悪影響が甚大に=県連故郷巡り延期、蘭展中止  中国を発生源とする新型コロナウイルス(COVID―19)のブラジル国内の感染者1人目が2月26日に発見された。それから2週間あまりの13日午前10時半現在で151人を数えるまでに急増し、今後さらに爆発的に増えると予測する専門家も出てきた。これを受け、コロニアでも近日開 […]
  • 2014年8月18日 【安倍首相来伯特集】あいさつ 経済交流深化の気運を期待=ブラジル日本商工会議所 会頭 藤井 晋介 安倍首相来伯記念特別号の発行にあたり、ご挨拶申し上げます。 この度、10年ぶりに実現した首相来伯は、短いながらも内容は大変充実したものでした。首相は、8月1日に行われたブラジル経済界との意見交換会において、 […]
  • 寄稿特集 移民100周年どう迎える2002年1月1日 寄稿特集 移民100周年どう迎える 各界から広く意見-学園構想やコロニア再建論も  二〇〇八年のブラジル日本移民百周年を六年後に控え、何を思い考えるかコロニアから意見を募った。今回は各界代表だけではなく、比較的若い人を中心に日系人を含む一般からも広く作文を集めてみた。百年祭をブラジルの国家事業として実施すべ […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]