ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ダッタフォーリャの最新の世論調査が発表され、ボルソナロ政権への支持率が37%に上がり、不支持率が46%から34%に下がった。前回の調査は6月20日だったが、その間に何があったかと言えば、大統領自身のコロナウイルス感染による隔離が2週間ほどあったこと。それに加えて、罷免を恐れて以降、セントロンに接近したことで、これまでのような三権を脅かすような過激な言動もなく、コロナに関しての「外出しろ」も特に言わなくなった印象がある。「おとなしくしていれば、それなりに支持率はついてくる」ということか。これに味をしめて、今後の政治が変わってくるか。隔離が終わって通常業務に戻ったが、このままおとなしくし続けるか、それとも?
     ◎
 13日のサッカーの全国選手権、サンパウロはモルンビでのフォルタレーザ戦をダニ・アウヴェスが決めた1点を守りきり、無事に初戦を飾った。一方、サントスは敵地でのインテルナシオナル戦を0―2で完敗した。第3節は今日、コリンチャンスが敵地でグレミオと、パルメイラスが本拠地でゴイアスと対戦。明日はサンパウロが敵地でヴァスコ・ダ・ガマと、サントスが本拠地で、開幕2連勝中で首位のアトレチコ・パラナエンセと対戦する。
     ◎
 外出自粛規制緩和の報道を頻繁に耳にするようになった昨今だが、9月1日には大サンパウロ市圏のグアルーリョス動物園が再開する。同動物園によると、再開の目玉が用意されていて、それは生後7カ月になるライオンの子供だという。その可愛らしさで人気を呼びそうな雰囲気がすでに漂っているが、コロナに勝つためのシンボルとなりうるか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月6日 東西南北  ブラジルでも、トランプ大統領のコロナウイルス感染問題がニュースを独占している。しかも、ボルソナロ大統領が感染した時と違って症状がかなり重く、大統領選期間中のホワイトハウスでクラスター感染が起きたことに関して「無責任」と言われても仕方がない状況だ。トランプ氏自身も焦りがあるから […]
  • 東西南北2020年8月26日 東西南北  25日午前、ツイッター上では「マジュ・メンチローザ」のハッシュタグが大量に上がった。それは、グローボ局の昼ニュース「ジョルナル・オージ」で「ブラジルで11万7千人が亡くなっているときにボルソナロ大統領は『コロナに勝ったブラジル』というイベントに参加していた」と報じたことをボル […]
  • 東西南北2021年4月17日 東西南北  サンパウロ州で13日、インフルエンザの予防接種を受けに来た人に、コロナワクチンを誤って接種するというミスが発生した。発生したのは内陸部イチラピナ市で、46人がコロナワクチンの接種を受けた。内訳は成人18人に子供28人で、成人のうち2人は妊婦だ。子供へのコロナワクチンの接種は、 […]
  • 東西南北2021年3月6日 東西南北  世界的にも有名なブラジルの音楽フェスティバルで、今年9月に開催予定だった「ロック・イン・リオ」が、来年まで延期されることが4日に発表された。1985年にはじまったロック・イン・リオは、ロック・フェスの先駆け的存在で、2011年以降は奇数年に開催。毎回、50万人近い動員を記録し […]
  • 東西南北2020年11月14日 東西南北  明日15日はいよいよ統一地方選の投票日だ。投票所に人が群がることでコロナウイルスの感染を気にする人も少なくはないだろう。だが、選挙高裁はすでに「コロナ禍を恐れることは、国民の投票義務回避の理由にはならない」との見解を示している。選挙当日、発熱その他のコロナの兆候を示すものがあ […]