ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ワクチン治験の草刈場に=5~6種が同時進行

《ブラジル》ワクチン治験の草刈場に=5~6種が同時進行

中国製ワクチンについて語るドリア知事(GOVESP)

 【既報関連】新型コロナのワクチンに関して9日、ブラジル国内では5件目、6件目となる治験実施が発表されたと9、10日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。
 9日に治験実施を発表したのは、国内に40のラボラトリーを持つDasaで、対象は米国ユナイテッド・ビオメディカル社の子会社のCovaxx社が開発中のワクチンだ。
 同ワクチンの治験第1段階は8月に台湾で始まった。伯国での治験(第2、第3段階)は、11月に発表される結果を基に正式申請され、最低3千人の治験者を募集する意向だ。Dasaによると、動物実験では回復者の血漿から得られる抗体の400倍の抗体が出来たという。
 ブラジルでは、オックスフォード大学とアストラゼネカ社が共同開発中のワクチンの他、中国のSinovac Biotech社が開発中のワクチン、米国のPfzerとBioNTech社が開発中のワクチン、ジャンセン社(ジョンソン&ジョンソン・グループ)が開発中のワクチンの治験が承認されている。

 治験が最も進んでいたのはオックスフォード大学のものだが、英国での治験者に副作用の疑いが生じ、ブラジルでも治験を一時中断している。
 サンパウロ州のジョアン・ドリア知事は10日、2番目に承認され、同州が支援しているSinovac社のワクチンでは副作用は報告されていないと強調した。同州保健局は、来年1月には予防接種開始が可能と見ている。
 またロシアで開発中で、国家衛生監督庁の承認待ちのSputnikVは、パラナ州とバイア州で治験が行われる。バイア州政府は、11日に合意書に署名した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コパ・アメリカに会場提供拒否する州も=レナン上議「死の選手権」と批判2021年6月2日 《ブラジル》コパ・アメリカに会場提供拒否する州も=レナン上議「死の選手権」と批判  5月31日に急きょ、ブラジルで開催とアナウンスされたサッカーのコパ・アメリカに対し、一部の州が「自分たちの州では開催させない」と強く反発している。5月31日、6月1日付現地紙、サイトが報じている。  コパ・アメリカは通常、国内のいくつかの都市にまたがって開催されるが […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で2021年6月1日 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で  南米サッカー連盟(CONMEBOL)が5月30日、6月に開催予定のコパ・アメリカの開催予定地だったアルゼンチンでの開催をコロナ禍を理由にキャンセル。翌日には一転し、ブラジルでの開催を発表した。5月31日付現地サイトが報じている。  CONMEBOLは5月30日の夜1 […]
  • 東西南北2021年6月1日 東西南北  大統領長男フラヴィオ上議は5月31日、新たな所属政党はパトリオッタと発表した。同上議は5月26日に所属していた共和者を離党。次の政党がどこになるかが注目されていた。他方、ボルソナロ大統領は現在、進歩党との入党交渉がささやかれている。同党はボルソナロ氏の以前の所属政党で、現在も […]
  • 東西南北2021年5月29日 東西南北  このところ、23日のボルソナロ大統領自身も参加したリオ市でのバイク・デモをはじめ、大統領支持派のデモが目立っていたが、今日29日は反ボルソナロ派による大規模デモが予定されている。報じられているところによると、すでに少なくとも全国85市での開催が決まっているとか。大統領支持者の […]
  • 《ブラジル》国家衛生監督庁が妊婦への接種中止を要請=サンパウロ州など即時停止2021年5月12日 《ブラジル》国家衛生監督庁が妊婦への接種中止を要請=サンパウロ州など即時停止  国家衛生監督庁(Anvisa)が10日夜、持病のある妊婦へのオックスフォード・ワクチンの接種を即刻中止するよう要請する文書を発行、複数の州が一時停止を決めたと10、11日付現地サイトが報じた。  同庁の要請はオックスフォード・ワクチンの使用説明書に従ったもので、国内 […]