ホーム | 特集 | 日本移民の日2020年 | 【日本移民112周年記念】自粛生活に耐える沖縄県人=会活動は当面、完全停止=『群星』6巻編纂に集中

【日本移民112周年記念】自粛生活に耐える沖縄県人=会活動は当面、完全停止=『群星』6巻編纂に集中

むりぶしの合評会で挨拶をする宮城あきら塾長

 新型コロナウイルスによる外出自粛令が発令されてから早くも7カ月――。「沖縄県人の団体活動もコロナの影響で止まり、自粛生活続きです。このコロナ禍生活は『群星』(むりぶし)第6巻の発刊準備に専念しています」。ブラジル沖縄県人移民研究塾の宮城あきら塾長(82歳、沖縄県)はそう語った。沖縄県人や同県人団体の動向、自粛生活の過ごし方についてサンパウロ市在住の沖縄県人に電話取材を行った。

 宮城さんは自粛生活中、『群星』第6巻の発刊に向けて、原稿整理など準備を行っているという。『群星』は「移民自身による手作りの移民史」を標榜する日ポ両語の同人誌であり、昨年10月には第5巻が刊行された。
 宮城さんは「当初は9月末に発刊予定でしたが、コロナの影響でサントス強制退去についての直接取材ができず、発刊延期になりました。やはり歴史的大事件ということもあり、失礼のないよう直接会って取材をしたいので。先行きはわかりませんが、年末にはなんとか発刊したいですね」と考えている。
 自粛生活の心構えについても、「こんな窮屈な生活は生まれて初めてです。この生活は本当にきついですが、日々目的をもって過ごすことで、毎日の生活にハリがでると思います。この『群星』を完成させることを使命だと考えています。なんとしてもコロナ禍を乗り越えなければなりません」と意気込んだ。
 健康維持に関しても「外出や運動する機会がぐっと少なくなったため、毎日家で体操や庭を歩いたりして体を動かしています。こんな中でもしっかりと体力を温存しておかなければいけませんので」と力強く語った。

高安宏治さんと宮城あきらさん

 同じく「群星」の編纂委員の高安宏治さん(73歳、沖縄県)もコロナ禍に関して、「家族で南米に移住し60年経ちましたが、今回のようなことはありませんでした。このコロナの影響で自粛になり色々な団体の活動が止まっています。これは本当に大変なことですよ」と驚きの胸中を語る。
 沖縄県人が多く住むサンパウロ市ヴィラカロン区に在住の高安さんも、半年は自粛生活を行っている。毎年楽しみにしていた沖縄祭りも、今年は延期になった。
 「本当なら8月に一大イベントの沖縄祭りが行われる予定でしたがこのコロナの影響で延期になりました。また、他の行事も中止になり、友人に会えない日々が続いて本当に寂しい気持ちです。今年2月に沖縄へ行く予定でしたがそれもコロナが原因で中止になりました。こんな経験は初めてですよ」と困惑の様子。

昨年開催された芸能の様子

 高安さんは、現在オンライン会議や電話で友人と会話をして日々過ごしているという。
 「自粛中はオンラインアプリやワッツアップ、電話などを通して友人や知人と話をしています。通信手段も多く便利になりましたが、直接会ってゆっくり話すのと画面越しに話すのは違いますね。お互い顔と顔を見ながら笑顔で話をすることが、何よりもよいと今回改めて実感しました」と語る。
 自粛生活の心構えを聞くと「世界中同じ条件なので、とにかく我慢強く生きるしかありません」と語る。
 さらに高安さんも家での毎日の運動は欠かさないという。「毎日1時間ほど日光浴を行い、ラジオ体操や庭園内を歩くなど、自粛生活で体が鈍らないよう欠かさず運動しています。この問題が早く終わって皆と会えることを望んでいます。また、来年日本で開催予定のオリンピックも待ち遠しいですね」と今後への期待も語った。

岩谷賢治事務局長

 ブラジル沖縄県人会及びブラジル沖縄文化センターの岩谷賢治事務局長(いわや)にも現状を取材した。
 沖縄県人会は今年3月よりコロナ感染防止のため、活動を中止。当初3月のイベントを4月に延期するなど検討していたが、感染者が急増したことから、本年のイベントなどすべて来年に延期することになったという。
 「毎年20回程あるイベントがすべて中止になりました。特に3月は目玉イベントのビンゴ大会がありました。この大会は1日述べ600人程出入りするため、楽しみにしている方も多かっただけに執行部は苦渋の決断でした」と現状を語る。
 現在、沖縄県人会は火曜日と金曜日のみ10時から14時まで開放しているという。
 岩谷事務局長は「この自粛生活は大変ですが、一刻も早く収束して以前のように戻ることを願っています」との願いを語った。

昨年の沖縄祭りで披露された琉球国祭り太鼓の様子

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月20日 東西南北  先週、ブラジルの話題を独占したのはシコ・ロドリゲス上議だった。やはり、連邦警察が家宅捜索にふみこんだときに「パンツに賄賂と思しき大金を隠していた」という珍事は相当なインパクトがあった。そのため、ネット上では「これぞ、本当に汚い金」「警察は臭い金を“資金洗浄”しなければ」などと […]
  • 本門佛立宗=茨木日水上人50回忌決起大会=ブラジル仏教初祖の日制定祝う=11月にリンス大宣寺で法要2020年10月20日 本門佛立宗=茨木日水上人50回忌決起大会=ブラジル仏教初祖の日制定祝う=11月にリンス大宣寺で法要  サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区のブラジル本門佛立宗(HBS)の中央寺院日教寺(高崎日現ブラジル教区長)は18日、茨木日水上人50回忌決起大会と、笠戸丸移民である同上人が「僧侶」としてブラジル上陸した6月18日を「ブラジル仏教初祖の日」(Dia do […]
  • 東西南北2020年10月17日 東西南北  ファビオ・ファリア通信相が15日、新型コロナ感染症に罹患した事を明らかにした。同相はビデオの中で「1週間以上前に参加した夕食会で感染したと思う」と語っている。この夕食会は、ロドリゴ・マイア下院議長とゲデス経済相の間の関係を修復するために連邦議員達が計画したもの。同相は14日に […]
  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]
  • 東西南北2020年10月14日 東西南北  12日の「子供の日」直前の10日、新型コロナの感染拡大で3月21日から営業を停止していたサンパウロ大都市圏の伝統的な遊園地シダーデ・ダス・クリアンサスが営業を再開した。サンパウロ大都市圏と他の5地区は外出規制が第5段階中の4番目の「緑」になり、文化施設などの営業再開が可能とな […]