ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 リオ市コパカバーナで12日午後、アパート12階(日本式では13階)からガスボンベやガスコンロの部品などが投げ落とされ、ガスボンベの直撃を受けた果物売りの男性が死亡する事件が起きた。男性は身分証明書を持っておらず、トロンコという通称以外、不明なまま。ガスボンベの落下速度は時速125キロに達したと報道されている。ガスボンベなどを投げ落とし、現行犯逮捕された33歳の左官は精神的な病気で治療を受けており、ガスコンロの部品が当たった車はフロントガラスが割れた。誰もが被害に遭いうる白昼の悪夢だ。
     ◎
 最高裁が13日にジアス・トフォリ判事の新型コロナ感染を明らかにした。症状は軽く、14日の審理も遠隔参加した。同氏は9月10日のルイス・フクス氏の長官就任まで、長官職を務めていた。5月に手術を受けた時も感染が疑われ、検査を受けたが、その時は陰性だった。フクス氏の就任式出席者が次々と感染した時は大丈夫だった同判事も、今度は感染を避けられなかったようだ。
     ◎
 小売販売が順調に伸びている事などで、大型小売店の株価が上昇している。ブラックフライデーやクリスマス商戦も好調と見られる中、成長が目立つのは電商取引に乗り出している企業だ。13日のサンパウロ証券市場では、電商取引のeスブマリーノや大型小売店のアメリカーナスを傘下に持つB2Wが同日最高の伸び率の6・73%高で95・02レアル、マガジネ・ルイザONも5・96%高の104レアルを付けた。マガジネ・ルイザの時価総額は1689億レアルに達し、ブラデスコ銀行の1775億レアルには及ばないまでも、ブラジル銀行の889・9億レアルやサンタンデル銀行の1188億レアルを凌駕した。 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》貿易収支=3週間で32億ドルの黒字=輸入減で品不足に悩む業界も2020年10月20日 《ブラジル》貿易収支=3週間で32億ドルの黒字=輸入減で品不足に悩む業界も  経済省が19日、10月第3週までの貿易収支は32・63億ドルの黒字だと発表した。  10月に入ってからの3週間の貿易額は、輸出が97・61億ドル、輸入64・99億ドルだ。経済省によると、第3週だけで6・82億ドルの黒字が出たという。  営業日1日あたりの貿易額は、 […]
  • 《ブラジル》コロナワクチン義務化めぐり意見対立=サンパウロ州知事牽制するボルソナロ2020年10月20日 《ブラジル》コロナワクチン義務化めぐり意見対立=サンパウロ州知事牽制するボルソナロ  新型コロナウイルスに対するワクチン接種をめぐり、ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事とボルソナロ大統領とが、「義務化するか否か」について、全く異なる主張をし合っていると、19日付現地サイトが報じている。  事の発端は16日、ドリア知事がコロナのワクチンに関して「医者に処方禁止 […]
  • 東西南北2020年10月20日 東西南北  先週、ブラジルの話題を独占したのはシコ・ロドリゲス上議だった。やはり、連邦警察が家宅捜索にふみこんだときに「パンツに賄賂と思しき大金を隠していた」という珍事は相当なインパクトがあった。そのため、ネット上では「これぞ、本当に汚い金」「警察は臭い金を“資金洗浄”しなければ」などと […]
  • 本門佛立宗=茨木日水上人50回忌決起大会=ブラジル仏教初祖の日制定祝う=11月にリンス大宣寺で法要2020年10月20日 本門佛立宗=茨木日水上人50回忌決起大会=ブラジル仏教初祖の日制定祝う=11月にリンス大宣寺で法要  サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区のブラジル本門佛立宗(HBS)の中央寺院日教寺(高崎日現ブラジル教区長)は18日、茨木日水上人50回忌決起大会と、笠戸丸移民である同上人が「僧侶」としてブラジル上陸した6月18日を「ブラジル仏教初祖の日」(Dia do […]
  • 《ブラジル》コロナワクチン=中国製除外は政治的な思惑?=保健省が来年4月からの接種発表2020年10月17日 《ブラジル》コロナワクチン=中国製除外は政治的な思惑?=保健省が来年4月からの接種発表  ブラジル保健省は14日、来年4月から新型コロナウイルス感染症に対する予防接種を開始と発表した。ところが、同省が対象とする予防接種ワクチンはオックスフォード大学が開発中のものだけだったため、州保健局長審議会(Conass)が国家衛生監督庁(Anvisa)が最初に承認した […]