fbpx
ホーム | ブラジル国内ニュース | ブラジル・パラグアイ間の陸路通行再開=7カ月経て友好の橋が開通

ブラジル・パラグアイ間の陸路通行再開=7カ月経て友好の橋が開通

友好の橋(Divulgacao/Drit)

 ブラジル政府が14日にパラグアイとの間の陸上交通再開を決め、15日から「友好の橋」を開通すると号外版官報に掲載したと15日付ブラジル国内サイトが報じた。
 ブラジル政府は3月、新型コロナの感染拡大防止のため、一部の例外を除き、陸・空・水路での外国人の入国を禁じた。各ルートの解禁は毎月検討され、9月25日には全ての空港での外国人入国を認めた。同日は義務付けられていた健康保険の契約書提示規定は、先週、解除された。
 「友好の橋」開通は、空路以外のルートでの外国人入国を認めた初の例だ。パラグアイ以外の国との国境は依然として閉鎖中で、特殊な事情の場合以外の入国は認められない。
 官房長官、保健相、インフラ相、法務相の連名で出された省令によると、パラグアイ以外の国との国境付近におり、ブラジルの空港から出る便で居住国に戻る必要がある人は、連警の許可を得て入国出来るが、空港に直行しなければならない。このような条件で入国する人は、大使館か領事館発行の公式文書と航空便のチケットの提示が義務付けられる。

 それ以外の場合で入国が認められるのは、ブラジル国籍者か帰化した人、ブラジルに定住している移住者、国際機関のサービス従事者、ブラジル政府が認定した外国人職員、ブラジル人と結婚した人やその家族、公共利益のためか人道上の理由でブラジル政府が認めた人、ブラジル当局が発行した外国人登録証を持っている人だ。
 貨物輸送従事者や船の乗組員、国境を挟んだ隣接市住民、地元保健当局の承認を得た人道行為従事者も入国出来るが、ベネズエラとの国境では一部の規定が無効とされる事がある。
 なお、パラグアイ側は徒歩での入国を認めておらず、入国出来る時間帯や同国内での滞在時間にも制限を設けている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 人マチ点描=200レアルもう見ましたか?2020年9月18日 人マチ点描=200レアルもう見ましたか?  今月から市中に出回り始めた200レアル札。注目の裏面図柄には「タテガミオオカミ」(lobo-guará)が採用されている。「絶滅危惧種」ではないが、南米のみに生息する貴重な野生動物。ブラジル中部および東部を中心に、アルゼンチン北部、パラグアイ、ボリビア東部にも。ただし […]
  • ロナルジーニョがリオに帰宅=半年振り、軟禁先パラグアイから2020年8月27日 ロナルジーニョがリオに帰宅=半年振り、軟禁先パラグアイから  偽造パスポート疑惑でパラグアイで逮捕され、身柄を拘留されていた、かつてのサッカーのスーパースター、ロナウジーニョ。25日、兄で代理人のアシス氏と共に、自宅があるリオへ半年振りにようやく戻ってきた。   2人は3月、偽造パスポートで入国して逮捕されたが、保釈金を払い、 […]
  • 日本製品をブラジル市場に=ネパール商人サプトカさん=コロナで足止め、商魂光る2020年7月9日 日本製品をブラジル市場に=ネパール商人サプトカさん=コロナで足止め、商魂光る  サンパウロで外出自粛が始まる6日前の3月18日、日本製の健康グッズを携え、ブラジルでの市場開拓に胸を膨らませ初めてグァルーリョス空港に降り立ったネパール人がいる。カトマンズを拠点に『より明るい未来の生活マーケティング社(Brighter future life […]
  • 歌手=中平マリコさんからメッセージ=「コロナで南米訪問できず残念」2020年5月29日 歌手=中平マリコさんからメッセージ=「コロナで南米訪問できず残念」  16年間、毎年4ヵ月前後もブラジル、パラグアイの日系集団地などを回ってコンサートを開催し、日本の歌を届けてきた歌手・中平マリコさん。今年はコロナウイルスのために南米訪問が不可能になった。17年ぶりに過ごす日本の夏、母と過ごす時間、日系社会への想いを綴ってくれた。(編集部) […]
  • 《ブラジル》国別コロナ死者数で2日連続世界一=経済に悪影響CDS400超2020年5月27日 《ブラジル》国別コロナ死者数で2日連続世界一=経済に悪影響CDS400超  【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大が続き、25日夜の保健省発表による感染者数は前日比1万1687人増の37万4898人、死者数は同807人増の2万3473人となった。22~26日付現地紙やサイトによると、ブラジルの感染者数は、22日に2万803人増えて33万89 […]