ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 米国の大統領選挙で世界中が沸いた先週。バイデン氏当選に関して、ブラジル国内の一般の反応はニュースサイトのコメント欄を見ても概ね良好で、敗れたトランプ氏への反応も「2014年のブラジル大統領選のアエシオ氏のよう」とする声が目立った。左派の人にはむしろ、「民主党は米国版PSDB(民主社会党)なんだろう」とバイデン氏に物足りなさを感じる意見が見られた。そうした向きにはバイデン氏よりも、女性・黒人・アジア系として初の副大統領当選となったカマラ・ハリス氏の方が受けが良かった。米国大統領選が終われば、次の日曜はブラジルの全国市長選。こちらも大いに盛り上がりそうだが、果たしてこちらはどんな結果が待ち受けているか。
     ◎
 1960年代から70年代に人気を博した女性歌手ヴァヌーザが8日、サンパウロ州サントス海岸部で呼吸不全を起こして亡くなった。73歳だった。彼女はまだ十代だった60年代半ばにアイドル・ブーム「ジョーヴェン・グアルダ」のひとりとしてデビューし、73年には「マーニャス・デ・セテンブロ」、75年には「パラレロス」などのヒットを飛ばした。晩年まで歌手活動を続けていたが、9月に入院。アルツハイマーの症状も見られていたという。
     ◎
 週末のサッカーの全国選手権、サンパウロはゴイアスを2―1、パルメイラスはヴァスコを1―0で下し、それぞれ4位と6位に浮上した。1位のインテルナシオナルは20試合を終えたが、サンパウロは17試合、パルメイラスは19試合を終えたのみ。勝ち点差はサンパウロが3点、パルメイラスも5点だから、残り試合も多く、チャンスはある。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》サッカー全国選手権 フラメンゴが2年連続V=判定に泣いた2位インテル2021年2月27日 《ブラジル》サッカー全国選手権 フラメンゴが2年連続V=判定に泣いた2位インテル  25日、サッカーの全国選手権の最終節が行われ、フラメンゴが2年連続7回目の優勝を飾った。26日付現地紙が報じている。  この日は同選手権最終節のため、例年通り、全10試合が同時刻に一斉スタート。21時30分にキックオフした。  優勝がかかっていた首位フラメンゴはこ […]
  • 《記者コラム》ブラジル・サッカー「12強時代」の終わり2021年2月26日 《記者コラム》ブラジル・サッカー「12強時代」の終わり 「ついに“12強時代”は終わってしまうんだな」。今季のサッカー全国選手権を終えるにあたり、コラム子はそう思わずにはいられない。  来季の全国選手権2部にはすでにクルゼイロがいて、現在1部最下位のボタフォゴが降格して名前を連ねることが確実視されており、そこにヴァスコ・ダ […]
  • 東西南北2021年2月2日 東西南北  1月30日に行われたリベルタドーレス杯の決勝戦。会場のリオのマラカナン・スタジアムでは少数の観客を入れて試合を行ったが、観客席にサントスのユニフォームを着たブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長がいたことが問題視されている。同市長は招待を受けての観戦だったというが、癌の治療の […]
  • 東西南北2021年1月30日 東西南北  今日30日午後5時から、リオ市マラカナンでサッカーのリベルタドーレス杯の決勝戦、パルメイラス対サントス戦が行われる。この2チームはオールド・ファンにはおなじみの老舗中の老舗チームだ。1960年代のサントスにはペレが在籍し、黄金時代を築いたが、その時代はパルメイラスの黄金期でも […]
  • 東西南北2021年1月28日 東西南北  サンパウロ州政府の規制強化により、少なくとも2月7日まで午後8時から翌朝6時までの商業活動は生活必需のものに限定されている。だが地域によっては、さらに厳しい規制が行われている。内陸部のトゥピ・パウリスタ市(赤レベル)では午後8時以降、朝5時までの外出禁止令が出され、この時間帯 […]