ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ボルソナロ大統領に「政界のミック・ジャガー」という、ありがたくないあだ名がつけられはじめている。世界的なロックスター、ミック・ジャガーはサッカーのW杯で応援するチームがことごとく負けるジンクスで有名。それに似ているというのだ。ボルソナロ大統領もここまで、アルゼンチン、ボリビア、ベネズエラ、イスラエル、イタリア、そして米国と、自分が推した政治家たちがことごとく選挙で敗れている。そこに加えて、15日の全国市長選でも、サンパウロ市のルッソマノ氏、リオのクリヴェラ氏が共に劣勢であるほか、他の市でも世論調査は芳しくない。市長選の結果次第では、この呼び名がさらについて回ることになりそうだが、果たして一矢報いることはできるか。
     ◎
 8日未明、サンパウロ市ピニェイロスで自転車愛好家の女性マリーナ・コーレル・ハルコット(28)さんが自転車で走行中、ひき逃げされて死亡して、波紋を呼んだ。というのも、会社経営者のジョゼ・マリア・デ・コスタ容疑者(33)が弁護士に連れられて警察に10日出頭したが、警察からの飲酒運転やスピード違反などの質問に何も答えることなく、釈放されたからだ。警察は一時逮捕も検討したが、選挙法により、市長選の投票が終わるまで逮捕ができなかった。
     ◎
 南米サッカー協会は、現在開催中のリベルタドーレス杯の決勝戦に関し、来年の1月30日にリオ市のマラカナン・スタジアムで行うことを決めた。前回大会から、決勝戦は協会側が決めた会場で1試合のみの開催となっているが、2連覇を狙いたいフラメンゴにとっては有利な展開に。しかも、観客を入れる可能性もあるというからなおさらだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》サッカー代表がコパ・アメリカ開催を批判=ボイコットの声明は行わず2021年6月10日 《ブラジル》サッカー代表がコパ・アメリカ開催を批判=ボイコットの声明は行わず  サッカーのブラジル代表(セレソン)は8日夜、政治的な判断でコパ・アメリカのブラジル開催などを決めた南米サッカー連盟(CONMEBOL)への抗議声明を発表した。だが、コパ・アメリカへの出場ボイコットは行わなかった。9日付現地紙、サイトが報じている。  声明の発表は8日 […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカに会場提供拒否する州も=レナン上議「死の選手権」と批判2021年6月2日 《ブラジル》コパ・アメリカに会場提供拒否する州も=レナン上議「死の選手権」と批判  5月31日に急きょ、ブラジルで開催とアナウンスされたサッカーのコパ・アメリカに対し、一部の州が「自分たちの州では開催させない」と強く反発している。5月31日、6月1日付現地紙、サイトが報じている。  コパ・アメリカは通常、国内のいくつかの都市にまたがって開催されるが […]
  • 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!2021年1月2日 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!  あくまで2021年7月までに感染爆発が収まっていた場合の話ではあるが、1年延期になっていた東京オリンピックが開催される。ブラジル的に気になるのはやはりサッカー。前回、2016年のリオ大会では、悲願の金メダル獲得を果たした。東京で2連覇がかかるわけだが、今大会でのセレソ […]
  • 東西南北2020年3月14日 東西南北  11日にWHOが新型コロナウイルスのパンデミック宣言を行ったのと時を同じくして、ブラジルでの感染者数が急速に増えているが、これに伴い、ブラジル国内や南米でも、大きなイベントの中止や延期が相次いでいる。サッカーでは、リベルタドーレス杯が、来週の試合分から無期限での開催延期となっ […]
  • 東西南北2020年3月5日 東西南北  サンパウロ市モノレール線15号が1日より運行を停止しており、市民に困惑の声が広がっている。事の発端は2月27日に起きた、ジャルジン・プラナウト駅を出た車両からタイヤが一つ外れて落下する事故だった。当初は、その電車だけが運行停止になっていたが、運行テストを行った結果、他の電車で […]