ホーム | 日系社会ニュース | 《ブラジル》ボルソナロ大統領「東京オリンピック行きたい」=茂木外相との会談で二国間プロジェクトに署名

《ブラジル》ボルソナロ大統領「東京オリンピック行きたい」=茂木外相との会談で二国間プロジェクトに署名

左から西森下議、ボルソナロ大統領、茂木外相、アラウージョ外相ら(プラナルト宮、Fotos: Marcos Corrêa/PR)

 中南米歴訪中の茂木敏充外相は8日午後、首都ブラジリアのプラナルト宮(大統領官邸)でボルソナロ大統領を始め、エルネスト・アラウージョ外相らと会談し、2国間関係を強化する複数のプロジェクトに署名した。
 同席した西森ルイス連邦下議によれば、「大統領はとても日本と日本人が好き。開催される運びになれば、東京オリンピックにも行きたいと語っていた」と述べた。
 当日は日本へニオブ(鉱物)輸出をする取り決めの他、日本政府からはアマゾン森林伐採撲滅や農業分野の協力に加え、コロナ対策の医療設備費として450万ドル、さらに日系社会への支援をするとの表明もあったという。

ボルソナロ大統領と茂木外相(Marcos Corrêa/PR )


 

image_print

こちらの記事もどうぞ