ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 10日付アゴラ紙によると、サンパウロ市南部カンポ・リンポの市立病院ではコロナ禍の中、70人の解雇が行われていたという。サンパウロ市の公務員組合によると、解雇された70人の大半は8~12年間勤めていた人たちで、「とっくの昔に切れていた緊急契約の下で違法に働いていた」という。その中には44人の看護師や看護助手、14人の医師が含まれていた。解雇された医師の内訳は、外科医10人で、整形外科医2人、精神科医と内科医各1人だ。また、救急部門勤務者からは医師9人、看護師16人、事務職2人の27人が解雇された。契約の不正を正すこと自体は間違っていないが、コロナ禍で医療関係者が不足する中、専門的な職種や急を要する部門の職員をこれほど大量に解雇しては、地元の人々も不安では。
     ◎
 9日の早朝、サンパウロ市東部ベレンで、高級車ポルシェが路肩に衝突し、大破する事故が起こった。運転をしていた31歳の男性と同乗の女性に怪我はなかった。大破した黄色のポルシェは時価38万9900レアル(約740万円相当)の2017年製モデルで、持ち主は運転手とは違う人物だった。乗車していた2人は事故後に下車し、後ろから来ていた別の高級車(メルセデス)に近づいたことが目撃されている。同件はラッシャ(路上レース)の可能性が疑われ、関係者が事情聴取を受けている。
     ◎
 今日は午後9時30分から、リベルタドーレス杯準決勝のパルメイラス対リーヴェル・プレイト(アルゼンチン)第2戦が、サンパウロ市アルアンツ・パルケで行われる。パルメイラスは5日に敵地ブエノスアイレスで行われた第1戦を3―0で圧勝しており、かなり有利だが、相手は南米きっての歴史的な強豪チーム。気を引き締めて戦ってほしいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年12月17日 東西南北  サンパウロ州選挙地域裁は15日、大サンパウロ市圏エンブー・ダス・アルテスの市長選で再選したネイ・サントス氏(共和者・RP)と副候補のウゴ・プラード氏(民主運動・MDB)のシャッパの当選を無効にした。これは、労働者党(PT)などをはじめとする左派政党が起こした訴えを裁判所が認め […]
  • 東西南北2020年10月28日 東西南北  サッカーのリベルタドーレス杯決勝トーナメントの組み合わせが24日に発表された。ブラジル勢は16チーム中6チームを占めているが、今年はベスト16の試合でつぶし合うことがなく、6チーム共、他国のチームと戦う。だが偏りはあり、一方の山にグレミオ、サントス、フラメンゴ、インテルナシオ […]
  • 東西南北2020年10月2日 東西南北  1日のネットは、コロナ検査キット用献金が、ミシェレ大統領夫人が代表の政府プログラムにこっそり回されていた報道で湧いた。これで「ミシェキ」のあだ名が再び盛り上がっている。このあだ名は、同夫人がラシャジーニャ疑惑の渦中にあるファブリシオ・ケイロス容疑者から謎の小切手(シェッキ)を […]
  • 《記者コラム》今が正念場! 日本はコロナ対策で「金メダル」対応を2021年1月19日 《記者コラム》今が正念場! 日本はコロナ対策で「金メダル」対応を 国際電話「日本はもうオシマイだ・・・」  「日本はもうオシマイだ・・・」――先週、静岡県に住む親戚から突然、国際電話がかかって来てそう言われ、心底驚いた。  日本政府は13日、緊急事態宣言に大阪・愛知・福岡など7府県を追加した。そのニュースを見て心配になり、居て […]
  • 特別寄稿=どうして止まった フォードブラジル車=地力を生かせば また昇る=サンパウロ市在住  駒形秀雄2021年1月19日 特別寄稿=どうして止まった フォードブラジル車=地力を生かせば また昇る=サンパウロ市在住  駒形秀雄  正月気分も抜けきれない11日、ブラジル社会に衝撃のニュースが流れました。古くからなじんで来たフォード社がブラジルの全工場を閉鎖し、車の生産を止めるというのです。  フォードトラックを持つことは戦前の日系移民の夢でした。戦後はスマートなフィエスタ、エスコートスポーツ等 […]