ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 思わぬ形でコロナワクチンのキャンペーン・ソングが生まれ、話題を呼んでいる。ファンキ歌手MCフィオッチの歌う「ブン・ブン・タン・タン」だ。この曲は2017年にヒットした曲だが、サビで繰り返される「ブータンタン」というフレーズが、コロナバックの治験に協力し、国内生産を担当するサンパウロ市ブタンタン研究所を思わせることで再び注目を浴びた。その反応を受けて急きょ作成された新しいミュージック・ビデオでは、MCフィオッチがブタンタン研究所に実際に乗り込み、白衣を着てコロナバックを握りながら歌っており、マスクをした人たちが研究室や玄関前で曲にあわせて楽しげに踊っている姿も映っている。ワクチン接種への頼もしい援軍登場といったところか。
     ◎
 25日のサンパウロ市は市の誕生日で祝日だったため、公園やレストランが人でごった返したという。サンパウロ州ではこの日からより厳しいコロナの外出自粛規制の適用が始まっているが、サンパウロ市民の多くはその自覚がなかったようだ。現時点で州が発表しているところによると、少なくとも次の2週間の週末は市内の規制レベルは最低の赤レベルで必要最低限の商業活動しか認められない。バーやレストランの関係者はこの規制に反対し、デモも起こしている。とはいえ、厳しい規制に協力し、外出自粛そのものから早めに抜け出せた方が良いのでは。
     ◎
 25日のサッカーの全国選手権で、コリンチャンスは本拠地イタケラでの対ブラガンチーノ戦を0―2で落とした。コリンチャンスの勝ち点は45点のままで、現在10位。次回のリベルタドーレス杯の進出権獲得には6位までに入る必要があるが、今回のリ杯やブラジル杯の展開次第では8位までに広がる可能性がある。残り7試合で逆転できるか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年2月19日 東西南北  一般高齢者に対するコロナワクチン接種は大サンパウロ市圏でも行われているが、同じ圏内であっても市によって対応が異なっている。大部分はサンパウロ市と同じく、現在は「85〜89歳」が接種対象となっているが、ジアデマではすでに「80〜84歳」が対象になっているという。逆に、グアルーリ […]
  • 東西南北2021年2月17日 東西南北  15日、サンパウロ州での対面授業再開プロジェクトでは一番最後となる、サンパウロ市立校の授業が再開した。だが、この日の授業再開は順調とは言えず、約3500校のうち580校は、清掃や消毒のための人員不足や改修工事の遅れなどにより再開を見送った(リモート授業は開始)。しかも昨年12 […]
  • 東西南北2021年2月16日 東西南北  2021年は、カーニバルの任意休日がコロナ禍故にキャンセルされ、例年通りのカーニバルが開催されなかった前代未聞の年になった。本来なら「休日をキャンセルしたのなら、完全に平日扱いにすればいい」と考えそうだが、ブラジルは違う。足並みがそろわず、13、14日の土日に加え、15〜17 […]
  • 東西南北2021年2月10日 東西南北  8日、サンパウロ市でもドライブスルーでのコロナワクチン接種がスタートし、初日に90歳以上の市民2887人がドライブスルーを利用して接種を受けたことがわかった。もっとも人を集めたのは中央部のパカエンブー・スタジアムで1600人。以下、南東部ヴィラス・ボアス教会で397人、北部ア […]
  • 東西南北2021年2月9日 東西南北  7日に行われたサッカーのクラブW杯準決勝で、南米代表のパルメイラスは北中米代表のUANLティグレス(メキシコ)に0―1で敗れた。後半7分、ディフェンダー、ルアンがペナルティ・エリア内で相手フォワードのカルロス・ゴンザレスに痛恨のファウル。そこで得たPKを相手エース、ジニャック […]