ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 8日、サンパウロ市でもドライブスルーでのコロナワクチン接種がスタートし、初日に90歳以上の市民2887人がドライブスルーを利用して接種を受けたことがわかった。もっとも人を集めたのは中央部のパカエンブー・スタジアムで1600人。以下、南東部ヴィラス・ボアス教会で397人、北部アニェンビ総合施設で386人、南部インテルラゴス・サーキットで321人、東部イタケロン・スタジアムで183人が接種した。市内では他の468の保健機関でも接種が可能で、5、6日(金、土曜日)の2日間で1万6千人が接種を受けた。一般の保健機関での8日の接種者数は発表されていないが、ワクチン実施状況への市民の認知度は高いようだ。この調子で多くの人が接種してほしいところ。
     ◎
 7日午後、サンパウロ市南西部カンポ・リンポの自宅前に腰を掛けていた19歳の学生マラ・オリヴェイラ・デ・リマさんが、銃弾を胸に受けて死亡する事件が発生した。撃ったのは24歳の軍警だった。同軍警は武装した犯罪者を追っていたといい、犯罪者に向けて3発撃った内の1発が、誤ってマラさんに当たってしまったという。軍警はすでに逮捕されており、業務過失致死で起訴される見込みだ。軍警の信頼のためにもなくすべき過失だ。
     ◎
 10日、サッカーの全国選手権で5試合が行われる。4位まで転落したサンパウロは本拠地モルンビでのセアラー戦。巻き返しのためには格下相手の勝利が不可欠だ。コリンチャンスは本拠地イタケラでアトレチコ・パラナエンセと対戦。現在8位で次回のリベルタドーレス杯進出の可能性が出てきているだけに、何としても勝ちたいところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年3月6日 東西南北  世界的にも有名なブラジルの音楽フェスティバルで、今年9月に開催予定だった「ロック・イン・リオ」が、来年まで延期されることが4日に発表された。1985年にはじまったロック・イン・リオは、ロック・フェスの先駆け的存在で、2011年以降は奇数年に開催。毎回、50万人近い動員を記録し […]
  • 東西南北2021年3月5日 東西南北  6日午前0時より、サンパウロ州全域でコロナウイルスの外出規制が最低の赤レベルとなる。これで必要最低限の商業活動のみしかできなくなった。このところ連日のように、「死者、感染者が過去最大」と報じられているにも関わらず、街に繰り出してイベントやパーティをやっていた人たちの自覚を促す […]
  • 東西南北2021年3月3日 東西南北  サンパウロ州では先週から、23時~翌朝午前5時が外出禁止となっている。2月26日〜28日に州が本格的に取り締まりを行った結果、286もの店や会社が夜中に群れを作ってイベントを行ったり、営業時間を守っていないかったりして摘発された。その中には、26日夜から27日未明にかけてサン […]
  • 東西南北2021年2月19日 東西南北  一般高齢者に対するコロナワクチン接種は大サンパウロ市圏でも行われているが、同じ圏内であっても市によって対応が異なっている。大部分はサンパウロ市と同じく、現在は「85〜89歳」が接種対象となっているが、ジアデマではすでに「80〜84歳」が対象になっているという。逆に、グアルーリ […]
  • 東西南北2021年2月17日 東西南北  15日、サンパウロ州での対面授業再開プロジェクトでは一番最後となる、サンパウロ市立校の授業が再開した。だが、この日の授業再開は順調とは言えず、約3500校のうち580校は、清掃や消毒のための人員不足や改修工事の遅れなどにより再開を見送った(リモート授業は開始)。しかも昨年12 […]