ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 8日、サンパウロ市でもドライブスルーでのコロナワクチン接種がスタートし、初日に90歳以上の市民2887人がドライブスルーを利用して接種を受けたことがわかった。もっとも人を集めたのは中央部のパカエンブー・スタジアムで1600人。以下、南東部ヴィラス・ボアス教会で397人、北部アニェンビ総合施設で386人、南部インテルラゴス・サーキットで321人、東部イタケロン・スタジアムで183人が接種した。市内では他の468の保健機関でも接種が可能で、5、6日(金、土曜日)の2日間で1万6千人が接種を受けた。一般の保健機関での8日の接種者数は発表されていないが、ワクチン実施状況への市民の認知度は高いようだ。この調子で多くの人が接種してほしいところ。
     ◎
 7日午後、サンパウロ市南西部カンポ・リンポの自宅前に腰を掛けていた19歳の学生マラ・オリヴェイラ・デ・リマさんが、銃弾を胸に受けて死亡する事件が発生した。撃ったのは24歳の軍警だった。同軍警は武装した犯罪者を追っていたといい、犯罪者に向けて3発撃った内の1発が、誤ってマラさんに当たってしまったという。軍警はすでに逮捕されており、業務過失致死で起訴される見込みだ。軍警の信頼のためにもなくすべき過失だ。
     ◎
 10日、サッカーの全国選手権で5試合が行われる。4位まで転落したサンパウロは本拠地モルンビでのセアラー戦。巻き返しのためには格下相手の勝利が不可欠だ。コリンチャンスは本拠地イタケラでアトレチコ・パラナエンセと対戦。現在8位で次回のリベルタドーレス杯進出の可能性が出てきているだけに、何としても勝ちたいところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝2021年6月19日 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝  ブラジルで現在開催中のコパ・アメリカで、選手、関係者のコロナウイルス感染が続いている。その最中にブラジル代表(セレソン)は、ペルーを相手に4―0で快勝し、2連勝を飾った。17、18日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジル保健省が17日付で発表したところによると、同大会に […]
  • 東西南北2021年6月19日 東西南北  先月29日に行われたボルソナロ大統領に対する全国的な抗議デモが記憶に新しい中、今日19日は2回目の大統領抗議デモが行われる。今回のデモには政治家も参加を検討していると報じられており、ルーラ元大統領の動向も注目されている。これまで報じられているところから察するに、ルーラ氏は「参 […]
  • 東西南北2021年6月16日 東西南北  サンパウロ州政府が13日に「16日から50代のコロナワクチン接種開始」と発表したが、接種の最終的な責任者である市の対応は、地域毎に若干異なる。サンパウロ市では14日から50代を対象とした接種をはじめたが、「50代ならどの日でも接種できる」というものではなく、年齢別に日が決めら […]
  • 東西南北2021年6月5日 東西南北  今週後半から来週にかけてはサッカーのW杯南米予選の期間だが、その間も全国選手権は休まず続けられる。今日はサンパウロが敵地でアトレチコ・ゴイアニエンセと、サントスが本拠地でセアラーと対戦。明日はコリンチャンスが敵地でアメリカMGと、パルメイラスが本拠地でシェペコエンセと戦う。全 […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で2021年6月1日 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で  南米サッカー連盟(CONMEBOL)が5月30日、6月に開催予定のコパ・アメリカの開催予定地だったアルゼンチンでの開催をコロナ禍を理由にキャンセル。翌日には一転し、ブラジルでの開催を発表した。5月31日付現地サイトが報じている。  CONMEBOLは5月30日の夜1 […]