ホーム | コラム | 樹海 | 新型コロナの全容解明はいつ?

新型コロナの全容解明はいつ?

感染拡大抑制に期待がかかるワクチンの製造現場(Bio-Manguinho/Fiocruz)

感染拡大抑制に期待がかかるワクチンの製造現場(Bio-Manguinho/Fiocruz)

 ブラジルでの新型コロナの最初の感染者確認からほぼ1年。1月17日にはやっと、予防接種ワクチンの緊急使用が認められた。だが、医療現場ではまだ、新型コロナ治癒後の後遺症も含めた「病気の全体像」が描けずに苦労している。
 その一例は変異株による感染の急拡大だし、血栓ができやすくなる事で生じる脳血管障害や心筋梗塞、腎臓病の増加だ。17日付現地紙には、若い人や子供の間の糖尿病の増加が、新型コロナの直接的な影響か、潜在要因が増幅されたのかなども調査中とある。
 保健省の統計では感染者や死者の数と共に、回復者数も報告する。この場合の回復者はPCR検査で陰性となり、ウイルスはいないと診断された人を指すのだろう。というのは、重症者、軽症者を問わず、回復後も様々な後遺症に悩む人がいるからだ。
 サンパウロ市やポルト・アレグレ市の病院は回復後の患者と定期的に連絡を取り合い、生活の質の変化などを調べている。同グループは世界保健機関(WHO)とも提携しており、年末か来年初めにはまとまった報告も行う意向だ。
 同グループはこれまでも、クロロキンなどの薬がコロナ感染症には効果がない事などを明らかにしてきた。今回は、PCR検査で陰性になってから数カ月経っても、倦怠感や疲労感、脱力感、筋力低下、注意困難、睡眠障害、不安症状、記憶力低下などの肉体的、精神的な影響が残る人は8割に上る事などを明らかにした。長期入院経験者に多い多臓器の機能低下も生活の質の低下を招く。
 新型コロナ感染症で多臓器の機能障害や肌のシミ、目の痛みなどの複数の症状に悩む子供も増えており、感染症の全容解明や回復後の影響の研究は重要度が増した。
 今回のパンデミックで失ったものは、24万人の命だけではない事を思い知らされる。 (み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》今が最悪期「今後2週間は戦争」=医療崩壊の危機が全国に急拡大=変異株の感染力は倍以上か2021年3月3日 《ブラジル》今が最悪期「今後2週間は戦争」=医療崩壊の危機が全国に急拡大=変異株の感染力は倍以上か  新型コロナの感染再燃が加速化し、専門家が「今後2週間は戦争」「最も悲しい3月となる」と表現する事態に直面している。  全国保健局長審議会(Conass)が1日、全国一律の夜間外出禁止措置をとる事と、集中治療室(UTI)の占有率が85%を超えたら即座にロックダウンを宣 […]
  • 《ブラジル》大統領がCOVAX参加を承認=求められるワクチンの多様化2021年3月3日 《ブラジル》大統領がCOVAX参加を承認=求められるワクチンの多様化  ボルソナロ大統領は2日、世界保健機関(WHO)が推進している新型コロナウイルスに対するワクチン供給計画の「COVAXファシリティ」に参加し、同計画が供給するワクチンは国家衛生監督庁(ANVISA)の緊急使用許可や正式登録許可を得ていなくても購入できるとする法案を裁可し […]
  • 《ブラジル》GMが600人をレイオフ=部品不足による生産停止で2021年3月3日 《ブラジル》GMが600人をレイオフ=部品不足による生産停止で  自動車メーカーのゼネラルモータース(GM)が1日、サンパウロ州ヴァレ・ド・パライバにある工場での生産活動を2カ月間停止する事と、従業員600人をレイオフとする事を決めたと2日付現地紙が報じた。  GMが生産活動停止を決めたのは、電気系統を中心とする部品の供給不足が原因だ。新 […]
  • 東西南北2021年3月3日 東西南北  サンパウロ州では先週から、23時~翌朝午前5時が外出禁止となっている。2月26日〜28日に州が本格的に取り締まりを行った結果、286もの店や会社が夜中に群れを作ってイベントを行ったり、営業時間を守っていないかったりして摘発された。その中には、26日夜から27日未明にかけてサン […]
  • 在サンパウロ総領事館=天皇誕生日の祝賀記念動画配信=五輪成功祈り、選手らも慶祝2021年3月3日 在サンパウロ総領事館=天皇誕生日の祝賀記念動画配信=五輪成功祈り、選手らも慶祝  在サンパウロ日本国総領事館(桑名良輔総領事)は2月23日午後6時から、「天皇誕生日の祝賀記念動画」をユーチューブ上で配信した。例年、総領事公邸で開催されてきた「天皇誕生日レセプション」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により今年は見合わせられ、オンラインで開催された […]