ホーム | 日系社会ニュース | 在サンパウロ総領事館=天皇誕生日の祝賀記念動画配信=五輪成功祈り、選手らも慶祝

在サンパウロ総領事館=天皇誕生日の祝賀記念動画配信=五輪成功祈り、選手らも慶祝

オンラインで総領事公邸に出迎える桑名総領事

オンラインで総領事公邸に出迎える桑名総領事

 在サンパウロ日本国総領事館(桑名良輔総領事)は2月23日午後6時から、「天皇誕生日の祝賀記念動画」をユーチューブ上で配信した。例年、総領事公邸で開催されてきた「天皇誕生日レセプション」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により今年は見合わせられ、オンラインで開催された。
 最初に公邸の玄関で桑名総領事が出迎える映像からスタート。到着した来賓が廊下に飾られた絵画や花を目にしながら奥のサロンに通され、総領事館関係者に出迎えられる。実際に来賓が到着した時を仮想した映像で、サロンの金屏風の前では天皇皇后両陛下の肖像写真に謁見できる。
 日伯両国歌が日系人の弦楽五重奏で演奏された後、桑名在サンパウロ総領事は天皇誕生日の祝賀記念のあいさつで、「今上陛下は本日で61歳に。ブラジルにはこれまで3回訪問され、日伯関係には強い絆があります。今日は陛下の誕生日をお祝いしたいですが、まずはパンデミックで亡くなられた方とご遺族の方々へお悔やみ申し上げると同時に、今も闘病されている方々の回復を願い、医療現場などで昼夜治療に当たられている方々へも感謝申し上げます」と述べた。
 両国間のさらなる文化、学術、商業、経済など様々な分野での交流を促進していくことを期待し、日本が東京オリンピックとパラリンピックを安全に成功させることを信じていると強調した。
 続いてブラジル日本文化福祉協会の石川レナト会長は、「ブラジルには日本国外で最大の日系人コミュニティーがあり、日本には世界で3番目に大きなブラジル人コミュニティーがあります。今上陛下の誕生日を両国で祝うと同時に、陛下の人々への深い思いやりの心を再確認しています。皇室がブラジルや日系社会を尊重して下さっていることに感謝申し上げます」とあいさつした。
 さらに、多くの日系人の思い出を挙げ、「天皇陛下の写真は畏敬の念を込めて家の一番重要な場所に置かれていました。我々の伝統では毎年天皇陛下の誕生日をお祝いする習わしがありました」
と回想した。
 ジャパン・ハウスのエリック・クルッグ館長があいさつで同館の活動について紹介した後、五輪の現役や元アスリートであるロジェリオ・サンパイオさん、アントニオ・テノリオさん、チアゴ・カミーロさん、ルシア・アラウージョさん(以上、柔道)、ダニエル・ジアスさん(水泳)、アルツール・ノリー(体操)、ウーゴ・オヤマさん、グスターボ・ツボイさん、ジェシカ・ヤマダさん(以上、卓球)、サンフレッチェ広島などで活躍したサッカーのセーザル・サンパイオさん、サッカー日本代表の元監督ジーコさんからも天皇陛下へのお祝いのメッセージが寄せられた。
 ユーチューブ(https://youtu.be/b6CHZVUVxKk)で視聴できる。進行はポルトガル語の字幕付きだが、設定ボタンの翻訳機能で日本語字幕も再生できる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年6月24日 東西南北  日本で東京五輪開催に反対する運動が強まっており、23日にはブラジルでも、フォーリャ紙サイトなどの大手メディアが写真付でその様子を報じている。日本でのネットでの声を拾うと、彼らの中にはサッカーのコパ・アメリカの強行開催に伴う感染者多発報告で恐れをなしている人も少なくない。21日 […]
  • 東西南北2021年6月23日 東西南北  21日から、ブラジルは暦の上で冬に入った。ただでさえ水不足の懸念がささやかれている最中、一年で最も雨が期待できない季節に入るわけだ。今出ている予測だと、今年の冬の降水量は過去の平均を下回る見込みだというから、なお苦しい。さらに、今年の冬は「乾燥している上に寒くなる」と報じられ […]
  • 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?2021年6月23日 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?  全世界的に注目された2013年6月のサッカー・コンフェデレーション杯での民衆の抗議運動から8年。あの当時から国民は既存の政権に代わる「新しい政治」を求め、それは選挙によって手に入ったように見えた。だが、結局それは「幻想」にすぎなかったことが自覚されつつあり、「コンフェ […]
  • 東西南北2021年6月22日 東西南北  20日のサッカーの全国選手権。サンパウロはサントスにボール占有率で勝りながら、0―2で敗戦。5試合終わって3敗2分の18位と苦しんでいる。今季はここまで意外な展開で、上位3チームをアトレチコ・パラナエンセ、フォルタレーザ、ブラガンチーノといった伏兵が占めている。強豪たちもそろ […]
  • 特別寄稿=スポーツ界に見るハイブリッドの躍進=国際化で変わる“新日本人”の誕生=サンパウロ市在住  駒形 秀雄2021年6月19日 特別寄稿=スポーツ界に見るハイブリッドの躍進=国際化で変わる“新日本人”の誕生=サンパウロ市在住  駒形 秀雄  今年4月21日、ゴルフの松山秀樹さんが米国で行われたマスターズでの大会優勝を果たしました。「日本人が初めて海外メジャーを制した」と日本人は大喜びしました。  次いで、6月6日、今度は全米女子オープンで笹生優華(さそうゆうか)さんが優勝、賞金100万ドル(約1億1千万円)を獲 […]