ホーム | 日系社会ニュース | 在サンパウロ総領事館=天皇誕生日の祝賀記念動画配信=五輪成功祈り、選手らも慶祝

在サンパウロ総領事館=天皇誕生日の祝賀記念動画配信=五輪成功祈り、選手らも慶祝

オンラインで総領事公邸に出迎える桑名総領事

オンラインで総領事公邸に出迎える桑名総領事

 在サンパウロ日本国総領事館(桑名良輔総領事)は2月23日午後6時から、「天皇誕生日の祝賀記念動画」をユーチューブ上で配信した。例年、総領事公邸で開催されてきた「天皇誕生日レセプション」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により今年は見合わせられ、オンラインで開催された。
 最初に公邸の玄関で桑名総領事が出迎える映像からスタート。到着した来賓が廊下に飾られた絵画や花を目にしながら奥のサロンに通され、総領事館関係者に出迎えられる。実際に来賓が到着した時を仮想した映像で、サロンの金屏風の前では天皇皇后両陛下の肖像写真に謁見できる。
 日伯両国歌が日系人の弦楽五重奏で演奏された後、桑名在サンパウロ総領事は天皇誕生日の祝賀記念のあいさつで、「今上陛下は本日で61歳に。ブラジルにはこれまで3回訪問され、日伯関係には強い絆があります。今日は陛下の誕生日をお祝いしたいですが、まずはパンデミックで亡くなられた方とご遺族の方々へお悔やみ申し上げると同時に、今も闘病されている方々の回復を願い、医療現場などで昼夜治療に当たられている方々へも感謝申し上げます」と述べた。
 両国間のさらなる文化、学術、商業、経済など様々な分野での交流を促進していくことを期待し、日本が東京オリンピックとパラリンピックを安全に成功させることを信じていると強調した。
 続いてブラジル日本文化福祉協会の石川レナト会長は、「ブラジルには日本国外で最大の日系人コミュニティーがあり、日本には世界で3番目に大きなブラジル人コミュニティーがあります。今上陛下の誕生日を両国で祝うと同時に、陛下の人々への深い思いやりの心を再確認しています。皇室がブラジルや日系社会を尊重して下さっていることに感謝申し上げます」とあいさつした。
 さらに、多くの日系人の思い出を挙げ、「天皇陛下の写真は畏敬の念を込めて家の一番重要な場所に置かれていました。我々の伝統では毎年天皇陛下の誕生日をお祝いする習わしがありました」
と回想した。
 ジャパン・ハウスのエリック・クルッグ館長があいさつで同館の活動について紹介した後、五輪の現役や元アスリートであるロジェリオ・サンパイオさん、アントニオ・テノリオさん、チアゴ・カミーロさん、ルシア・アラウージョさん(以上、柔道)、ダニエル・ジアスさん(水泳)、アルツール・ノリー(体操)、ウーゴ・オヤマさん、グスターボ・ツボイさん、ジェシカ・ヤマダさん(以上、卓球)、サンフレッチェ広島などで活躍したサッカーのセーザル・サンパイオさん、サッカー日本代表の元監督ジーコさんからも天皇陛下へのお祝いのメッセージが寄せられた。
 ユーチューブ(https://youtu.be/b6CHZVUVxKk)で視聴できる。進行はポルトガル語の字幕付きだが、設定ボタンの翻訳機能で日本語字幕も再生できる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年4月20日 東西南北  16日午後、政治団体「ブラジル自由運動(MBL)」を代表する政治家のキム・カタギリ下議や、サンパウロ州議のアルトゥール・ド・ヴァル、リカルド・メロンの両氏が、大サンパウロ都市圏グアルーリョス市の総合病院を訪れ、17日朝、サンパウロ州保健局が「侵入行為を行い、入院患者たちを危険 […]
  • 東西南北2021年4月17日 東西南北  サンパウロ州で13日、インフルエンザの予防接種を受けに来た人に、コロナワクチンを誤って接種するというミスが発生した。発生したのは内陸部イチラピナ市で、46人がコロナワクチンの接種を受けた。内訳は成人18人に子供28人で、成人のうち2人は妊婦だ。子供へのコロナワクチンの接種は、 […]
  • 東西南北2021年4月16日 東西南北  14日、アルゼンチン政府が、ブエノス・アイレス都市圏の外出規制を16日から強化すると発表した。それによると、20時から翌朝6時までは外出禁止となり、文化、宗教、社会、スポーツ関連の行事が禁止となる。サンパウロ州で現在行っているものと似たような感じか。同国政府によると、「この1 […]
  • 東西南北2021年4月15日 東西南北  コロナワクチンの最新の接種者数を示すVacinometroを用意している州が多いが、サンパウロ州で13日午後13時現在のワクチン接種率が最も高い市はフローラ・リカで、市内のほぼ3分の1にあたる33・2%の人が接種を受けた。上位は主に人口の少ない市だが、大都市ではサンカエターノ […]
  • 東西南北2021年4月14日 東西南北  世界的な権威のある英国の医学誌「ランセット」が11日に発表したところによると、コロナバックの効果は間隔を開けて接種した方が高いことがわかった。コロナバックは「1回目と2回目の接種の間隔は14日から28日」が推奨されているが、昨年12月から今年1月にかけて行われた調査によると、 […]