ホーム | 日系社会ニュース | 【特別企画】新来シリア移民が見たサンパウロ=日本人と何が違って何が同じ?《2》=一世紀後も恨み忘れない民族性

【特別企画】新来シリア移民が見たサンパウロ=日本人と何が違って何が同じ?《2》=一世紀後も恨み忘れない民族性

モハマド

モハマド

【質問者】大浦智子(1979年兵庫県生、在サンパウロ19年、フリーランス)
【回答者】★モハマド・アルサヘブ(1981年ダマスカス生、在サンパウロ6年、アラビア語学校経営)、★アブドゥルバセット・ジャロール(1990年アレッポ生、在サンパウロ6年、個人事業主、NGO副代表など)

ブラジルとシリアとの最大の違い

 言語、食事、習慣、ものの考え方…色々と違いはありますが、一番は女性の地位の違いです。ブラジルの女性はとても活動的で、男性のように働きます。シリアでも女性は働きますが、男性が一番に働きます。ここは女性がとても独立して勉強や仕事、外出をします。公共の場や交通機関でも多くの女性を見かけます。

治安について

アブドゥル

アブドゥル

 シリアでも泥棒はいますが、日常的ではありません。スリもいますが、道を歩いているだけで携帯電話を取られる心配はありません。泥棒は事を起こす前に10回考えます。
 アラブの世界なら、どこの国でも「泥棒!」と叫べば、警察よりも前に住民が彼を追いかけ、捕まえて徹底的に叩きのめします。だから誰も盗む勇気がありません。これを「ナフア」といいます。
 もし、誰かが助けを求めているのであれば、それはあなたの助けを求めているのです。私たちは日常生活で助けが必要な人を助けないことはありません。
 ブラジルの泥棒はとても自由です。車に乗っていた友人が信号で止まったとたん、ピストルを持った強盗に襲われました。それも高級住宅街でのことです。これは我々にとってショックでした。
 他にも、道を歩く少女がスマホを盗まれ、「泥棒」と叫んでも誰も助けようとしませんでした。これはとても違和感のある出来事です。我々は誰かが泥棒をしていたらそれを許しません。

女性も多く行き交うサンパウロの公共の場

女性も多く行き交うサンパウロの公共の場

絶対に恨みを忘れない

 我々は何か問題が起きた時、事を大きくしないために静観するくらいなら、死んだ方がましだと考えます。これはアラブの血ですね。だから、泥棒を見たら命の危険を考えずに追いかけるのです。それこそが生きがいだと思っています。
 あるシリア人がサンパウロで携帯電話を盗まれ、警察も付近の人も誰も助けてくれませんでしたが、GPSで所在が分かったので、それを追いかけて窃盗グループから取り戻しました。これがアラブ人です。日本人は身の安全が一番重要だと考えるかもしれないし、ブラジル人もとても怖がりです。我々は自分のほしい人生を送るのが重要です。

公共の場には男性の方が多いシリア

公共の場には男性の方が多いシリア

 シリア戦争ではこの10年、多くの命が奪い合われてきました。しかし、人々はそれ程悲観的には思っていないし、その恨みを忘れません。子孫まで恨み続けることを望みます。残りの人生を平凡に暮らそうとは思いません。誰かに悪いことをされたら10年でも100年でも忘れません。
 大昔、アラブでは2人の男が一匹のラクダを取り合い始め、2グループに分かれて40年戦争を続けました。アラブでは、もし、親兄弟や従兄弟が敵に攻撃されたら、必ずかたき討ちします。
 シリア戦争は実は、現大統領の父親の時代から始まっています。人々が長い間ため込んできた不満が、息子世代で爆発したものです。アラブ人は神も信じますが、先祖のかたき討ちをするのも重要なのです。
 パレスチナでもイスラエルが入って来てから70年以上、パレスチナ人は恨み続けています。70年過ぎても忘れません。100年過ぎても。(つづく、大浦智子寄稿)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》保健相「初回接種を9月に完了」22日にはヤンセン社製到着2021年6月23日 《ブラジル》保健相「初回接種を9月に完了」22日にはヤンセン社製到着  新型コロナによる死者が50万人を超え、ワクチン接種の加速を求める声が一段と高まる中、ケイロガ保健相が予防接種計画を見直し、18歳以上の人は9月までに初回接種を終え、年末には2度の接種も完了と21日に約束したと22日付現地紙、サイトが報じた。  予防接種計画の前倒しは […]
  • 《ブラジル》マスクとって女性レポーターに「黙れ!」=大統領が批判報道にカッとなり理性失う2021年6月23日 《ブラジル》マスクとって女性レポーターに「黙れ!」=大統領が批判報道にカッとなり理性失う  ボルソナロ大統領は21日、サンパウロ州で女性のテレビ・レポーターに対してマスクをとって「黙れ!」「これで満足か」などと暴言を吐き、女性蔑視ならびにジャーナリストへの恫喝行為として批判を浴びた。22日付現地紙が報じている。  問題の行為は21日、サンパウロ州グアランチ […]
  • 《サンパウロ市》22日にワクチン接種中断=UBSで在庫切れ続出2021年6月23日 《サンパウロ市》22日にワクチン接種中断=UBSで在庫切れ続出  サンパウロ市は22日、この日に予定していたコロナワクチンの接種を中止した。同市では前週末からからワクチンの在庫切れを起こす接種会場が続出していた。22日付現地紙、サイトが報じている。  中止に至った背景には、21日午後6時の段階で、市内324カ所のUBSでワクチン切れが起こ […]
  • 東西南北2021年6月23日 東西南北  21日から、ブラジルは暦の上で冬に入った。ただでさえ水不足の懸念がささやかれている最中、一年で最も雨が期待できない季節に入るわけだ。今出ている予測だと、今年の冬の降水量は過去の平均を下回る見込みだというから、なお苦しい。さらに、今年の冬は「乾燥している上に寒くなる」と報じられ […]
  • 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?2021年6月23日 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?  全世界的に注目された2013年6月のサッカー・コンフェデレーション杯での民衆の抗議運動から8年。あの当時から国民は既存の政権に代わる「新しい政治」を求め、それは選挙によって手に入ったように見えた。だが、結局それは「幻想」にすぎなかったことが自覚されつつあり、「コンフェ […]